2014年3月31日月曜日

棚卸

毎年3月31日は決算棚卸で、閉店時間の8時が過ぎても終わらない。かつては閉店時間からはじめて午前さまになったこともある。
明日から消費税が8%になるので閉店後にレジのセットの仕事もある。さていつ終わるやら。

2014年3月30日日曜日

エベレスト街道トレッキング

2週間かけてエベレスト街道トレッキングを経験した宮川さんが無事に帰ってきたと報告に来店した。天候に恵まれず、少し高山病に悩まされたが、エベレスト・ビュー・ホテルからみるエベレストは結構遠くにみえたそうだ。少し落ち着いたらヒマラヤの話を聞こうと思っているし、ホームページの写真もエベレスト特集になりそうだ。
写真はエベレスト(8848m)(左)とローツェ(8516m)(右)

2014年3月29日土曜日

「日本シェーグレン症候群患者の会」

これまでは「シェーグレンの会」だったが、会の運営のため「NPOシェーグレンの会」となり、患者会の名称が変わった。わたしはここ数年は取材のため東京日本橋の会場へ日帰りとなっている。金沢で行われていた時は数十人の参加者だったが、さすが東京、150人ほどの参加者で盛会だった。
シェーグレン症候群は中年以上の女性に多発し、目や口の乾燥症状をはじめとする全身疾患だがまだ根治治療法のない難病、しかし直接死に関わる疾患でないので国の支援は少なく認知度も低い。ホームページや会報の作成で少しでも患者さんのお役に立てればと思っている。

2014年3月28日金曜日

「スマートデータリンク Mobizen」

ドコモはLTEやWi-Fi経由でPCとスマホでファイル転送できる「Mobizen」のベータ版を27日から提供した。新しモン好きのわたしは昨日さっそくダウンロードしたが、バグでスマホを認識できなかった。
今日は改善されてうまくいった。写真はMacでわたしのスマホを呼び出したところ。これならたしかにスマホを忘れてもリモートでコントロールできることになるようだ。わかりやすい説明はこちらから

2014年3月27日木曜日

少し静かになった

この2日ほど赤ちゃんが夜中に泣くことが少なくなり、そのために目が覚めることがなく助かっている。
朝の慌ただしい中、娘やカミさんが食事や洗濯をしている間だけ、わたしの膝の上でダッコさせられているが、ジッと見つめられることがあるので調べてみたら、新生児の視力は0.01~0.02ほどで3か月ころに何となく形が認識できるとのこと。まだ見えていないのか〜。
ところで周りで孫の写真をスマホやケータイの待ち受けにしている方がいるが、わたしはまだその気にはなれない。

2014年3月26日水曜日

とりあえず種イモ購入

この週末は「シェーグレンの会」総会の取材で東京日帰り。その後は店の棚卸と消費税アップのセットがあるので、来週まで畑仕事はできないが、売り切れると困るのでジャガイモ(ダンシャク、キタアカリ各5kg)を購入した。今年から出荷しないので量は多いが、ジャガイモは日持ちするので大丈夫。
本来なら4時に起きて畑へ出かけることはできるが、どうも身体が重くて(実際に太った)難儀だ。

2014年3月25日火曜日

「隠蔽捜査」最終回

毎週月曜日20時からの放送だが仕事が20時までなので、録画して観ることにしていた。原作は最初の1話だけ読んだので、ストーリーのスピードと、東大卒のキャリアには見えない風貌の主人公に違和感を感じていたが、何回か観ていると慣れるものだ。勧善懲悪の警察ドラマで面白かった。

2014年3月24日月曜日

朝食はパンが多くなった

わたしと母親が酒飲みで夜は御飯を食べないので、我が家は朝は御飯とみそ汁が定番。ところが孫が生まれてから1か月あまりだが、早朝に泣くとこが多いので娘とカミさんは睡眠不足で疲労困憊。
従って朝食は簡単に準備できるパンが多くなったがこれは仕方がない。わたしも泣き声を聞くと一瞬目覚めるが、すぐに夢の続きに戻っているようだ。

2014年3月23日日曜日

開高 健 電子全集1 闇三部作 [Kindle版]

