2017年10月31日火曜日

「一生働く時代」?

dマガジンのニューズウィーク日本版の特集だ。
リタイヤしてからしばらくは自由な時間がうれしいかもしれない。だがそのうち、1日中のんびり過ごすことに嫌気が差し、まるで終身刑に服している気分になってくる。
高齢者が健康に暮らす方法について、普段からストレッチなどで体を動かすこと、そして脳を刺激すること。他人と一緒に作業すること。とにかく活動的に過ごすこと。健康で長生きするには「生涯現役」が理想的。
ところが、生涯現役なんておとぎ話でしかないとの意見も。ベビーブーム世代は親の世代のようにゴルフの三昧生活に入らず、仕事を続けていくというのは思い込みかもしれない。というのは経済不安で老後の20年間をのんびり暮らすだけの蓄えがない。しかし働こうにも「長く働くことが定年後の人生設計だというのは、宝くじを当てるとか、早死にするのが人生設計だというのと同じ」。つまり再就職には大きな壁がある。それは健康状態と年齢差別で差別され、どのみちベビーブーム世代は大量引退する。米国も日本も変わらないようだ。
儲からない仕事でも続けていられるだけわたしは幸せかも。

2017年10月30日月曜日

テープ起こしで疲れた

シェーグレンの総会の取材で毎年4月に東京へ行く。会報用に講演の模様をICレコーダーに記録するが、実際の作業は半年後なのでかなり忘れてしまっている。しかも手が遅いのでイヤホンで聴きながら文章にするためのタイピングが苦手で毎年グチを書いている。今年も少しずつ手をつけているがすぐにギブアップしてしまう。発行日が近づいて尻に火がついてからの馬力は自分でも感心するが、今年は体重が減った分、粘り気が出たように思う。

2017年10月29日日曜日

久しぶりに泣いた

昨日S君からダイコンとカブをいただいた。今朝、その中の辛みダイコンを食べたが、あまりの辛さに涙が止まらなかった。
金沢マラソンを途中まで観てお店へ。先週からシェーグレン患者会の会報作成と患者さんの親睦を深めるかわら版の作成にとりかかっている。雨で朝のウオーキングは中止。その分ゆっくりと休めたので気力は充実している。さあがんばろう。

2017年10月28日土曜日

目標を53kgに

これまでは55kgを目標にセットしていたが3か月でクリアしたので、53kgに下げた。現在は54kg台で瞬間的に53kg台になったことはある。過去のブログを検索すると55kg以下にはならなかったようだ。今朝、洋服タンスから昔のブレザーやバブルの頃に買ったバーバリのダブルのジャケットなどを着てみるとどれもOK。それまで60kgを切ることはなかったので当たり前だが嬉しい。これから53kgに下げるのは大変なのでゆっくり時間をかけてやるつもりだ。

2017年10月27日金曜日

活動量計は要らなかったかも

ウオーキングの効果を知るためにミズノの活動量計を買った。「活動強度」は安静時が1メッツ、1〜2メッツが低強度、3〜5メッツが中強度、6メッツ以上を高強度とし、65歳以上の速歩きは3メッツにセットするようになっている。わたしの場合、1時間半歩くと規定では40分の中強度でOKのようだが(肥満に効果あり)、これまでの記録をチェックするとすべてが中等度になっているので、体重が減るのは当然。学会後の24、26、27日のウオーキングで54kg台まで戻した。

2017年10月26日木曜日

半分ほど

2つの学会の書籍の返品作業に追われている(といってもわたしは洋書の返品と力仕事の段ボールを移動させるだけ)。11月初めと後半にも学会があるので、その分の書籍が届き出すと狭い店内は大変なことになるので作業を急ぐ必要があるが、ようやく半分ほど片づいたようだ。

2017年10月25日水曜日

セサミンEX注文

1か月分のセサミンEXが当たったが、そろそろなくなりそうになったところへサントリーからハガキが届き、このあとどうしますかとの問い合わせだった。血圧とコレステロールの薬とおさらばしたので、サプリメントだが「若々しさを維持できる」と気持ちがぐらっとくるうたい文句のセサミンEXを、ネットで3か月ごとに送ってもらう定期お届けコースで申し込んだ。鰯の頭も信心からというが、いかがなものだろうか。

2017年10月24日火曜日

6日ぶりのウオーキング

学会と台風の天候不順で久しぶりのウオーキングとなった。今朝は9℃まで気温が下がり、吐く息が白くなった。鶴間坂は台風の強風で折れた枝などが散乱しており、暗い中を歩くのに注意が必要だった。学会の前夜祭と打ち上げで飲み会が2回あったので1.5kgほどリバウンドしたのでガッパになって歩いたが、寒くて汗をかく量が少なく200gにしかならなかった。これからしばらく天気がよさそうなので頑張らなくては。

