2018年4月20日金曜日

探蕎会会報64号発行

4月は学会の総会が多く開催されるのでポスター作成の依頼が増える。会報は当初4月30日発行としていたが、繰り上げて20日とした。最後の会報となるのでこれまでお世話になった方や、退会された会員の何人かにもお送りする予定。最終号の会報を読むとわたしの事情で探蕎会が解散となったことに責任を感じる。

2018年4月19日木曜日

非難は承知だが敢えて言う

朝早く出勤してdマガジンで週刊文春の新潟県の米山隆一知事の記事を読んだが、道義的には多少問題があるが、そんなに大騒ぎすることだろうかとの印象だ。わたしは恋愛というものは相手があることだから、どちらかが一方的に非難されるのはおかしいと常々考えている。当人同士の問題なので、他人がとやかくいうことではない。欧米の政治家のように開き直って欲しかった。どうしてわが国のモラルはかくも幼稚になってしまったのだろうか。しかし会見で涙を流して謝罪するような肝の据わっていない人間は政治家として不適格だ。
次に財務省の福田淳一事務次官のセクハラ問題だが、立場を利用したセクハラ行為は問題だが、往々にしてセクハラをする当人はセクハラとは全く認識していないことが多い。彼もそうなのだろう。「とかくに人の世は住みにくい」時代になったものだ。

2018年4月18日水曜日

仕事がドットコム状態

探蕎会会報の校正が終わった途端、ポスター作成と、90歳になられたT名誉教授の最後となるエッセイの作成依頼が入った。エッセイの作成には時間がかかるので、探蕎会会報の発行を早くして、集中する必要に迫られた。さらに87歳で亡くなられた小児科のT名誉教授を偲ぶ会が来月6日にあるが、会場で使用する思い出のパネル10枚の作成も入ったが、ポスターの作業を中断して作成し医局にお届けした。まさにちぎっては投げの状態。と書いていたらメールでポスター作成がまた入った。気力体力はあるのだが、視力が・・・。

2018年4月17日火曜日

探蕎会会報64号

15日の締切に4つも届いたので、予めレイアウトしてあったが、振出しに戻した。最終号は12ページとしていたので、文章や写真のカットが生じたが仕方がない。過去20年の行事を振り返ってみると感慨深いものがあるし、多方面の方々と知り合いになれたことが何よりの財産になっている。発行は今月末を予定している。

2018年4月16日月曜日

減量の苦しさ

昨夜の比嘉の体重超過で王座剥奪された試合は減量の苦しさを見せつけられた。普段は60kg以上あるそうだからなおさらだ。わたしも昨年から10kg減量に成功したが、現在は下半身の筋肉が太くなっているのと晩酌の酒量が増えたので、毎日ウオーキングしても体重が減らなくて少し焦っている。全身筋肉のボクサーの減量の大変さは理解できるが、プロならしっかりと自覚してコントロールすべきだった。しかし2か月で10kgはとても無理だ。なぜこんなスケジュールを組んだのだろうか。

2018年4月15日日曜日

朝の憂鬱

4時頃に目が覚めるが夜半から雨が降っているので、今朝のウオーキングは中止。しかし日曜日の早朝に起きだして家族に迷惑をかけるわけにもいかず、ベッドでiPadをいじったりしてモジモジしながら朝食の時間まで過ごすことになる。ウオーキングをする前は、4時頃から読書をしたことがあったが、視力がかなり衰えてからはベッドでスタンドの明かりだけで読むのは苦痛になった。ウオーキングができない日の4時から7時頃までの過ごし方を考えると憂鬱になるのである。

2018年4月14日土曜日

5時半の悲しみ

昨年夏から早朝ウオーキングをしている。若松橋と上流の下田上橋の間を2周するコースだが、秋口から5時半ころに下田上橋から左岸を下流に向かって歩く方とすれ違うようになった。スラリとした体型で上下黒のウエアと黒い帽子、マスクをしているが、その下に隠された顔を容易に想像できるような方だった。左岸の遊歩道は狭いところで幅1メートルほどしかない場所が20メートルほどあり、すれ違うには困難なところがあるが、そこですれ違うことがあり、そのうち先に着いた方が立ち止まって道を譲るようになった。軽く会釈をしてすれ違うだけだが、爽やかなコロンの香りがしたものだ。ところが今年になってまだ一度も出会わない。時間をずらして歩いてもダメ。転居されたのだろうか。心残りではある。

