2018年2月24日土曜日

眠いのも忘れて観戦

カーリング女子準決勝、日本対韓国戦はコーフンして最後まで観戦したが残念だった。延長の最後の一投で決まったがショットの正確さは韓国が一枚上だった。3位決定戦の結果はともかく、日本人のように体格で劣っていても互角に勝負できるカーリングの人気が一気に高まることは間違いない。

2018年2月23日金曜日

「周平独言」

藤沢周平の時代小説のファンだが、エッセイはまだ読んだことがなかった。東北人らしく朴訥とした語り口は小説の醸し出す雰囲気と共通している。箸休めと言ったら失礼だが、切れ味が鋭くないことが魅力かも。

2018年2月22日木曜日

順序が逆だった

「のぼうの城」を読み終えたが、調べてみると映画脚本『忍ぶの城』で城戸賞(故城戸四郎氏の「これからの日本映画の振興には、脚本の受けもつ責任が極めて大きい」との持論に基づき、新しい人材を発掘し、その創作活動を奨励することを目的として昭和49年12月1日「映画の日」に制定された。ウィキペディアより)を受賞。2007年、同作を小説化した『のぼうの城』でデビューとあったので脚本が先だったようだ。城の水攻めなどの場面はCGのない時代だったら映画化は困難だったろう。「村上海賊の娘」もそうだが、和田竜の作品は主人公がなかなか死なないので007の時代劇版のようだし、男勝りの女が登場するのも共通している。

2018年2月21日水曜日

のぼうの城

和田竜「村上海賊の娘」が面白かったので、デビュー作の「のぼうの城」も泉野図書館で借りてきた。アマゾンプライムで無料で映画版も観ることができるので、今回は本を読んだところまで映画を観るという方法をとってみた。原作に忠実な映画だなと感心したがなんと脚本は著者の和田竜だった。

2018年2月20日火曜日

銀座はセレブの街?

dマガジンでサンデー毎日のエッセイ「中野翠の満月雑記帳」で泰明小学校の制服がアルマーニにするか否かを取りあげていた。彼女はTVの街頭インタビューで中年の女性が「銀座はセレブの街だから、アルマーニの制服、いいんじゃないの」とのコメントに違和感を覚えたようだ。銀座は職人仕事の老舗が並んでいるところも銀座ならではの魅力と力説し、銀座をセレブの街と感じたことはないとも。浦和生まれだが、東京生活の長い彼女ならではの感想。あのTVインタニューはわたしもみたが、成り上がり者に見えた。
肝心のアルマーニにたいする彼女の意見は、泰明小の子どもたちとは、よくバスでいっしょになるのだけれど、今の制服制帽のままでも、校名が刺繍されているので泰明小の子どもだとアピールできているし、小学生はどんどん体格が変化する時期。アルマーニにする必要はまったくナシとのこと。ごもっとも。

2018年2月19日月曜日

忙しくてTVerで観られなかった

今日はポスター出力3件と北陸医史40号の最終レイアウトの作成で平昌五輪をTVerでチェックすることができなかった。ネットニュースで女子カーリングでカナダにギブアップして2敗となったことを知った。昨夜の小平奈緒のレースは食後にウイスキーをチビチビやりながらみたので不謹慎かなと思っていたが、金メダルで良かった。相澤理事長も応援に駆けつけていたようだ。民間病院の経営は大変でしょうが、理事長の心意気は国民全体が理解しましたよ。おめでとうございます。

2018年2月18日日曜日

ビジュアル的には女子カーリング

平昌オリンピックはいよいよ佳境に入ってきたが、ビジュアル的には女子カーリングがいい。特に真剣な眼差しでショットを放つ藤沢五月がいい。長時間顔がアップで映るので各国とも結構美人が多い。ルールも結構分かってきたので面白い。そして今夜はいよいよ小平奈緒の500だ。

