2018年8月14日火曜日

大事な仕事を忘れていた

薬剤師のK先生から主要薬の医薬品集 No.1-2(血圧降下剤、高脂血症用剤、高尿酸血症剤)の作成を頼まれていた。お盆中に一度店に寄られるとメールがあったことを失念していて、高校野球中継に夢中で手つかずのままだった。昨日来店された瞬間、仕事のことを思い出しお詫びを申し上げた。今日はウオーキングのあといつも通りの時間に出勤し、作業にとりかかっている。ただし服装はお盆スタイルのまま。

2018年8月13日月曜日

お盆スタイル

今朝はウオーキング終了後シャワーを浴びていたら雨が降り出した。昨日のように3周していたら大変だった。
昨日から短パンにTシャツ、サンダルというスタイルで店に出ている。お盆スタイルとでもいうべきだが、先ほど来店した先生からこの恰好をみて「今日はお休みですか」と質問されてしまった。

2018年8月12日日曜日

3周半(11km)

今朝は久しぶりにスピッツの「CYCLE HIT 1,2」を聴きながら歩いたが、いつもの2周半(8km)では最後まで聴けなかったので、3周半(11km)歩いてしまった。スピッツのボーカル、草野マサムネの声が好きで、ほぼすべてのアルバムをiTunesに入れてある。ネットで調べてみると若いと思っていた彼らはもう50代になっていた。
昨夜はNHK「北アルプス・ドローン大縦走〜剱岳・立山」を観たが、ドローンならではの映像は迫力満点。お盆過ぎにT君と立山に行くので参考になった。

2018年8月11日土曜日

お盆時間営業

今日から15日までは12時〜18時のお盆時間営業となる。カミさんは新潟へ里帰りで、店はわたし一人。今朝のウオーキングは雨が上がるのを待ってから出かけたが、これで20日連続となった。どこまで記録が伸びるのだろう。

2018年8月10日金曜日

新カラマーゾフの兄弟(上・下) 亀山郁夫著 読了

図書館への返還は15日なので8日で読んだことになる(8月は仕事がヒマなので、店でかなりの時間読んでいたため)。学生時代に読んだのは米川正夫訳だった。「カラマーゾフの兄弟」は長編で、前半は退屈したが名作なので頑張って読んでいると、後半は引きこまれて一気に読み終えたことを記憶している。「新カラマーゾフの兄弟」は2回目だが、前回は原作を1995年当時の日本に置きかえた話と作者の手記を平行に進めたやり方に余りいい印象を持たなかったが、「続カラマーゾフの兄弟」を意図した作品の場所が東京、栃木、名古屋と、作者の環境そのままの設定で、なおかつドストエフスキーと作者(ひょっとしてKではなくリョウのつもり?)の近似点を披瀝するというのはどうかと思う。原作の「カラマーゾフの兄弟」が傷つけられたような印象すらある。
ちなみに登場人物:黒木兵午(父フョードル)、黒木ミツル(長男ミーチャ)、黒木イサム(次男イワン)、黒木リョウ(三男アリョーシャ)、黒木香奈(カテリーナ)、吉村瑠佳(グルーシャ)、須磨幸司(スメルジャコフ)、嶋省三(ゾシマ長老)など「カラマーゾフの兄弟」を読んだ方ならハハーンとなる。

2018年8月9日木曜日

霧雨

予報通り雨だったが、霧雨なのでレインウエアではなくペラペラのウインドブレーカーで出かけた。傘をさしてのウオーキングは歩くリズムが悪くなるので避けている。この雨でもいつもすれ違う方が何人かいたことはうれしい限り。2周半、8kmのルーチンをこなしたが、朝食後の体重測定で出かける前より400gほど増えていたのはどうしてだろう。