ナンシー関は半日で読み終えた。独特の観察眼は素晴らしく、長生きしてほしかった人材だとつくづく思う。
今日の日替わりセールは開高 健「闇三部作」。
小学館のHPには「2013年に芥川賞作家・開高健氏の電子書籍全集「開高健 電子全集 全20巻 各巻1000円」の配信を開始した」とあった。そのうちの第1巻だけがアマゾンで半額で提供されたので買わないわけにはゆかぬ、しかも氏の代表作だ。
電子書籍リーダーを持っているがゆえの特典だが、ついクリックしてしまうのが難点だが仕方がない。499円

2014年3月22日土曜日

お宝発掘!ナンシー関 [Kindle版]

今日のKindleストアの日替わりセールで思わずクリックしてしまった。内容紹介の欄では「今なおその早世を惜しむ声が多い伝説のコラムニスト・消しゴム版画家の単行本未収録原稿を多数発掘、ファン垂涎の新刊単行本。もちろん消しゴム版画も合わせて掲載。ナンシー関がいた20世紀末をもう一度振り返る」とあった。
彼女の本は何冊か文庫本でもっていて、このブログでも紹介したことがあるが、これが最後の単行本初収録コラム集とあっては読まぬわけにはいかぬ。しかし見栄のため本箱の司馬遼太郎や村上春樹の文庫本の裏に隠してあるが、電子書籍なのでその心配が不要なところもよい。399円

2014年3月21日金曜日

暑さ寒さも彼岸までというが

今朝、墓参りに出かけたが、かなり寒く風が冷たかった。去年は20日にジャガイモを植えつけたが、今年はかなり遅れそうだ。
ところで「STAP細胞」の小保方さんに対する週刊誌の記事がヒドイ。文春はまるで色仕掛けで論文を仕上げたような書きかたで、これこそ捏造記事ではないかと思う。

2014年3月20日木曜日

国際通話も安いようだ

といってもあまり使うことはないが、コールクレジット(iOSとAndroidのLINEアプリ内からもしくはLINEウェブストアでチャージする)を使うようだ。どこにいても海外から日本へかける場合(固定╱携帯=3円╱14円)なのでかなり安い。
しかし使いにくいこともある。昨日のドコモでの番号通知と折り返し通話の対応と、まだ理解が足りないのかもしれないがスマホの電話帳をマニュアルどおりやっても使えないのでもう少し勉強だ。

2014年3月19日水曜日

「LINE電話」さっそく使ってみた

ドコモにだけ困ったことがあった。それは着信時、相手に番号や名前が出ず、「通知不可能」と出ることだ。これだと電話に出てくれない場合があるだろう。auとsoftbankはキチンと表示されるようだ。
しかし安いに越したことはないので、Xiカケ・ホーダイ(相手がXi、FOMA問わず、ドコモご契約への通話が、定額667円になる)を解約し、固定+携帯「30日プラン固定と携帯で60分(390円)」を購入した。

2014年3月18日火曜日

「LINE電話」はじまる

3月17日、無料通話・メッセージアプリ「LINE(ライン)」において、国内外の固定電話やフィーチャーフォンと通話できる新機能「LINE電話」をAndroidスマートフォン向けに公開した。アプリを最新バージョンにすることで利用できる。初期費用や月額料金などは発生せず、通話料金のみで利用できる。通話料金は、日本の固定電話への通話が1分2円から、フィーチャーフォンへの通話が1分6.5円から。また海外への発信でも、たとえば米国や中国への通話は1分2円(固定・携帯)と低価格。とCNETニュース。
今までのIP電話は場所により通話品質がかなり悪かったが、LINEは各国のプレミアム回線を利用し、OSや端末ごとに音質をチューニングをすることで通話品質を安定させるそうだ。待っていたサービスなのでさっそく導入する。

2014年3月17日月曜日

探蕎会「敬蔵」

探蕎会今年最初の行事は野々市の「敬蔵」、12名の参加者で会費は2000円で行われた。
探蕎会にとって「敬蔵」はお馴染みだが、平日のお昼は混むので手間のかからないものでお願いした。焼き味噌と5種盛り旬菜、もりそば、デザートというコース。運転手なのでお酒は飲めないが、修行を積んでいるので何とも思わない。暖かくて天気もよく十分満足した。