2017年10月23日月曜日

後始末

今日から学会で郵送を依頼された書籍の発送と返品作業にとりかかったが、2つの学会分の書籍で店内はカッチャカチャ。大量の書籍のチェックは毎度のことながらイヤな作業の筆頭だ。正確にしかも迅速さが要求されるのでロートルにはツライ。

2017年10月22日日曜日

学会最終日

台風21号の接近で風雨が強く搬出作業が困難になったが、M君の車を出してもらい合計3台で1度に行うことができた。学会が2つ重なり運営に支障を来さなくて済んだのはM君のおかげ。無事終了することができ感謝している。

2017年10月21日土曜日

二軍頑張る

音楽堂2日目、午前中はポツポツだったが、お昼過ぎから一気にお客がドッと押し寄せ、相手の顔を見ることなくレジ打ちとクレジットカード処理に追われた。わずか30分ほどだが目の回る忙しさだった。そして搬出の力仕事をこなし、ヘトヘトになった。二軍大いに頑張った一日であった。

2017年10月20日金曜日

学会初日

音楽堂の学会は友人のM君にお手伝いをお願いしたが、初めての経験なのに予想以上に働いていただき感謝している。今日もこの感じでお願いしたい。今日からは日航でも学会が始まるが、こちらは前田書店の一軍が担当することになっている。つまりワシらは二軍ということ。

2017年10月19日木曜日

明日から日曜日まで学会書籍展示

会場は県立音楽堂(日本理学療法士協会全国学術研修大会)と日航(小児感染症学会)で、土曜日が重なるので金曜日夕方から日曜日までお店は臨時休業となる。今日は音楽堂へ書籍搬入だが、体重が減ったので身体は軽いし、トレーニングと思えば本の重さも気にならない(だろう)。

2017年10月18日水曜日

「いきなり!ステーキ」来年、いきなり店舗倍増計画

産経オンラインニュースで見つけた。業績絶好調の「いきなり」が店舗を倍増する計画らしい。そうなればわざわざ小松市まで行かなくて助かるのでなんとか金沢市にできてほしいものだ。知らなかったが、3kgのゴールド会員になると来店ごとに生ビールやワインを1杯無料で飲めるそうだ。また70歳以上のシルバー会員になると混んでいても並ばずに入れるなど特典満載。
ちなみにゴールド(3kg)、プラチナ(20kg)、ダイヤモンド(100kg)らしい。

2017年10月17日火曜日

「いきなり!ステーキ」@イオンモール新小松

ほぼ毎日お昼はシリアルを20gほどで済ましているが、今日は「いきなりステーキ」へ行く約束だったので、早朝のウオーキングもいつもより多い3周の10kmとした。おかげで朝食後の体重は53.8kgを記録。お店では300gのUSサーロインをオーダーしたが、300gはこれで通算4回目なので余裕で完食。レシートにはトータルで1,231gとなっていた。3kgのゴールドカードにはほど遠いが、来月も娘夫婦からリクエストされている。

2017年10月16日月曜日

macOS High Sierraへのアップグレードはしばらくお預け

iMac 27インチを今年新しくしたのでOSのアップグレードは問題ないが、周辺機器の対応が間に合わないと仕事に支障が出るので、これまでと同じでしばらく様子をみるためお預けとする。macOSはiOSとの連携のためにどんどん接近していて、見た目はiPhoneやiPadと変わりがないように見えるが、プロ使用のアプリをサクサク動かす能力は、iPhoneやiPadはまだまだMacには敵わない。

2017年10月15日日曜日

再び53kg台に

今朝は今にも雨が降りそうだったので、レインウエアの上だけ着てウオーキングにでかけたが、なんとか降られずに済んだ。いつもの浅ノ川沿いのコースではなく途中から金大角間キャンパス往復にしてみた。これまでクマが出るかもと敬遠していたが、道が広く車が結構通るので大丈夫だった。戻って体重を計ると53.2kgとこれまでで最少となったが朝食後は54.2kg(シャワー後に牛乳1杯、食前食後にお茶、栗ご飯一膳、みそ汁、香の物、デザートはリンゴ)となったが仕方がない。でも朝食後の53kg台が見えてきた。

