2014年10月31日金曜日

Office365試用ダウンロード

昨日持ち込まれたパワーポイントのポスターのデータのうちグラフのラベルのデザインがくずれていたが、パワーポイント2010で修正できないことを発見した。プリントは写真がないのでPDFファイルでなんとかなった。
ダウンロード型のOffice365が出たことは知っていたが、Mac版は2011のままなので購入はまだだ。今朝、試用ダウンロードしてみたがパワーポイント2013ではグラフは正常だったので、これはバグの一つだろう。

2014年10月30日木曜日

iPodと iTunesの最強コンビが落ち目に

昨日も書いたが、アップルのパソコンMacを使ったことはなくてもiPodを買ったかたは多いだろうし、iPodを利用するにはiTunesが欠かせない。アップルの業績に多大な利益をもたらしたiPodとiTunesだったが、iPodのほうも新製品が発表されないままになっている。ハイレゾ音源も出てきたし、たぶんこのまま消えていく運命になるかも。

2014年10月29日水曜日

アップルのiTunes、音楽ダウンロードの売上高が大幅減

音楽はダウンロードからストリーミングへ移行しているのにアップルが乗り遅れたことが原因らしい。そういえばわたしも長いことiTunesでダウンロードしていない。
そこでストリーミング配信サービスを提供するビーツ・ミュージックを買収し捲土重来を期すらしい。
IT関連のビジネスモデルはあっという間に陳腐になってしまう恐ろしい世界だ。

2014年10月28日火曜日

「史上最大のタダ替え大作戦」

とWiMAXを提供しているUQコミュニケーションズのニュース。現在WiMAXを使っているユーザーにWiMAX2+へ無料で移行できるキャンペーンらしい。しかしよく読んでみるとWiMAXに割り当てられている30MHzのうち20MHzをWiMAX2+に移してキャリアアグリゲーション(CA:複数の電波(キャリア)を同時に使用して、データ通信を可能とする技術)を導入し、来年春から220MHzの高速化を実現するために、WiMAXユーザーに帯域から立ち退いて欲しいので、WiMAX2+対応ルーターをタダで提供するというものだ、つまり立ち退き料。WiMAXは最大40MHz、WiMAX2+は110MHzだから、タダで約3倍のスピードでネットに接続できることになる。こうなると光とスピードは遜色ないものになる。11月1日からの申し込みのようで接続業者からの案内待ちというところ。

2014年10月27日月曜日

手違い

スマホで電子決済のスクエアを利用しようとすると音楽プレイヤーを切るように指示が出て、先へ進まないようになった。何回やっても変わらないので昨日は諦めた。
今朝スマホで音楽を聴くときにイヤフォンを挿すと音楽プレイヤーが立ち上がるアプリをインストールしたことを思い出し、そのアプリを削除したらようやく元に戻った。
スマホには便利なアプリがたくさんあるが、こういうこともあるので気をつけなければ。

2014年10月26日日曜日

定常型社会

今朝の読売「地球を読む」で山崎正和氏が「定常型社会」を提唱する本を3冊読んでこれからは一切の成長断念を提唱し、成長の限界を見据えた議論が必要とあった。21世紀に生きる我々には「定常型社会」という言葉は感覚的にも理解できる。さっそく検索すると広井良典著「定常型社会ー新しい「豊かさ」の構想」という本が岩波新書からでているので読んでみようと思う。

2014年10月25日土曜日

スマホ利用者の半数が「新製品に驚き感じなくなった」

とネットニュース。確かにそうだろう。画面が大きくなり、スマホかタブレットか分からなくなってきたが、スマホでやることは通話とメール、ネットサーフィン、カメラなどがメイン。少々スピードが上がったところで大した問題ではない。わたしのスマホは2代目でそれももうすぐリャンシバの契約が終了するが、壊れるなどのことがない以上使い続けるつもりだ。何度も言うがバッテリーの持ちだけはやく何とかして欲しい。