2018年4月13日金曜日

春告鳥

今朝は5時半に目覚めたのであわててウオーキングに出かけた。ここしばらくはイヤホンで音楽を聴きながら歩いているが、今朝は忘れてしまった。鶴間坂のお地蔵さんのあたりで「ホーホケキョ」とウグイスの鳴き声を今年初めて聞いた。わたしの住んでいる小立野2丁目付近はなぜか理由は分からないが「うぐいす通り」と呼ばれていて、確かに朝ウグイスの鳴き声が聞こえることがあるが今年はまだない。そのウグイスにも鳴き方が上手いヤツと下手なヤツがいて、息をこらして聞いていてガックリくるヤツがいるが、今朝のウグイスは実に見事な鳴き声だったので、帰りも鶴間坂を上がったが、鳴き声は聞こえなかった。イヤホンを忘れたお陰で春告鳥の鳴き声が聞けたとは何かいいことがありそうだが、今日は13日の金曜日。

2018年4月12日木曜日

今年はピンク

金沢市のふれあい入浴補助券をもらってきた。今年はピンク色。65歳以上は市内21の銭湯で150円で入浴できるもので22枚綴りとなっている。1年間で22枚とは少ないと思うが、結局半分以上使わないまま終わっているのが現状だ。ウオーキングをしてしてから昼間に入る銭湯は気持ちがいいので、風呂道具と着替えは常に用意してある。

2018年4月11日水曜日

13時間後にウオーキング

昨日は午後4時から8kmのウオーキングをした。今朝は4時起床、5時にスタートして7kmのウオーキングをこなした。東京から帰った翌朝は初めて56kgを記録したのでこれはいかんとガッパになって歩き、懸命にスクワットをしてようやく54kg台に戻した。今朝は風が強かったが暖かく汗をかいたので、シャワーは快適だった。今年の目標は52kgそして日帰り白山登山。

2018年4月10日火曜日

時間を自由に使える贅沢

4月は新学期だが、お店はさほど忙しくない。今日はわたしの担当の洋書の発注やポスター出力も終了した。そういう時は狭い店内に3人もいる必要がないので、ウオーキングなどは時間さえあれば可能だ。あとの2人が店に戻ればこれから出かける予定。ウオーキングに限らず、時間を調節して自由に使えることは最高の贅沢だと思う。

2018年4月9日月曜日

寒くて眠れなかった

昨夜はベッドに入って寝ようと思ったが寒くて毛布を出してもらった。朝もウオーキングは中止し、マスターズの最終日を観戦した。
ところで今朝、ハリルホジッチ監督が解任されたが、当ブログでも再三指摘していたので遅きに失した感があるが、このままワールドカップロシア大会に臨んでも監督と選手の間にわだかまりが残ったままで最悪の状態、監督の人事で失態をくり返してきた日本サッカー協会の責任は重い。

2018年4月8日日曜日

寒い

朝、シャワーを浴びたが、ウオーキングした後の火照った身体ではないので寒い。ガソリンを入れにいったが、春の雪ならぬまさかのみぞれにビックリ。
昨年亡くなった脳外科医のK先生の葬儀に参列できなかったので、京都から墓参りに来たとH先生が来店した。この寒さにビックリしていたが、友情を大切にする心は立派。学生時代はラグビー部でいい体をしていたが、今や腹が出てすっかり中年太りになっていた。少しは痩せなさいと上から目線でいえる立場になった。

