2018年1月22日月曜日

いくら名手といっても

椎名誠はこれまで230冊以上出版しているようだ。書くことが好きだけでこの量は書けない。自ら「粗製濫造作家」「ビールを飲ませれば何でもやるバカ作家」などと言っているが、締切に追われる仕事は大変で、不眠症に悩まされているようだ。わたしは「さらば国分寺書店のオババ」からなので40年近いファンだが、よく続いていると感心する。

2018年1月21日日曜日

手がチッテー

わたしの部屋の暖房はセラミックヒーターだけなので、真冬だとぬるい風が出ているだけだが、ないよりはまし。夕食後ベッドで読書するのにスイッチを入れておくが、寝るときには切る。朝4時頃に目覚めて朝食まで続きを読む。室内温度は外気温とほぼ変わらないが、ぬるいセラミックヒーターを入れるのが面倒なので、ふとんから手を出して読んでいるうち手が冷たくなり、しばしば中断を余儀なくされる。それと椎名誠と中野翠のエッセイは本が軽い(内容も)が、山本一力の「菜種晴れ」はハードカバーで460ページもあるのでベッド向きではない。中野翠「ぐうたら上等」(2016)を読み終えたが、都知事選の前に、「クローズアップ現代」の国谷裕子を推薦していた。緑のタヌキに化かされた都民として、サッサと退陣していただくのが賢明かも。まさに炯眼である。

2018年1月20日土曜日

エッセイの名手 椎名誠

夕食後、ベッドの中で読み始め、朝4時に起きて「人はなぜ恋に破れて北はいくのか」(ナマコのからえばり4)を読み終えた。2010年にサンデー毎日に連載されたエッセイをまとめたものだがタイトルと内容はほとんど関係ない。抱腹絶倒とはいかないが氏のサービス精神が溢れていて元気がないときにうってつけだが、読んでしばらくするとすっかり内容を忘れてしまうということが多い。今回借りた山本一力、中野翠、椎名誠の3名の年齢だが、この逆で椎名誠(44年)、中野翠(46年)、山本一力(48年)となる。特に椎名誠は常に日焼けしていて天パーのボサボサ頭でホームレスのような恰好をしているので、年齢が分かりにくいので、スーツ姿で角刈りの山本一力のほうが少し上にみえるがいかがだろうか。

2018年1月19日金曜日

TVerのおかげ

基本的にTVはあまり観ないが、食べ物の番組は楽しみにしている。木曜日は「ぐるナイ」と「ケンミンショー」があるので、10時頃まで起きているのがツライ。TVerで見逃した番組を1週間だけPCで観ることができるようになったおかげで、眠くなっても我慢しなくてもよくなったのがありがたい。
天気がいいので午後から読み終わった本を返しに泉野図書館へ。どうせ来たのだからとまた借りてしまった。今回は山本一力、中野翠、椎名誠を2冊。

2018年1月18日木曜日

I君逝く

高校の同級生で最も有能な経営者のI君が逝った。週3回の透析をしながら仕事をこなしていたが、ブログを停止し、車椅子生活になったとの噂を聞いていたので心配していた。多いのか少ないのか分からないが同級生のほぼ1割がこれまでに亡くなっているそうだ。いい人から順にというジンクスは今回も当てはまった。合掌。

2018年1月17日水曜日

仕事は一段落

北陸医史40号の編集はほぼ終わり、スライド原稿の作成も終了し、わたしの仕事は一段落というところ。西加奈子の作品は「ふる」「きりこについて」「舞台」の3冊を読み終えたが、若い女性特有の表現は上手いのだが、ジェネレーションギャップというか、ジジイにはついていけないところもあった。その合間に阿刀田高のエッセイ「日本語えとせとら」を読んで気分転換する必要があった次第。芥川賞・直木賞の発表があったが、今回も読んでみようという気は起こらなかった。さらに本日は4時半早退の許可が出た。

2018年1月16日火曜日

キンカンナマナマ

今朝、玄関から出た瞬間滑ったが、重心が低いのでなんとか転倒は防げた。いわゆるキンカンナマナマ状態だ。お店は3台分駐車場を確保してあるが、一番安全な店の前に停めて、気温の上昇を待つことにした。
ところで「ニューズウィーク日本版」でトランプ暴露本「FIRE AND FURY」の特集が載ったが、ホワイトハウス内部で無能扱いされているだけでなく、最愛の娘イバンカからも愛想を尽かされているようだ。世界で一番有名になりたいだけで大統領になった男の末路が暗示されている。なお日本語版は早川書房が版権取得したようだ。邦題は『炎と怒り トランプ政権の内幕』で2月下旬刊行予定。本体価格1800円。

2018年1月15日月曜日

銀行の寿命はあと7年

今週の「アエラ」の特集だ。日銀のマイナス金利政策、フィンテックの台頭などで銀行の本業で稼げるのはあと7年というわけだ。最近結構話題になっていることだが、メガバンクの大量リストラ計画などをみると銀行側も必死だが、新たな収益源を探すことに苦労しているのが現状のようだ。

