2018年10月5日金曜日

iPadに関してはかつて批判的だった

iPadはわたしのやっている仕事にはパワー不足で適さず、お遊びのツールだと考えていたからだ。気持ちが変わったのはクレジットカード決済がiPadで出来るようになってからだ。店舗はWi-Fi環境下にあるが、学会会場は売上の半分以上がカード決済となるのでWi-Fiが使えない場合でも、iPadのセルラー対応の機種があれば対応できる。これまでのCATを使ったクレジットカード決済では初期費用やランニングコスト、操作にかかる時間、現金化などに問題を感じていたので、iPadによる決済はかなり早い時期の導入だったと思う。現在はカードを呈示しなくてもアプリで決済出来るようになったので、ますますキャッシュレス化が進むことにも対応できる。