2018年4月7日土曜日

第32回日本シェーグレン症候群患者の会総会

シェーグレンの総会の取材のため東京駅に着くと21℃、雨は降らなかったが蒸し暑い。日本橋の丸善をチェックしてから会場に到着。3階の窓から高島屋の駐車場の出入りを観察できるが1/3は外車、さすが東京はハイソな方が多い。会員の方とはほぼ1年ぶりなので、わたしの体型をみてどう言われるかと期待していたが、真っ先に金沢医科大で故菅井教授の秘書をされていた美人のT女史から「スマートになられましたね」と言われ、一番言って欲しかった方だったので大満足。もうすぐ69歳になりますというと「たしか5月生まれでしたね」とさらに嬉しいお言葉。
写真のようにシェーグレンの患者さんは中高年の女性に多い病気なので、参加者はほぼ女性で占められる。会終了後はいつも1人寂しく酒を飲んでいたが、T女史を含め5人で最終の「かがやき519号」の発車間際まで楽しい時間を過ごした。

2018年4月6日金曜日

結局12日連続

降水確率が40%だったのでレインウエアでウオーキングに出かけたが、降られずに済んだ。明日はシェーグレンの会総会で東京日帰りだが、会場は八重洲口から日本橋方向に10分歩くだけで着いてしまうのでウオーキングにはならないが仕方がない。
ところで昨夜は豚しゃぶだったが、ある番組でカナダ産の豚肉が安くてウマイことを知り、それ以来カナダ産を見つけると買うようにしている。帰宅が8時過ぎなので鍋はすぐに食べられる(飲める)ので重宝だ。ネギ、水菜、豆腐(絶対美川タンパク)、しいたけ、ポン酢にはかんずりか柚子胡椒があれば一層風味が増すのでお酒が進む。

2018年4月5日木曜日

今朝は寒かった

気温は5℃だが風があったので体感温度はそれ以下。Tシャツを2枚重ね手袋をして出かけたがスタートが4時半だったので日の出までが長かった。桜は散り始めたが、散り始めがもっとも桜らしい。毎朝シャワーで風呂に入っていないので「欧米か!」という生活になっているが、わたしが入らないと風呂掃除が早く終わるので楽だといわれると、ウオーキングできないとき以外入るもんかという気分になる。

2018年4月4日水曜日

10日連続

今朝で10日連続のウオーキングとなった。最低気温が上昇したのでスタート時点でも寒さは感じないし、帰宅してからのシャワーも寒さ堪えてということはなくなった。予報では明日までは大丈夫だが、金曜日は雨、土曜日は東京出張なので連続は11で止まりそう。

2018年4月3日火曜日

二十人坂の桜

お店の近くの桜で一番好きなのは二十人坂の桜だ。両側から枝が張り出してトンネルのようになっているところがいい。しかし今年は大雪のせいか、枝の先端部分が折れていてアーチが小さいのが残念。白山坂の道路が新しくなってから車で二十人坂を通ることはなくなったが、桜だけは見に行く価値がある。電柱がなければもっといいのになあ。

2018年4月2日月曜日

桜咲く

浅野川の桜は昨日の朝はまだチラホラだったが、今朝はほぼ満開となった。今年の冬は厳しかったので、桜の季節の到来は待っていたぞという気持ちになる。しばらくは上を向いて歩くことになりそうだ。
ところで6時で帰宅して星稜対三重の試合をみたが、航空石川と比べ星稜は監督の采配も含め、まだまだだなあと感じた。特にピッチャーは歯を見せてはいけない。ポーカーフェイスに徹するべきだと思う。

2018年4月1日日曜日

航空石川の惜敗をみてから出勤

ウオーキングのあと東海大相模との準々決勝の惜敗をみてから出勤した。仕事の関係で選抜は初めてのTV観戦となる。高校野球はあまり興味がないが、準々決勝に石川の2校が残っているなんて奇跡かと思いきや、結構実力があり感心した。野球は結果からみるとあの一球がもし・・・といった、たらればの話になるが最近の高校球児はよく鍛えられている。第4試合の星稜対三重は仕事でTV観戦できないが、わたしが見ないときの方が成績がいいのでジンクスを担ぐ。