2018年5月31日木曜日

梅原猛 校注 『歎異抄』 (講談社学術文庫)

4時に起床しウオーキングの準備をしていたら急に雨が降り出した。歩くのは中止としたが朝食まで時間があるので、何度も途中で挫折していた梅原猛校注『歎異抄』を読みはじめた。きっかけは現在校正しているエッセイに影響を受けたから。90歳になられたとはいえ、学問に対する謙虚な姿勢、並びに「知る」ことへの飽くなき探究心に対し、わが身の無知蒙昧を痛感したからに他ならない。

2018年5月30日水曜日

エッセイのレイアウト

エッセイのレイアウトがようやくできた。A5判180頁フルカラーの作品となる。とりあえずプリントしてこれから校正になるが、これがまた時間がかかるがもっとも重要な作業だ。毎日10時間以上PC相手の作業でかなり疲れるので、早朝のウオーキングで体力を、疲れはセサミンとアリナミンEXの世話になりながらの作業だった。そして今夜は対ガーナ戦なので早退となる。

2018年5月29日火曜日

M君驚く

半年ぶりくらいにM君が来店したが、わたしの身体をみてビックリしたようだ。しかしこれまでの最低より1kgほどリバウンドしているので「エッ」という感じだが、半年ぶりならそうかも知れない。こうなればしばらくぶりの方に会ってみたい気もするが、この年齢だと病気の線を疑われるかも知れない。
ところで早川先生のブログで「居酒屋ひの木」が閉店したことを知った。安くてウマイので、少し遠いが結構お世話になった。久しぶりにと思っていた矢先だったので残念。

2018年5月28日月曜日

追い越しできなかった

若松橋で30、40代の男性が10メートルほど先行し同じ方向に歩いたが、身長差があるのでストライドがまるで違う。しからばとこちらはピッチ走法に切り替え歩数で差を詰めようとしたが追いつけない。そのうちに右折してコースを離れていったので決着がつかなかった。やはり年には勝てなかったということか、残念。

2018年5月27日日曜日

今朝は10km

仕事は12時からなのでウオーキングは5時半にスタートし2時間で3周半回った。ウオーキングしているのは年配者が多いので、前を行くのをみつけたら、ロックオンしてギアをアップして抜き去るのが楽しみ。今週は天気がいいので毎日歩けそうだ。
昨夜はトマト煮込みだったが、喉が渇いていたので冷えた白ワインを1杯飲んでから、赤ワインに切り替えボトル2/3で終了し、焼酎やシングルモルトはナシとした。

2018年5月26日土曜日

ビール→焼酎→シングルモルト

校正作業は疲れるので、昨夜はお代わりしないという約束で、缶ビール→芋焼酎→シングルモルトという希望が叶えられた。最後のシングルモルトはビンを空にするため2杯分あったがクレームなし。今日も校正作業で疲れたが、果たして・・・・。
ところで国内外ともトラブルのニュースが報じられているが、任にあらざるものが指導的立場に就いていることの悲劇に尽きる。

2018年5月25日金曜日

みかづきのイタリアン

昨夜の「秘密のケンミンショー」は新潟市の「みかづきのイタリアン」の特集だった。カミさんは帰省する度に必ず食べているし、高速バスで金沢まで持ち帰ることもある。わたしも何回か食べたことがあるが、番組のように目を丸くしておいしいとはとてもいえる代物ではないと思う(ケンミンショーは味に対するリアクションが大袈裟すぎる)。長岡にも「フレンド」というよく似たものがあることは知らなかった。要するに興味がないのである。新潟はやはりあらゆる種類が揃うラーメンかな。

2018年5月24日木曜日

「若い力」

今日は小立野小学校の運動会で7時半頃から音楽やマイクの音が賑やかだった(我が家の2階から校庭がみえる)。午後から家に買い物を届けた際、ちょうど「若い力」が始まるところだった。一糸まとわず、いや一糸乱れず「若い力」を踊る姿をみるとこちらも自然に身体が反応するものだ。運動会で「若い力」を踊るのは金沢市の小学校だけというのをある番組で見たことがあるが、今でも続いていることに感動した。しかし平日の運動会となるとジイジ、バアバが中心の見物客になるのが残念だ。