2014年3月16日日曜日

一日だけの地方会

今日は地方会で朝から夕方まで会場でわたし一人で書籍展示。昨夜は二女のご主人とワインを2本空けたのでチョット酒が残っており、しかもあまり売れない学会だが受付のすぐ横なのでサボるわけにもいかず、時間の経過を堪えた。店に戻ると閉店時間だったのでブログを書く気力もなく帰宅した次第。

2014年3月15日土曜日

上司の責任は

小保方さんの上司で副センター長の笹井芳樹さんはES細胞で有名な学者で数々の賞を受賞されている。「細胞外部からの強烈な刺激に細胞を晒すことで、細胞の分化の記憶を消し去り、新たな多能性細胞を生み出せることを示した本研究は、決して誇張ではなく、発生生物学の歴史を塗り変える大きな革新をもたらすだろう」との発言がネット上で再現されている。発生学の真実は意外にシンプルなものなんだなあと感心したものだった。
理研の方々も笹井さんが言うくらいだからと安心していたのではないだろうか。ということで上司の責任は重い。小保方さんの学位論文の下書き云々についてはどちらかがウソをついているのですぐに結論がでるだろう。

2014年3月14日金曜日

歯切れの悪い会見だ

途中からだが今、ニコ生の理研の中間報告の中継をみているが、壇上に上がった方々は自分の立場を擁護することに注意を払っていることがミエミエで、たぶん結論はほぼ分かっているのにまだ発表する機会ではないと考えているように感じる。もう2時間半が経過している。結局2時から始まって6時過ぎにようやく終わった。
所長の野依さんの顔は終始真っ赤だった。氏の学問に関する提言にはいつも敬服しているので今回の不祥事はかなりこたえているに違いない。

2014年3月13日木曜日

東芝技術流出、提携先元技術者の男を逮捕

朝刊では逮捕状となっていたが、先ほどのネットニュースでは逮捕となっっていた。韓国のサムスンが大きくなったのは日本の技術者を高給でヘッドハンティングし、技術を習得したからだということはよく聞く話だ。先日読んだ「呆韓論」にこれでもまだあの国につき合いますか?と書かれており、日本人にとって「嫌韓」に火を注ぐような内容のオンパレードだった。
しかし技術を提供したらお払い箱になることはわかっていただろうから、よほど会社に恨みを持っていたのだろう。

2014年3月12日水曜日

小保方さん絶体絶命か

朝日新聞のネットニュースで「普通の論文では本文で文献を参照した箇所に(1)などの番号を添えるが、図を除いて5ページある第3章の本文にはこのような番号はつけられていない。このため、意味不明な参考文献リストになっている。」とあった。
わたしは出版やプレゼンで引用箇所がおかしいものは著者に必ず質問することにしている。研究の内容はともかく、参考文献の引用がない論文が通るはずはないと思うのだが、不思議なことがあるものだ。

2014年3月11日火曜日

白山がくっきり

今日は晴れで風もPM2.5の注意報もないので白山が白く輝いていた。
そろそろ野菜作りの準備にとりかかるが、記録を調べると去年は22日にジャガイモを植えていた。「しずく農園」はA君の逝去で解散したのでJAへ出荷はしないので、今年から作付量を見直す必要がでてきた。

2014年3月10日月曜日

春の雪

にしては結構積もった。久しぶりに雪すかしをしたので疲れた。今日は孫の「聡子」の健診で富山へ行く予定だったが、雪のため木曜日に延期してもらったそうだ。
そういえば三島由紀夫の「春の雪」のヒロインは聡子だったことを思い出した。

2014年3月9日日曜日

初川の字

昨日は娘の旦那さんが始めて赤ちゃんと川の字で一夜を過ごしたが、昨夜に限って1時間おきに泣いて大変だったようだ。
風呂好きだと聞いていたので朝食後、湯涌温泉の総湯に連れて行き、わたしはその後仕事に行ったが、彼は帰ってからバタンキューだったらしい。子煩悩だがこれから大変だ。