2018年1月14日日曜日

除雪サンデー

天気予報通り朝から晴れ。自宅と店の両方の除雪に精をだした。減量のせいで息も上がらず、腰も痛くならないのはありがたい。遅れていた荷物も到着し、明日からはフル回転で仕事ができる。
ところでTVerでBSジャパン連続ドラマで三島由紀夫の「命売ります」が始まった。主演の中村蒼は初めてだったが、アクの強い脇役がしっかりしているので楽しみ、現代風にアレンジしてあるが面白くなりそうだ。

2018年1月13日土曜日

単身世帯2040年4割

との新聞記事。将来推計で2040年ならわたしは90歳。たぶん生きていないと思うが、そうなれば我が家も「単身世帯」か「ひとり親と子どもの世帯」となっているだろう。「家族からの支援がない分、市場や社会福祉で支えていく必要がある」と指摘されているが、社会福祉などは崩壊しているかも。気温も低いがさらに寒くなる話だ。

2018年1月12日金曜日

激ラッセル

昨日はわたしだけ4時に早退して吹雪の中、自宅と駐車場の雪すかしをしたが、今朝起きると40センチの積雪。小立野はやはり雪が多い。膝下までの雪を激ラッセルして雪すかしをしたが、時間が足りなくて車1台は諦めた。今日は雪のため到着荷物も集荷もないとの連絡が運送会社からあった。

2018年1月11日木曜日

週末まで寒波

帰宅したらTVの6と8が映らないといわれたが、他がOKなら放送局のせいだと思っていたがやはりそうだった。わたしはTVをほとんど観ないので不便は感じなかった。今朝は10センチほどの積雪だったが、軽い雪で雪すかしは楽。しかし今週いっぱい寒波の予報なので、配達はそこそこにして店に籠城し読書三昧となりそうだ。

2018年1月10日水曜日

泉野図書館へ

浅田次郎の2冊は読み終えたので泉野図書館へ行き、返却ついでにまた本を借りてきた。今回は又吉直樹が推薦している西加奈子の本を3冊と阿刀田高のエッセイを借りてきた。そろそろ若いモンの作品も読まなければ。図書館通いもクセになる。

2018年1月9日火曜日

新県立中央病院

今日から開院したのでさっそく訪れてみた。エスカレーターの位置や両開きのエレベーターなど金大病院とよく似ていた。医局は3階だがセキュリティのため受付までしか入れないので、先生方とのコンタクトは難しくなったのが残念。対策を講じなければ。

2018年1月8日月曜日

初仕事

今年最初のポスター出力依頼がメールで届いた。彼の病院に大判プリンタがないせいもあるが、学生時代からの知り合いで30年以上なるので信頼していただいているからだと思う。このようにわたしを必要としている方がいる限り仕事を続けていきたい。依頼の文章もいつも丁寧で好感が持てる。

2018年1月7日日曜日

泉野図書館へ

暮れに借りた本を返しに泉野図書館へ。午前中なのに館内はほぼ満員。家にいると邪魔になりそうなオッサンが多い。ここは新刊が少ないが探せば読みたい本が見つかるものだ。今日は浅田次郎のまだ読んでいない本を2冊借りてきた。午後から仕事。

2018年1月6日土曜日

デスクトップPCを下取りに

HPは新しいPCを買ったら自社製品はもとより他社でも1か月以内なら下取りをしてくれる。日時を指定するとヤマト運輸が取りに来てくれるが、送料はかからないし、データを消去してくれるので安心、利用しない手はない。

2018年1月5日金曜日

宝島社の広告

今日の読売の宝島社の見開き広告にアラン・ドロンとジャン=ポール・ベルモンドの2人が肩を組んでいる写真があった。アラン・ドロンは役者を引退したがまだ生きていることを知っていたが、JPベルモンドは久しぶりだったので、最初誰かわからなかった。学生時代にこの2人の映画はよく観たが、どちらかというとわたしはJPベルモンドのほうが好きだった。何の広告かと思えば、「世界は日本を待っている」とのタイトルで2018年の日本への期待のメッセージだった。

2018年1月4日木曜日

明日でよかった

今朝は久しぶりに25cmほどの積雪があった。朝食後雪すかしをしたが、今日まで正月休みとしたので時間に余裕があり慌てずに作業することができた。5日連続の休みだったが時間をもてあましてもう限界だ。

2018年1月3日水曜日

歌唱王

昨日は朝から飲んで時間の観念がなかったので、今日は夜まで飲まずに箱根駅伝の青学の圧倒的な4連勝を見届けた後は夕食まで読書タイムとした。いつもなら晩酌後はすぐに寝てしまうが、初めて歌唱王をみてあまりのレベルの高さに最後までみてしまった。歌唱力が拮抗している場合、選曲で決まったような気がする。さらに選曲も含めしっかりとプロのレッスンを受けたか否かが決定的、今や歌手の場合プロとアマの差はないに等しい。

2018年1月2日火曜日

スポーツ観戦三昧


朝から箱根駅伝往路、高校サッカーの星稜の2回戦敗退、大学ラグビーの準決勝の後半など、スポーツ観戦を愉しんだ。お供は当然お酒。昨夜は朝かと思ったらまだ11時半だったこともあり、今日は休養は充分。明日も外出はせず、TV三昧になりそう。

2018年1月1日月曜日

平成30年元日

あけましておめでとうございます。来月91歳になる母親をはじめ家族4人元気で新年を迎えられたことは何より。わたしも古希を迎えることになる。最近家族から怒りっぽくなったと言われているので今年は気をつけたい。