2018年2月17日土曜日

いいニュースが続く

今日は3時から江原千絵さんのヴァイオリンリサイタル@アートホールがあったので男子フリーを見ることができなかったが、結果を確認してからリサイタルに駆けつけた木村先生からフリーの結果を知らされたので、お店に戻ってすぐにノーカットハイライトで確認した。そして藤井五段、朝日杯V 最年少15歳で棋戦優勝 六段昇段のニュースも。さらに松井秀喜が「いきなり!ステーキ」ニューヨーク4号店開店イベント参加し、450グラムの「トップリブ」を完食した(腹が減っていたのでこれが一番グッときた)など。しかしライブでみた女子カーリング対中国は惜敗だったのが残念だったが、いいニュースがてんこ盛りだった。

2018年2月16日金曜日

TVerでライブ

フィギュア男子ショートプログラムはTVerでライブ中継で観た。羽生結弦の演技には感動した。明日のフリーも期待したい。お店にはTVのアンテナもチューナーもないが、PCのTVerでライブ中継で観ることができて助かる。TVの楽しみ方が変わってしまった。

2018年2月15日木曜日

メダルの差は歴然とあるが・・・

平昌五輪は連日熱戦が続いているが金メダルを期待、もしくは目指した結果、銀メダルや銅メダルに終わったことは残念だが、酷な言い方だが結果は明らかに実力の差が出たといえるのではないか。自らの力を過信することなく精進して次の目標に向かって努力してほしい。ビッグマウスは日本人には向かない。
しかし小平奈緒を支援し続けてきた相澤病院(松本市)の院長はエライ。探蕎会の前会長のお嬢さんの嫁ぎ先で、これまでに何回かお会いしたことがあるが、それまでにも中国に医療機器を送ったり様々な社会貢献をされてきた。頭が下がる思いである。かくなる上は是非小平奈緒に500mで金メダルを取らせてあげたい。

2018年2月14日水曜日

快晴

予報通り快晴となったので、溜まっていた配達に出かけた。いつものように白山がよく見えるコースを選んだが、気温が高すぎてかすんでいたのが残念だった。この天気で雪解けが一気に進むだろう。

2018年2月13日火曜日

今週も営業時間の短縮

雪のため今週も営業時間を短縮し、閉店時間を18時までとすることにした。天気予報では明日から気温が上昇するようなので来週からは正常営業とする予定。お客様には迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

2018年2月12日月曜日

荷物入荷2

今日も荷物が入荷した。7日と8日の分だ。これでようやく普段の状況に戻ったことになる。しかし集荷はまだ来てもらえないので明日は運送会社まで持ち込みとなるが仕方がない。

2018年2月11日日曜日

荷物入荷

昨日は久しぶりに書籍が入荷した。運送会社で配達が保留されていた分だ。補充ができず棚がガラガラになっていたので助かった。おかげで昨日の売上はまずまずだった。お店の町内会はダンプを調達して除雪したので道路はスッキリ。今週を凌げばもう大丈夫だろう。

2018年2月10日土曜日

平昌五輪もTVerで

昨夜の重機による除雪で久しぶりに店の前の道路があらわれた。これで細心の注意を払いながら運転する緊張から解放された。
昨夜は平昌五輪開会式の選手入場の前までみてダウン。眠いのを我慢しなくてもPCのTVerで観ることができるからだ。ネットで観たいものを観たい時に自由に選択できる便利な時代になったものだ。

2018年2月9日金曜日

恵みのお日さん

天気予報どおり晴れとなった。もう1,2日雪が降り続いたら家屋に甚大な被害が出たかも知れない。まさに恵みのお日さんだ。医学部の前の道路はようやく重機が入り除雪作業が始まった。