2018年5月23日水曜日

慌てて出かけた

予報では雨だったが、朝起きると薄日が射していた。この分なら1時間くらい降られずに済むと考えすぐに準備して出かけた。ウオーキングの人は少なく、傘を持って歩いている方もいた。幸い帰宅するまで雨に遭わなかった。早川先生のブログでも雨に降られる前にチャリで夕霧峠へ行ったと書いてあった。明日こそ朝は雨みたい。

2018年5月22日火曜日

ウイスキーがブームだそうだ

ブームを受けてサントリーは原酒不足のため「白州12年」と「響17年」を6月以降、順次販売休止にするという。わたしは焼酎派だが、1か月3本に減らされたのを機に、ハイランドモルトを飲むようになった。水割りやハイボールではなくストレートで飲む。おかげで母親のように夕食がカレーやハヤシの場合でもルーをツマミにしてまで焼酎を飲むことをせず、食後にシングルモルトで帳尻を合わせることができるようになった。しかし焼酎の後にウイスキーをストレートグラスで2杯ほど飲むと翌朝少しお酒が残ることがある。どちらかにしろと言われるが、焼酎は食中酒、ウイスキーは食後酒なので比べるのは無理。

2018年5月21日月曜日

どうしても眠くなる

今朝はBENIの「COVERS:2」を聴きながら歩いた。歩きながら音楽を聴くのは危険だが、後ろからくるランニングの方にはぶつからないよう注意が必要だが、ウオーキングの方は追い越すことはあっても抜かれたことはない。ウオーキングのあとはシャワーを浴びてから朝食となる。食後はしばらくベッドで横になるが、眠るまでにはいたらない。しかし昼食後に時間があるときはどうしてもコックリとなってしまう。今日はポスター作成の作業が入ったので、まぶたが重くなるのを必死で堪えている状態だ。フリスクを口にしてもあまり効果はないようだ。

2018年5月20日日曜日

今朝は寒かった

今にも降り出しそうな天気だったが、4日ぶりのウオーキングなので元気に出発。気温は10℃と肌寒いのでTシャツを重ね着したがやはり寒い。しかし3月のことを考えるとずいぶん暖かくなったものだ。
最近カバーアルバムをよく聴くが今日はBENIの「Covers」で名曲を英語でカバーしたもので、Ti Amo、LA・LA・LA LOVE SONG、瞳をとじて、奏(かなで)、One more time, One more chance、ロビンソン、ラブ・ストーリーは突然に、もう恋なんてしない、桜坂、ここにしか咲かない花、今のキミを忘れない、いとしのエリー、TRUE LOVEの13曲。上智大卒のハーフ(YouTubeでチェックするとかなりの美女)なので英語はさすがでまた違った味わいがあった。「COVERS:2」もあるので、残りの「COVERS:3」、「COVERS THE CITY」も借りてこよう。

2018年5月19日土曜日

金沢幻想物語 天才泉鏡花が愛した女

同級生のO女史からメールで7時から石川テレビで「金沢幻想物語」があると知らせてくれたので早退して観た。金沢で生まれたものにとって鏡花の作品は教養としてある程度読んだものだが、三文豪といわれる犀星や秋声ともども、わたしはあまり好きな作家ではなかった。鏡花の妻すゞを演じた壇蜜のベタな演技には参ったが、金沢出身の俳優篠井英介はさすが。あとでウィキペディアで調べてみると割と史実に忠実な作品だったが、個人的には「義血侠血」のエピソードを入れて欲しかった。

2018年5月18日金曜日

一寸先が見えない世界の到来

いま世界の哲学者が考えていること」を読み終えた。多くの現代の学者が登場しているが知っているかたはほとんどいないし、5年後、10年後にまだ名前が残っている学者が何人いるだろうか。現代はITやBT(バイオテクノロジー)の知識なしで哲学は語れないし、一人の学者が考える時代ではなくなった。著者は政治や宗教、経済、生命科学などに対してこのような理論がありますと総花的に紹介しているが、問題提起だけで踏み込んだ議論はない。興味のある分野はもう一度読み直すことになるだろうが果たして・・・。

2018年5月17日木曜日

先達の多さに感謝

幸いわたしの周囲には80代、90代で頑張っている先達のかたがいらっしゃるので生き方の参考になる。皆さんよく本を読み、いろんなことに興味を示し、知的好奇心の旺盛なかたばかりで、60代なんて洟垂れ小僧の世界で探蕎会がまさにそうだった。わたしの場合勉強しても身につくことはないだろうが、形だけでも真似をしようと思う。