2017年10月14日土曜日

なんとか54kg台に戻す

雨で2日間ウオーキングを休んだ。しかも晩酌は2日間ともビールと焼酎だったので体重が13日に55kg台に増えてしまった。今朝は気合いを入れて5時からスタートしたが、気温が16℃と暖かいので結構汗をかいた。帰宅して朝食後の体重は54.6kgとー1kg。今週は昨日以外は54kg台をキープしたが、来週は日・月と天気が悪そうなので心配だ。

2017年10月13日金曜日

ザックを出してみた

長い間、山から遠ざかっているが、このまま平坦な道ばかり歩いていても面白くない。かといってすぐに山登りといってもまだ無理がある。とりあえず、昔使っていた30リットルのザックを2つ出してみた。どちらもウエストベルトのポケットのファスナーが汗のシミで開かなくなっていたので、歯ブラシを濡らして掃除し、なんとか開くようになった。ザックを壁に下げておけば体力づくりの刺激となるだろう。

2017年10月12日木曜日

期日前投票

22日は学会書籍展示の仕事があるので、カミさんと母親を連れて不在者投票に出かけた。希望の党は「緑のたぬき」の化けの皮がはがれて失速気味だが、かといって現政権の肯定とはいかない。選択が難しい選挙だ。

2017年10月11日水曜日

53kg台に突入

今朝も暑かったので、少し距離を延ばして汗をかいたので、帰宅すると体重は初めて53kg台に突入した。
ところで昨夜の対ハイチ戦は何だ(怒)。2点先取して3失点とは情けない。今からでも監督を更迭したほうが良い結果となるように思う。

2017年10月10日火曜日

確かに暑かった

行方不明の4歳男児が2日ぶりに無事保護されたが、その要因の1つに最低気温が高かったことが挙げられていた。確かにこの3連休の間のウオーキングは明け方でも16℃以上あり(今朝は19℃)、かなり汗をかいたので毎回1kg以上体重が減った。体調はベストなので雨が降らない限り続けるつもりだ。

2017年10月9日月曜日

孫帰る

今日の昼過ぎに帰ったようだが、わたしは仕事で見送ることはできなかった。一緒の食事も昨日の夕食と今日の朝食だけだったのでコミュニケーション不足は仕方がない。懸案のダッコはまたもや次回に持ち越しとなったのが残念だが、順調に育っているのがなにより。

2017年10月8日日曜日

孫来る

6日の夜から久しぶりに娘と孫2人が里帰りしている。上の孫とわたしとの関係は残念ながらまだ修復されていない。午前中にカミさんと長女も一緒に大桑の犀川緑地公園に出かけた。「ジイジは来なくていい」といわれたが、めげずに1人で後からついていくことに。3歳の孫は動きが活発なので彼女について回るのは大変だが、しっかりとフォローしたので少しは信頼されたかも。
写真は早朝のウオーキングから戻ったときに撮ったもの。娘のスニーカーと3歳、1歳の孫の靴。

2017年10月7日土曜日

Prime Reading始まる

アマゾンジャパンは10月5日、プライム会員向けの新サービス「Prime Reading」を日本で開始した。Prime Readingはプライム会員であれば、数百冊のKindleコンテンツを追加料金なしで楽しめるというサービス。さっそくサイトに飛んだ。対象コンテンツは10冊まで同時に利用できるとあったので、池井戸潤「神保町奇譚」、辻村深月「パッとしない子」などをダウンロードした。先に開始した月額980円で読み放題のKindle Unlimitedはコンテンツのつまらなさで無料体験だけで止めてしまったが、Prime Readingは無料なので、コンテンツ不足は我慢できるかも。

2017年10月6日金曜日

カズオ・イシグロ氏 ノーベル賞

ノーベル賞受賞には少し驚いたが、氏の代表作は2011年に「日の名残り」「わたしを離さないで」の2作を読んでいた。ノーベル賞と関係ないときに読んでいたので、当時のわたしのブログをそのまま引用する。