2018年2月8日木曜日

血湧き肉躍る

2月2日に泉野図書館で借りた和田竜「村上海賊の娘」上下巻(新潮社)を読み終えた。千ページ近い大作だが、読みはじめた途端一気に引きこまれ、この大雪で来店者が少ないので、仕事中も読み続けてしまった。信長と大阪本願寺の戦いに毛利家の依頼により兵糧攻めに苦しむ本願寺を救うため、村上武吉の娘景を中心に米十万石を輸送することができるかどうかという大スペクタクルで、まさに血湧き肉躍る物語で、ここ数年で最もコーフンして読み終えた作品かも。

2018年2月7日水曜日

さすがに参ったな〜2

今朝エアコンを入れてもあまり暖かくならないので、室外機をチェックするようにカミさんから指示された。腰の高さまである雪を激ラッセルし家の裏にまわり除雪したが、もし途中で屋根雪が落下したら遭難したかも。昨日は大雪のため18時で閉店とHPに書いたが今週末までに変更した。

2018年2月6日火曜日

さすがに参ったな〜

今朝の積雪をみてビックリ、60cmはあった。気温が低いのでサラサラした雪なのがせめてもの救い。車1台を掘り起こし、店で駐車1台分だけ確保するのが精一杯。午後から2人を早退させ店番はわたしだけとした。今週土、日は医師国家試験、気温は上がりそうだが果たしてどうなるか心配である。

2018年2月5日月曜日

藤猛を彷彿とさせた

昨夜の初回KOのWBCフライ級の試合は比嘉大吾が強すぎたのか相手が弱すぎたのか分からないが、あっけなかった。中学生の頃に藤猛の試合に何回でKOするか学校で話題になったことを思いだしたが、ボクシングはやはりKOシーンがないと面白くない。これからも頼んます。

2018年2月4日日曜日

歩いて出勤

日曜日は半日だけしかも店番だけなので歩いて出勤した。時々雪の天気なのに来店した先生には感謝感謝である。昨日から読みはじめた「村上海賊の娘」は面白すぎてもう320頁まで読んでしまった。著者の和田竜は大阪生まれなので関西弁特に作品の舞台となった泉州弁の言い回しがとてもうまく、この作品を書く権利のある人物だ。

2018年2月3日土曜日

少しセーブしないと

またも泉野図書館へ。読みたいと思っていた、和田竜の「村上海賊の娘」上下巻を借りてきた。60頁ほど読み進んだが面白い。年末から図書館通いが続き、これまで20冊ほど読み終えた。図書館の本は2週間借りられるので年間20〜30冊程度だが、少しセーブしないと仕事に差し支えることになりそうだ。しかし忙しくなったときほど読みたくなるので困ったものだ。

2018年2月2日金曜日

どっちが本当か

アマゾンは雑誌でも印刷会社からの直接調達を始める。「文芸春秋」などの雑誌を増刷した分については、凸版印刷の印刷工場から取次会社を介さずに仕入れる。との日経の記事に対し、文藝春秋社は日経にそういう事実はないと抗議したとの反論が載った。アマゾンが出版社から直接仕入れる割合は上昇していることは間違いない。弊社もアマゾンにアカウントを開いているが、アマゾンの言い分は少しでも速くユーザーに届けることを目標にしているので大義名分はアマゾンに有利だ。書籍や雑誌の物流が根底から揺さぶられることになった。

2018年2月1日木曜日

同感

今日発売のdマガジン「週刊新潮」藤原正彦の管見妄語で「愚かなる小学校英語」のタイトルで、氏が以前より度々小学校から英語を教えることの無意味さを説いているが、今日も怒り骨髄の意見を披露している。世論調査で8割が小学校英語を支持しているが、その中身はというと英語の不得意な人々が主たる支持層、しかも海外で活躍した方や英文科教授でこれを支持する人に出会ったことはないとも。国際人になるには流暢な英語より、教養を国語でしっかり身につけることが先決で英語は中学からでも遅くはないと説く。そして最後に幼い頃から英語を上手に操る人への憧れと劣等感を育み、わが国の欧米崇拝や対米追従を助長し、日本人を愚民化する、最も適切な方法といえようと結び、強烈に小学校英語教育を批判している。全く同感である。