2016年2月29日月曜日

久保さんの追悼文

次の探蕎会会報62号には昨年11月に急逝された久保さんの追悼文を掲載する事になっており、そろそろわたしも準備と思っていたが、今日の「晋亮の呟き」のブログで「久保さん夫妻とのみちのくへの蕎麦屋巡り(その1、2)がアップされていた。さすが木村先生、毎回2千字をメドに書かれているので、読みごたえがある。とくに「水蕎麦」に関してわたしも書こうと思っていたので先を越されてしまった。さて何を書こうか迷うがわたしは会報の編集、校正が仕事なので重複を避けるため皆さんの原稿を拝見してからでも遅くはないか。

2016年2月28日日曜日

暖かい

2月末だが今日は晴れで気温も13℃まで上がったようだ。この分では今年の降雪量は記録的に少ないことになるのでは。今冬は長袖のヒートテックの世話になった日は数えるほど、暖かいのはありがたい。

2016年2月27日土曜日

7人

二女に二人目が生まれて里帰りしているので現在は7人家族、狭い家なので大変だ。また男はわたしだけなのでしょっちゅう注意され居場所に困ることも。男が肩身の狭い思いをする時代になったようだ。
2歳になった孫はわたしのいないところでは大きい声で「ジージ」と言っているそうだが確認はまだ。一緒にいられるのはあと一月とカミさんは残念がっているが、孫の笑顔は本当に癒される。

2016年2月26日金曜日

昨夜のケンミンショー

日本一肉を食べない群馬県のエピソードや大阪人が最も許せない「イキってる(調子に乗る、格好をつける)」などこの番組は北関東と大阪で持っているような気がする。お決まりの番組の進行には一種の様式美すら感じてしまい、つい引きこまれてしまう番組だ。

2016年2月25日木曜日

「アラハン」

今日の読売くらし欄で「アラハン」なる言葉を初めて知った。「アラカン」の嵐寛寿郎なら知っているが、100歳前後の「アラウンド ハンドレット」の略だとは知らなかった。
母親も先週89歳になったし、夫婦でもうすぐ「アラハン」といえば、探蕎会会長の寺田先生と奥様は同じ年なので最有力候補といえる。100歳以上は2015年に6万人を突破したそうだ。好奇心を持ち続けることが、元気で長生きの秘訣のようだ。
「アラサー」「アラフォー」しかないのかと思っていたが、50、60、70、80、90は略して言いにくいのかも。

2016年2月24日水曜日

北陸医史38号校了

昨年末から取りかかってきた北陸医史38号がようやく校了した。ホッと一安心というところ。次は探蕎会会報62号だが、こちらは昨年11月に急逝された副会長の久保さんの追悼号を兼ねることになった。原稿はこれからだが、なるべく早く出す予定なので、会員の皆さんのご協力をお願いしたい。

2016年2月23日火曜日

ジパング倶楽部申し込み

65歳以上なら年会費3770円で1〜3回は2割、4〜20回は3割引になるので東京往復1回で元が取れることになる。探蕎会総会で駅までいった際、みどりの窓口で申込書をもらい、写真と免許証のコピーを添えて投函した。最低でも年1回シェーグレンの会の取材で東京へ行くので入っていた方がいいと判断した。ジパング倶楽部なんで爺クサイと思っていたが、いつの間にかその年になっていた。

2016年2月22日月曜日

夜も飲んでいたらしい

あの程度のお酒で二日酔いになるなんてと思っていたら、どうやら夕食でも焼酎を飲んだらしい。朝起きたら全員シラ〜っとした表情だったのでたぶんすごいイビキだったのだろう。ニコニコしていたのは2歳になった孫だけ。こういう時の笑顔は救われる思いがした。

2016年2月21日日曜日

探蕎会総会

今年の総会は19名の参加者で会場はANAホリデイ・イン金沢スカイ10階「白山」で11時〜14時まで行われた。去年から20名を下回る参加者となって寂しい限りだが、会員の高齢化が進んでいるので仕方がない。わたしはビール1本、焼酎ロック2杯、赤ワイン1杯ですっかり出来上がってしまい、帰宅してすぐに寝てしまった。おかげで今日になって昨日のブログを書いている次第。ずいぶん酒に弱くなったものだ。