2014年3月8日土曜日

初ダッコ

2月15日に孫が生まれてから、横で顔をのぞき込んだことはあるが、壊れそうなのでダッコは避けていた。今朝はあまりに泣くので部屋をのぞいたらちょうどカミさんがオムツを交換したところで、始めて抱かされた。わずか1分ほどだったが結構手足を動かすのですぐに戻した。
赤ちゃんの泣き声には出産しないオスも敏感に反応するのはどうしてだろう。

2014年3月7日金曜日

佐村河内の謝罪会見

ニコ生で中継があることとを知り途中からみたが、髪を切りヒゲを剃り、別人のようになっていた。2時間半にわたる長い会見だったが、質問はクラシックや医学の知識のない記者たちが大半で、週刊誌などの記事の整合性を質問するものばかり、あまりのレベルの低さにイライラしながら結局最後までみてしまった。発表によればなんと40万人もの方がニコ生をみていたそうだ。

2014年3月6日木曜日

明日は雪マーク

今日は啓蟄だが夕方から雪が交じってきた。予報では明日は雪マーク、今年の冬はずいぶん楽をさせてもらったがすんなりと春とはいかないようだ。
少し前から花粉症になり、薬を飲んでいるので日中眠気のためソファで休むことが多くなった。

2014年3月5日水曜日

結局勘ナビに

オートバックスへカーナビのチェックにいったが、オデッセイの純正ナビは他のナビに入れ替えできないといわれ、念のためディーラーに問い合わせるとその通りだった。要するに特殊な設計になっているので大工事になるらしい。
ナビは壊れたままなので、ときどきスマホのナビを利用していたが使いにくいのでこれからは勘ナビで走るしかないようだ。
新しい概念のカーナビを切実に望む。

2014年3月4日火曜日

カーナビはちょっと待ちか?

今乗っているオデッセイは今年で11年目、走行距離10万キロを超えており4月に車検だが、歩いて通勤していることもあり、カミさんや娘から壊れるまで乗れとの指示なのでせめてカーナビだけ新しくしようと思っていた。
そんな折り、昨日アップルからiPhoneを車で使う「CarPlay」の発表があった。iPhoneは使っていないが、グーグルもアンドロイド用に同じようになものを開発中で、新しい概念のカーナビが出現しそうなのでしばらく様子をみることにした。

2014年3月3日月曜日

親戚の葬儀に参列

この2日間89歳で亡くなった叔母の葬儀に参列した。最近は親戚といえどもお付き合いが希薄になり、こういう時でないと会えない方が多くなった。先月カミさんの実家の葬儀に出たばかり、同じ浄土真宗とはいえ新潟と金沢ではずいぶんしきたりが違うものだ。
父の兄弟は4人で3人は家を2回建てたほどバイタリティーがあったが、わたしは中古住宅を1軒なので、残念ながら空回りのバイタリティーだったようだ。ご冥福を祈る。

2014年3月2日日曜日

「利休にたずねよ」山本兼一(Kindle版)


本も映画もよかったという方のススメでとりあえずKindle版があったので読んでみた。山本兼一氏の訃報に接したからでもあった。切腹の当日から時をさかのぼり、当時の歴史上の人物を多く登場させ、数々のエピソードで利休の美学を探る形で描かれるが、若いころから女好きの面があったことが(やはり色好みの秀吉はお見通しだった)彼の茶道に大きく作用していたようだ。
映画は市川海老蔵の主演なので70歳まで生きた利休を演ずるには少し若すぎるような気がするがDVDがでたら観ようと思う。

2014年3月1日土曜日

LINE電話

これまではLINEユーザー同士で無料通話ができたが、LINE電話でLINEユーザーでない相手にもかけることができるサービスが始まるようだ。ケータイやスマホへは1分6.5円、固定電話への通話料が1分2円と格安。通話料節約のため050も試したが、電話番号が変わるため不審に思われて出てくれないことが多かったので、これで解決。LINEはますます進歩しているようだ。