2018年8月8日水曜日

連続17日でストップか

今朝は雨がパラついたので1周でやめようかと思ったが、2周目で雨が止んだのでいつも通りのコースをこなしたが、明日の降水確率は60%なので歩けないかも知れない。記録にこだわるわけではないが連続17日でストップとなる可能性がでてきた。今朝は傘をさして歩いている方もいた。8月なので雨でも寒くはないし、どうせ汗をかくので濡れるのは同じ、思案のしどころとなったが、たぶん行くと思う。

2018年8月7日火曜日

立秋

今日は立秋、今朝の気温は24℃。浅野川沿いは川風でさらに涼しくて気持ちがよかった。まさに「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」状態。曇り空で時折雨がパラリと来たがウオーキングに影響なし。最高気温も30℃を下回るのではないだろうか。

2018年8月6日月曜日

「日本をダメにした10人の総理大臣」週刊ポスト

dマガジンで今日発売の記事を読んだ。1位:菅直人、2位:安倍晋三、3位:鳩山由紀夫、4位:宇野宗佑、5位:森喜朗、6位:麻生太郎、7位:小泉純一郎、8位:野田佳彦、9位:村山富市、10位:羽田孜。政治記者・評論家、学者52人による実名アンケートだそうだ。なるほどと思う方が多いのではないか。安倍政権が人事権を濫用して民主政治の禁じ手を使っていることを一番に挙げている。安倍晋三が9月の総裁選で3選すればワースト1位になるのは確実だろう。さらに週刊現代では「石破茂 丸焼きにされて永田町から追放される」という恐ろしい記事もあった。

2018年8月5日日曜日

第100回大会開会式

高校野球は仕事であまりTV観戦できないが、今年は松井秀喜が始球式を行い、第一試合が星稜対藤蔭ということで自宅で開会式から観た。皇太子殿下はともかく、主催者側の挨拶が長いのには驚いた(風が強くてあいさつ文の紙がたっていったらどうなるか心配だった)。星稜の試合はもう少し安心して観ていられるかもと思っていたが、やはり甲子園の雰囲気は特別な効果があるようだ。

2018年8月4日土曜日

5:00

日の出が30分ほど遅くなり5時になった。毎日アラームなしで4時ころ目が覚めるのでそれから1時間もじっとしていられず、夜明け前にウオーキングのスタートとなる。6時前に帰宅すると家族の迷惑になるので1、2kmほど余分に歩くこともある。今朝の浅野川は秋を思わすような涼風で気持ちがよかった。

2018年8月3日金曜日

スピード違反

津幡バイパスでスピード違反で捕まった。助手席のT君とオモッシー話で盛り上がっていて白バイの追尾に気づくのが遅れてしまった。しかし90キロは出していなかったので何故捕まったか理解できないので訊ねたら、この区間は60キロ制限なので90キロだと30キロオーバーで免停になるところだったとのこと。違反切符は22キロオーバー、これからも気をつけて運転しなければ。ゴールド免許よサヨウナラ。

2018年8月2日木曜日

「新カラマーゾフの兄弟」(亀山郁夫)再読

2015年の冬から正月にかけて、上下巻で1400頁を超える「新カラマーゾフの兄弟」を読んだがあまり印象には残らずに終わったことを覚えていたが、昨日泉野図書館でなぜか「新カラマーゾフの兄弟」が目に飛び込んできた。「もう一度読め」という啓示のようなものを感じて借りてきた。さっそく読み始めたが、今度は活字が脳にしみ込むように感じて、一気に100頁ほど読み進んだ。当然仕事時間中の読書だが8月は割とヒマなので時間の有効活用と考えることにしている。

2018年8月1日水曜日

アユ網漁解禁

6月16日のアユ釣り解禁に次いで今日8月1日は網漁の解禁日。ウオーキングの途中、夜明けころから浅野川の若松橋と下田上橋の間にはウエットスーツを着用した10グループほどが網を打っていた。6月16日は初日だけで後は釣りをしている人はめっきり減ったが、この晴天続きで川の水量は減っているので釣果はどうか気になるところだ。今日でウオーキングは連続10日で新記録となるが天気予報ではまだ晴れが続くのでさらに記録更新となりそうだ。