2017年8月4日金曜日

またもや訃報

今週2人目の訃報、しかもどちらも脳外科医、今回のK先生は学生時代から親交があり家族同然の付き合いをさせていただいていた。癌が発見されてからも数年間仕事に就いていたが、転移がみつかり不帰の客となった。最初のころは死ぬことばかり考えていたといっていたが、それ以上泣き言は言わず、痩せ細っても研究会を主宰するなど精力的に仕事をこなしていた。享年55歳、ご冥福を祈る。