2018年5月16日水曜日

これから1年間は開き直って生きる

今朝のウオーキングは気温が高く久しぶりに結構汗をかいた。昨日「69のプレッシャー」について書いたが、何事も気にし出すと考えこんでしまう性格なので開き直ることにした。
「いま世界の哲学者が考えていること」が入荷した。文系の人間なら哲学科に憧れた経験があるものだが、現実の生活を考えて断念したケースが多いのではないか。そういうわたしも潰しが効く法学部を選んだ。この本は現代の哲学を人工知能、遺伝子工学、格差社会、テロ、宗教対立などの問題に当てはめて解説してあるので期待が持てる。

2018年5月15日火曜日

問題の69歳になった

何が問題かというと前田家は祖父が分家でわたしで3代目。祖父はわたしの生まれる前年に糖尿病で死去、祖母も生まれた年に亡くなったので共に記憶はない。父は病気のデパートとでもいいたいほどで、糖尿病、高血圧、痛風、61歳でくも膜下出血(昔なら助からなかっただろう)、68歳で大腸癌の手術後寝たきりになり69歳で死去。つまり前田家で男は69歳がレコードとなっていて、とうとうその年に達してしまった。去年から始めたウオーキングのおかげで血圧もコレステロールも下がったので、今のところ頭以外に悪いところはないが、こういう場合に限って突然ということが往々にしてある。さらに2歳年上の従兄弟も69歳で死去した。つまり69という数字がプレッシャーとなっているのだ。
5月15日といえば、五・一五事件(1932)、沖縄返還(1972)、そして文武両道のO君の命日(2010)でもある。

2018年5月14日月曜日

大相撲が始まると

3時から6時まで母親はTVにかじりつきになるので、夕食の支度は頼めずスーパーで買った出来合いの品が中心となる。もっともそのほうがおいしい場合もあるが、超高齢を考えると仕方がない。2週間の辛抱だ。

2018年5月13日日曜日

前線へ

初日はまったく売れなかったので、今日は決算の仕事をしているカミさんが店で、ヒマなわたしが前線の学会場へ駆り出された。目が悪くレジ打ちの仕事に難のあるわたしだが、レジ打ちの機会がないほどの売上、しかも撤収は雨の中。売れない学会の後始末は疲れる。

2018年5月12日土曜日

今日明日は学会書籍展示

県立音楽堂で学会書籍展示があるのでウオーキングは少し早めの日の出とともにスタートし6時15分に帰宅したが、カミさんは行きも帰ったときも白河夜船。今月は決算なので疲れているのだろう。わたしはエッセイの編集作業があるので学会には行かずに留守番となる。参加人数が少ない学会なので果たしてどうなるか。

2018年5月11日金曜日

天気晴朗ナレドモ風強シ

5時前の気温は7℃と少し寒いが快晴。手袋をしようか迷ったがナシでスタート。しかし浅野川に沿って上流に向かうと次第に風が強くなり体感温度は7℃以下だが、久しぶりのウオーキングなので気合いが入る。帰宅後のシャワーは寒さで両手が真っ赤なので熱いシャワーでは少しシビレを感じた。明日から晴れが続き、最低気温も2桁となる予報なので楽しみだ。

2018年5月10日木曜日

明日は歩けそう

天気が悪く4日間ウオーキングができていない。晴れたら必ず実行しているので何か忘れ物をしたような気分だ。歩いていると積極的な考えが浮かぶものだが、ベッドの中だとそうはいかず、失敗してイヤな思いをしているケースが結構あるものだ。ウオーキングのあとのシャワーも気分転換になり「よし、今日もやるぞ」という気持ちにさせてくれる。

2018年5月9日水曜日

ツ・カ・レ・タ

今日も昨日と同じくエッセイの編集作業の合間に学会ポスターの作成作業。朝7時半から作業しているのでかなり疲れた。エッセイは終盤の「わたしの哲学ノート」に入ったが、旧制高校出身のいわゆる「デカンショ」世代なので、理系といえどその知識は大変なもの。わたしも少しは勉強しなければと思い、文中で紹介されていた「いま世界の哲学者が考えていること」(ダイヤモンド社)を注文した。