TVで偶然観た番組でカズオ・イシグロを知り、「わたしを離さないで」と一緒に注文したが、ようやく入荷した。奥付をみると6月10日に17刷となっていたので増刷のせいで遅れたのだろう。
「わたしを離さないで」はクローン人間の話だったが、こちらは1920〜30年代に英国の貴族の執事をしていた男が、第2次大戦後、新しくこの屋敷の主人となった米国人から車を借りて休暇をもらい、かつての女中頭に会いに行く途中で語られる回想録で、そのまま英国の置かれた歴史的な事実を反映している。
かれは自分の感情を押し殺し、ご主人に最善を尽くすことが執事の品格だと信じて疑わない、いわゆる石頭の典型でその仕草やセリフは滑稽ですらあるが、それを1954年生まれ、5歳で英国に移住し英国籍を取得した日本人が書いたことに驚きを感じる。それを巻末の解説で丸谷才一は以下のように書いている。
「彼が現在のイギリス人の生活とそれからこの一世紀の大英帝国の有為転変とをこんなにすっきりととらへることができるのは、(略)、外国系の作家なのでイギリスおよびイギリス人に対し客観的になることができるせいもかなりある。(略)、そして今、イシグロがイギリス小説に新しくもたらしたものは、時間といふもの、歴史といふものの、優美な叙情性かも知れない。わたしは、男がこんなに哀れ深く泣くイギリス小説を、ほかに読んだことがない」
原題:The Remains of The Day(ハヤカワepi文庫)

カズオ・イシグロの原作を読んでまだそんなに日が経っていないので、原作と比較することができたが、主演のジェームズ・スティーヴンス役のアンソニー・ホプキンスもミス・ケントン役の エマ・トンプソンも舞台俳優出身のイギリス人なので見応えがあった。とくに夕暮れの桟橋に明かりがつき、映画では彼女が、原作では隣に座った男が「夕方こそ一日でいちばんにいい時間だ」と、この作品のテーマが語られるラストに近いシーンが印象的だった。

DVDの返却は明日なので、昨夜もういちど観た。原作は1956年7月に休暇をもらい主人公の執事がダーリントンホールの屋敷から6日後にウェイマスまでかつての女中頭にもういちど屋敷で働いてもらうために会いに行く間に語られる回想録で、映画では原作より女中頭が執事に対して恋心を抱くシーンが強調されている。原作の最後はダーリントン卿の屋敷を買った米国の下院議員(スーパーマン役のクリストファー・リーヴ)が休暇から帰ってくるまでに新しいジョークを練習する(映画では屋敷に迷い込んだハトを逃がす)シーンで終わっているが、私心を捨て執事の職務に忠実であろうとする主人公の姿が当時の国際政治の変化について行けなかった英国を表している。そしてこれを書いてブッカー賞(英国の最高文学賞)を受賞したのが日本生まれのカズオ・イシグロ、とにかく驚きである。原作も映画もよかった。

2017年10月5日木曜日

ダイエットのコツ

昨日は朝晩で17km歩いた。今朝の空は昨夜東の夜空に輝いていた月に代わっていつもの明けの明星が夜明けまでの1時間あまりを楽しませてくれた。帰宅して体重を計ると54.0kgと自分でもビックリ。ただし朝食後に計ると54.6kgだけど。
ダイエットがうまくいくコツは毎日スマホなどで記録をつけること、そして目標をブログなどでオープンにして、不退転の決意で臨むことだと思う。

2017年10月4日水曜日

朝も夜も

今朝もいつも通り8kmのウオーキングをこなした。午後から用事で木村先生宅へ伺ったが、奥様からスッキリして若く見えるようになったとお褒めのお言葉を頂いた。実はこの3日間わたしは5時で早退しているが、今日は中秋の名月なので夕食後にもウオーキングに出かけた。東の夜空にくっきりと浮かぶ月をこんなに長い時間眺めたのは初めてだが、風流を詠む才が欠落しているのが残念だ。

2017年10月3日火曜日

遠藤先生だと願っていたが

今年のノーベル生理学・医学賞は、個人的には血中コレステロールの値を下げる薬の開発につながった物質スタチンの発見でガードナー賞を受賞した東京農工大特別栄誉教授の遠藤章先生だと願っていた。先生は金沢大学とも縁があり、脂質代謝の馬渕先生と研究をされていた。もし受賞されたら金沢大学も脚光を浴びただろう。今年84歳になられるので、最後のチャンスだったかもしれないのでなおさら残念だ。

2017年10月2日月曜日

ウオーキングハイ

今朝も4時半からウオーキングに出かけたが雨が降りそうだった。中には傘を持って歩いている方もいたが、なんとか降らずに歩き終えた。ランナーズハイという言葉があるが、ウオーキングにも当てはまりそうだ。2周目になると俄然元気が出てくるからだ。しょっちゅう出合う方たちも同じだろう。歩かないと気が済まなくなるに違いない。

2017年10月1日日曜日

54kg台に突入

今日は日曜日しかも快晴なのでいつもより遅い日の出直前の5時からスタートし、いつものコースを3周してさらに兼六中学から小立野トンネルを経由したので11kmとなった。帰宅してシャワーを浴び朝食後に体重を計ると54.8kgとなった。これからはリバウンドしないよう現状維持に努めなければならない。