2016年2月20日土曜日

42誌

dマガジンに登録されているのは160誌以上、わたしはそのうち42誌をお気に入りに登録してある。したがって毎日目を通すには結構忙しいが、発売日に読めるのは金沢のような田舎では助かる。ところで登録されている雑誌にはどういう対価が支払われているか気になるが、月額400円のサービスだから大したことはないような気がする。

2016年2月19日金曜日

dマガジンはPCでも読めるようになった

ドコモの月400円で雑誌が読めるのは便利で利用しているが、PC(Windows 7以上およびMac OS 10.6以上)でも読めるようになった。これまではiPad Air2で1ページごと読んでいたが、iMacは27インチなので見開きで読むことができる。となるとiPad Air2は一気に非常用となってしまった。

2016年2月18日木曜日

よく当たる天気予報

昨日の天気では今日は晴れという予報はほんまかいなという感じだったが、見事に当たった。冬の天気は予想しやすいのだろうか。今度の日曜日は探蕎会総会、予報では雨一時雪で最高気温は5℃だが、もう少し最高気温が上がるように外れてもらいたい。

2016年2月17日水曜日

「世界史の誕生─モンゴルの発展と伝統」岡田英弘著(ちくま文庫)Kindle版

アマゾンの紹介では「世界史はモンゴル帝国とともに始まった!地中海文明と中国文明の運命を変え、東洋史と西洋史の垣根を超えた世界史を可能にした、中央ユーラシアの草原の民の活動。モンゴルの発展と伝統から世界の歴史を読み直す」とあり、モンゴル帝国の建国が世界史の始まりであるとの説。24年も前の本だが、「現代の世界の対立の構図は、歴史で武装した日本と西ヨーロッパに対して、歴史のないアメリカ合衆国が、強大な軍事力で対抗している」という刺激的な分析もあり、興奮して読んだ。

2016年2月16日火曜日

そして膝にお座りも

このところ朝は「おかあさんといっしょ」に少し付き合うことにしているが、試しに膝を叩いて「お座り」というとお尻を突き出して座ってくれた。TVの画面を見ながらなのでホンの一瞬だったが、またもや胸がジ〜ン、もう思い残すことはない。
しかし、だんだん自我に目覚めてきたようで、朝食時に結構苦労するようになったようだ。ということで、ジイジの「ダメ」が必要になってきたが、もう少しこの幸せを味わいたい。

2016年2月15日月曜日

念願の自発的ダッコ初成功

孫は毎朝、朝食後に2階に上がって「おかあさんといっしょ」をみることになっており、いつもはカミさんがダッコしているが、今朝「ジイジとダッコする?」とカミさんが訊くと両手を上げてダッコOKのポーズを初めてとった。感動して目頭が熱くなりどうやって2階に上がったか記憶がない。そして今日は彼女の2歳の誕生日、いい思い出になった。

2016年2月14日日曜日

うがいと手洗い

孫が1月8日に家に来てから毎日帰宅したら、うがいと手洗いの励行が義務となっている。最初は面倒だったのでチョットズルをすると娘がとんできたが、1か月以上経ったのでこの習慣にも慣れた。そのせいか今のところ孫たちは風邪も引かず順調に過ごしている。
春一番らしいが、この天気では客はまばら。バレンタインデーで来店者にチョコを渡すようにいわれているが、店はわたし一人、男同士ではなあ。

2016年2月13日土曜日

Windows10にアップ

今日は雨模様で孫と散歩ができないのが残念だが、時間があったのでわたしのノートPC(Win7)をWindows10にアップした。7と8は7月まで無料アップできるが、発表になってから半年以上経つので問題点は出揃ったと判断した。しかしアップにかかった時間は1時間以上、さあWindows10勉強だ。

2016年2月12日金曜日

この陽気はなんだ

今日は17℃まで気温が上がったので、昼から30分ほど孫と散歩に出かけた。散歩というとコートのあるところを指さし、靴を履かせようとすると足をピーンと伸ばす。まだ発する言葉は少ないが、言葉の意味は理解できるようだ。明日も20℃まで上がるようなので散歩日和となりそうだ。

2016年2月11日木曜日

現実は厳しい

今日は仕事だったが、3時にカミさんと交代して一気に昨日の続きに挑んだ。こちらの要求を抑えて和気あいあいで過ごせた。もうダッコは大丈夫と思っていたが、昼寝をしなかったので夕方目覚めたときは、いつもの状態に戻ってしまった。つまりリセット。現実は厳しい。