2018年5月8日火曜日

集中力の維持が大変

T先生のエッセイにとりかかっているが、編集作業の最中にポスター出力が入ると、その都度気持ちを切り替えて作業しなければならないので集中力の維持が大変だ。特に英文のスペルミスなどのデータに問題がある場合に気を遣う。もっともそういうような校正も仕事の一部なので文句は言えないが。

2018年5月7日月曜日

孫帰る

昨日はわたしの出かける時間のほうが早かったので、カミさんと娘と孫2人が途中まで見送ってくれた。下の孫とは強制的にダッコし、12kgの重さを実感したが、娘は「今日で帰るからジイジとダッコしよ」と諭していたがいたが、結局上の孫とは相変わらずダッコも手をつなぐこともできなかった。自発的に「ダッコして」と言えるようになるまで我慢(4歳だともうダメかも)。二人とも順調に育っていることが何よりだ。

2018年5月6日日曜日

谷口昂先生を偲ぶ会

ホテル日航金沢で谷口昂先生を偲ぶ会が行われた。平服でという案内だったのでノーネクタイのブレザーで出かけたが、ノーネクタイはわたしだけ。すぐに失礼しようと思っていたが、お酒が入るとどうでもよくなり、久しぶりにお会いする小児科の先生方と話が弾んだ。探蕎会でお世話になっている永坂先生の弔辞は谷口先生との普段のお付き合いを知るだけに感慨深いものがあった。

2018年5月5日土曜日

ようやく晴れた

3日ぶりのウオーキングに出かけたが、今朝は意外と人が少なかった。朝食後はお約束の大桑にある犀川緑地公園行き。上の子は走るのが速く、注意していないとどこに行ったか分からなくなるほど。出発時間が遅かったので30分ほどいただけでやらせのハイタッチをしてから仕事に。iTunesでジャズを聴きながら校正作業にとりかかった。ここがわたしの一番落ち着く場所だ。

2018年5月4日金曜日

一緒にいる時間が少ないから

6時に帰宅すると今度は孫だけが玄関にいるわたしにハイタッチをしにきた。どうもおかしいと思い尋ねるとやはり「やらせ」だった。昨日も同じ。夕食は一緒にとることができたが、食後のシングルモルトのツマミが孫に狙われるということで2杯だけあおり、8時過ぎに部屋へ引き揚げた。わたしに対する警戒心は少しなくなったような気がしたが、なにぶん一緒にいる時間が少ないのが原因だろう。しかしこちらから機嫌をとるようなことはしたくないので、孫たちがジイジの存在を理解するまでこのままで構わない。

2018年5月3日木曜日

孫来る

昨夜仕事を終えて帰宅すると玄関でカミさんと娘2人、4歳と2歳の孫が迎えてくれ、孫とはハイタッチできた。しかし接触はそこまでで、それ以降はこれまで通り一定の距離を保ったままの状態だった。孫たちは6日までいるので今日から5日までわたし一人勤務となる(6日は小児科の谷口名誉教授を偲ぶ会に出席する)。昔から幼児は苦手なので、仕事をしている方が気が楽だ。
先日ユニクロで買ったズボンはとうとうウエストが73cmとなりこれ以下は特別注文となるといわれた(そういえば中学生の頃のウエストは68cmでそのときもこれ以下はないといわれたことを思い出した)。ストレッチ素材の細身のもので、今日履いて出勤したが、まるで昔のマンボズボンのようにピッチピチだった。嬉しいやら恥ずかしいやら。

2018年5月2日水曜日

日の出が4時台になった

今朝の日の出は4時57分と4時台になったが、早朝にウオーキングやランニング、畑仕事をする人以外興味はないだろう。わたしの部屋の窓は東向きだが、遮光カーテンに替えてから、徐々に明るくなるのを感じながら起床することができなくなったのが残念だ。

2018年5月1日火曜日

あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル

他に観たい番組がなかったので、何となくという感じだったが結局最後まで観てしまった。特に引退したとはいえ、87歳になる二葉百合子の「岸壁の母」の声量には驚いた。それぞれの歌が流行ったときに何をしていたか記憶が甦るものだが、こと恋愛に関してはその時に交わした言葉まで鮮明に思い出す。もう一度振り出しに戻したいケースもあるが、タラレバは想像の世界に留めておくのが正解だろう。11時過ぎにベッドに入ったが今朝もしっかり4時に起床しウオーキングに出かけた。4月のウオーキングは21回、約180kmだった。