2014年10月24日金曜日

火・水は避けるのが賢明

そば屋の定休日は火・水曜日が多いようだ。今回の信州行きは水曜日だったので、他の店も候補に入れたが定休日だった。せめて今日行けば蕎麦も北アルプスも両方満足できたのに残念。なお土日は混雑するので、有名店はなるべく平日にしたほうがいい。

2014年10月23日木曜日

安曇野 翁

今回は池田町にある安曇野 翁も候補に入っていたが、ネットで調べると22日は出張そば会の為、臨時休業とあった。かつて探蕎会で訪れたことがあるが、高台の店から北アルプスが見事に見渡せる抜群のロケーションだったし、蕎麦も翁の名に恥じないものだった。「かたせ」も同じ池田町にあり、晴れていれば北アルプスの絶景が拝めるはずだったのが残念、せいろセットのメニューもつばくろ、常念、槍の名前がついていた。

2014年10月22日水曜日

蕎麦も天気もイマイチ

「かたせ」(池田町)と「常念」(安曇野)に行ってきました。「かたせ」は狭い山の斜面にあり、着いたときはすでに満員。期待がふくらんだが、蕎麦は普通の二八、出汁は薄すぎた。サービスで漬け物盛り合わせ、天ぷら、デザートが付いてきたので許す。「常念」は立派な店構えに圧倒されたが、蕎麦はイマイチ、出汁はまあまあ。よって「かたせ」の蕎麦を「常念」の出汁でいただくのがいいのではと思った。
せめてお天気で山の姿が拝めればもう少しいい点数をつけたかも。かたせ(右)、常念(左)

2014年10月21日火曜日

光インターネットはもう終わり?

光ファイバーで電話やインターネットを利用している方が多い。わたしも店と自宅と両方「光」にしていたが、自宅はWiMAXに代えた。昼間は自宅は母親だけでネットやメールをやるわけでないし、Nexus7がおまけで付いてくることも理由だったが、利用料金も「光」より安い。難点は夜は結構回線が混むので繋がりにくいことがあることだ。しかし持ち運べるしどこでもデータ量を気にすることなく使えるメリットの方が大きい。
そこで考えることは通信技術の進歩で光ファイバーがかつてのISDNのようにならないかということだ。世の中は確実に無線のほうに向かっている。

2014年10月20日月曜日

スマホのバッテリーはGPSを使えば数時間

しかもたない。明後日は探蕎会6名で信州安曇野へ。わたしは運転手だが、オデッセイのナビは壊れたままなので不安。ナビは入れ替える気はあるのだが、純正ナビなので奥行きが不足しているので不可能とのこと。
仕方がないのでWiMaxとスマホとNEXUS7とバッテリー充電器を持っていく予定。

2014年10月19日日曜日

iPadもiMacも今回は購入を見送る

との意見がネット上では多い。すぐに買い替えるほどの魅力に乏しいからだろう。とくにタブレットはできることが限られているので1つあれば十分。
それよりもバッテリーのほうを早くなんとかしてほしい。毎日充電しなければならないようなタブレットやスマホは勘弁だ。

2014年10月18日土曜日

DMは有効か

ある消化器系の出版社のDMをみて数人の先生から注文が入った。まだ発売になっていない新刊も含まれていた。
これほどのネット社会になったにもかかわらず、DMでの案内がまだ通用するのはどうしてだろうか。
そういえば書店に届く新版案内はいまでもFAXが多いが、FAXの利用が多いのは日本だけだとネットの記事で読んだことがある。
弊社では不用な案内のFAXの数があまりに多いのでPCに取り込んで必要なものだけプリントするようにしている。

2014年10月17日金曜日

一気に5Kに

iMacが新しくなり、ディスプレイは4Kを通り越して5Kになった。価格は5万円ほどアップしたが、1TB Fusion Driveも採用したので実質的には値下げかも。iMacは今年の7月に新しくしたばなりなので買い替えるつもりはない。
iPadのゴールドモデルも発表になったが、わたしの仕事はまだまだiPadで代用できるものではないのでこれも要らない。ということで今回も残念ながら胸がときめく発表ではなかった。