2016年2月10日水曜日

半分成功

孫のダッコは未だに無理だが、今朝、カミさんにダッコされている状態で無理やり横取りダッコした。今まではすぐに助けを求めて身をよじらせていたが、今回は2階に上がるまでなんとか大丈夫だった。体重は12〜3kgあるのでカミさんや娘がダッコして2階に上がるのは見ていて大変そうなので、少しでも代わってあげればと思う。しかし自ら両手を広げてダッコを要求するのはもう少し時間がかかりそうだが、意外に早いかも知れない。

2016年2月9日火曜日

dTVは解約

ドコモの動画配信サービスdTVは12万7,000本で最大だが、この2か月で観たいものはほぼなくなったので解約した。月額500円は確かに安いが、コンテンツが偏っていて観たいものは有料になっている。この手のサービスは他にもあるが、要するに自分が観たい作品があるかどうかの問題。音楽も最初興味があったので試してみたが、結局これまた若いモンに偏ったコンテンツが多く解約した。
ワシらジジイ向けの映画や音楽をメインで扱うサービスの出現を期待する。

2016年2月8日月曜日

ドナルド・キーンの東京下町日記

については前に書いたが、東京新聞のネット版で毎月楽しみにしている。北陸中日新聞の1週間無料サービスで気づいたが、ネットでは最新が「後世に 日記は語る」1月10日だが、新聞では「演出家と語る三島」2月7日だった。今日は8日だがまだネット上は更新されていない。
今月は演出家の宮本亜門との三島由紀夫に関する対談で「豊穣の海」最終章の日付が70年11月25日となっているが、その3か月前にキーン氏に読みませんかと持ちかけたというエピソードは、演出家が対談相手だけに「シナリオ演じた人生」という副題をつけたのではないか。とにかく相手を思いやる方だと感じた。

2016年2月7日日曜日

少々早退

平日は20時、日曜祝日は18時までの営業だが、真冬なので5分ほど早めに終わることが多い。理由は2人の孫がいることだが、下は1か月過ぎたので沐浴が終了し通常の入浴になったので、18時に帰れば入浴シーンが拝める。ということで今日は初めて湯上りのフルヌードを見ることができた。

2016年2月6日土曜日

散歩の効果はテキメン

昨日散歩をしたおかげで、今朝は満面の笑みで両手ハイタッチ(今までは片手だった)ができるようになった。しかしダッコしようとするとイヤイヤをしてカミさんや娘に助けを求める。もう少しの辛抱と慰められるがこの天気では散歩はなかなか無理。食欲は旺盛なのでエサで釣ろうかと思案中。

2016年2月5日金曜日

チョット散歩

今日は晴れで、気温も上がったので昼に帰宅し孫と散歩した。孫と接する時間が少ないので何とか努力しなければということで、カミさんの助けを借りて15分ほどの時間だったが、手をつなぎ歩くことができた。玄関で靴を履くときと脱ぐときはチョットだけダッコもできた。千里の道も一歩からの心境だった。

2016年2月4日木曜日

1か月健診

今日はカミさんが付き添いで高岡市まで1か月健診にでかけている。その間は長女が孫の世話をしている。出産はとても我慢できないといっていたが意外に面倒をよくみている。孫は母親はもちろんだが、カミさん(ばーば)と長女にも良くなついている。わたしはいまだにダメだが、努力が足りないためだそうだ。

2016年2月3日水曜日

ポスター出力は出足好調

ポスター出力件数は毎年伸びているが、1月はほとんどなかった。しかし今年は1月だけで4件、しかもすべて初めての先生なのでうれしい限りだ。この分だと今年も期待できそうだ。

2016年2月2日火曜日

医師国試

今週土曜日からいよいよ医師国家試験が始まる。去年は初めて現役100%合格だったが今年はどうだろう。長年医学書の販売をしていると試験をうける学生の緊張感はヒシヒシと伝わってくる。今年もいい結果が出るよう祈りたい。

2016年2月1日月曜日

もう2月

この前あけましておめでとうだったのにもう2月。法事で新潟に帰っていたカミさんが戻り、全員揃ったのが分かるのか孫が結構騒ぐ。といってもわたしにはまだハイタッチより前には進んでいない。15日には2歳になるのでなんとかダッコと策を練っているがどうなることか。