2014年10月16日木曜日

グーグル「Nexus 9」と「Nexus 6」を発表

とネットニュース。わたしはNexus 7を持っているが、最近めっきり使わなくなった。そこでNexus 7を使い倒すために、解説本を買ってきた。
1インチきざみで各社のタブレットが目白押しだが、アンドロイドはやはり開発者のグーグルが一歩先をいっている。

2014年10月15日水曜日

Pタイルを産廃業者に持ち込み

剥がしたPタイルは段ボール30個ほどになったが、処理をどうするか金沢市のHPで確認し連絡してみると、市の埋立場は無理なようで民間の産廃業者を紹介された。持ち込んで計量すると360kgあり1kgあたり30円とかで、合計10800円+消費税と結構高かった。ちなみに市のHPでは500kg以下は1400円となっていた。この価格差はちょっとおかしいのではと思った。

2014年10月14日火曜日

「恩讐の彼方に」状態

購入したサビ落としはすべて折れてしまい、ならばと折れたサビ落としをガムテープで何重にも巻いて金づちで打ちつけて作業を続けた。中腰では疲れるので段ボールを敷いて座り、あぐらのスタイルで打ち続けた。両手はパンパンに腫れ上がり「恩讐の彼方に」もかくありなんと思いつつ、最後の1枚になると目頭が熱くなったが午後7時頃になんとか終了。
今朝は足腰が痛くて、ベッドから起き上がるのに苦労した。

2014年10月13日月曜日

Pタイル剥がし続き

疲労困憊だがなんとか今日中に作業を終わらせたいので朝からとりかかったが、サビ落としの柄が折れてしまい、ホームセンターへ、開店が9時半からなのでそれならと大型店に向かったが開店は10時。9時半に開店の別の店に行ったがそこは売り切れ、再び大型店に戻り2個購入したが、作業開始30分で折れてしまった。先が思いやられる。

2014年10月12日日曜日

Pタイル剥がし

前のお店の持ち主から床のPタイルを剥がしてくれといわれ、ホームセンターで柄のついたさび落としを2セット購入し作業を始めた。最初は順調だったが手にマメができ、それがつぶれると痛くて作業できなくなった。面積は26坪 もあるのでなんとかいい方法はないかとYouTubeで検索すると電導スクレイバーを発見。これだと思い再びホームセンターで購入。しかし使ってみると広い面積を剥がすには不適だった。
閉店時間までで半分ほど剥がしたが、帰って体重計に乗ると60kgを割っていた。汗の分だけだがまあまあ満足。

2014年10月11日土曜日

JBL Pebbles

お店のBGMはiTunesにある曲をセレクトしてBGM用のフォルダにまとめ、iMacで鳴らしているが、なにぶん音がよくない。ネットで調べていたらJBL Pebblesというスピーカーの評判がいいようで、しかも4000円ほどで買えるので、さっそく注文しお店で使っている。MacのUSBに接続するだけ給電もできるすぐれもの。色は白と黒の2色がある。

2014年10月10日金曜日

新型「iPad」米国時間10月16日に発表か

これまでアップルの新製品は発表されるまで秘密のベールに包まれていて、いろいろな憶測が流れるが、外れることが多かった。しかし最近はほとんど憶測どおりなので面白味に欠ける。今回は新しい「iPad」や「Mac」が発表されるらしい。
ワクワクドキドキするような新製品が出るだろうか。

2014年10月9日木曜日

さようなら、「Lotus 1-2-3」

サポート終了で31年の歴史に幕とのネットニュースだがこれには驚いた。表計算ソフトはエクセルに駆逐されたと思っていたが、まだLotus 1-2-3を使っているかたがいたらしい。しかしサポート終了日である9月30日を静かに過ぎた。とあるから、やはりあまりいなかったに違いない。そういえばマルチプランというのもあったなあ。

2014年10月8日水曜日

IgG4関連疾患アトラス(簡体字版)

7月に表紙のデザインを送ってきたが、完成したようで昨日献本が送られてきた。ハードカバーだったが、本文はカラーではなくモノクロ、紙質も悪いが出版されたことを良しとしよう。
中国はコピー天国で著作権がない国だと思っていたが、そうでもない一面をみた。弊社の出版した「IgG4関連疾患アトラス」はこれで英文版、簡体字版がでたことになり、大変名誉なことだと考えている。
表紙の一部を載せてみた。

2014年10月7日火曜日

時すでに遅し

探蕎会会報のプリントが終了し、会員に発送する準備をしていたところ、Y女史からさらに間違いを指摘された。しかしプリントし終わった後なので、ホームページ用に採用させていただいた。
いつもながら完璧な校正で助けていただいている。

2014年10月6日月曜日

6時で真っ暗

雨の天気のせいもあるが午後6時で真っ暗になった。近所の寺の鐘が6時に鳴るので辺りの様子を確認できる。
暑さ寒さには強いほうで夜は半袖、短パンで肌掛けフトン1枚だけだが、昨夜は夜中に目が覚め、長袖のパジャマに着替えた。ようやく秋らしくなってきた。
探蕎会会報の印刷も終了し、一息ついたところ。

2014年10月5日日曜日

市長選の投票を済ませてから店へ

小雨模様のはっきりしない天気なので、今日はヒマそうな予感。それならばと人生のエッセイの谷川俊太郎を読みはじめた。副題は「あいまいなままに」。寺山修司の「目を醒まして、歌え」や開高健の「眼を見開け、耳をたてろ そして、もっと言葉に・・・」より構えてなくてイイ。

2014年10月4日土曜日

代わりがいないのがツライ

今日は京都でシェーグレンの関西ミニ集会が開かれているが、この時期は学会のプレゼン作成の仕事があるので参加できない。3月の総会だけはなんとしてでも出席するようにしているが、プレゼン作成の仕事は今のところ代わりが育っていないので仕方がない。もっともこの仕事を覚えてもらったらわたしの出番がなくなるかも。

2014年10月3日金曜日

探蕎会会報59号

今日はプレゼンの作成が一段落したので会報59号をレイアウトし、校正を依頼したところ。これで肩の荷がおりた。
10月21-22日の信州行きは5名、また今年の丸岡蕎麦道場行きは11月23日(日)となった。

2014年10月2日木曜日

「人生のエッセイ」第1期 全10巻

2000年発行の全集が移転中にで発見された。何かのトラブルだったのだろうが、折角なので読みはじめた。1宇野千代、2遠藤周作、3開高健、4神谷美恵子、5住井すゑ、6谷川俊太郎、7寺山修司、8萩原葉子、9武満徹、10淀川長治の10巻。その中で寺山修司と遠藤周作は読み終え、開高健を読んでいるところ。この3人に共通しているところは、大学では好きなことばかりしてほとんど勉強しなかったこと(わたしも同じだがその結果は大違い)。
遠藤周作は「孤狸庵」という「お気楽な」雅号をもっていることがよく知られているが、三島由紀夫から「そんな年よりじみた名は嫌いだな」と言われたそうだ。しかし、三島由紀夫という若々しい名をつけたばかりに「しんどい」人生を送ったのではと述べているところはさすが。
また65歳にもなって寺山修司のエッセイを読むと、やはり一過性の「はしか」のようものだったといったらお叱りをうけるかも。
マスコミは用語を「エッセー」で統一しているがやはり「エッセイ」のほうがしっくりくる。

2014年10月1日水曜日

衣替えしてみたものの

この暑さは一体何だ。明日の予報も最高気温が28℃なので半袖に戻ることになりそうだ。
今日も一日中プレゼン作成、秋の学会シーズン到来となった。