2013年3月31日日曜日

エンドウ支柱完成


今朝は小雨、しかも気温が低く手がかじかんだがエンドウ支柱を完成させた。これからネットに絡みついて成長していくが、大きくなると支柱を補強しないと強風で倒れる恐れがある。エンドウの手前はソラマメでこれは何もしなくても育つ。左の畝はタマネギ。午後から仕事。

2013年3月30日土曜日

クラリチンが合うようだ

去年は花粉症の症状が軽く、薬の世話にならなかったが、今年は我慢できず、残っていたクラリチンを服用したが、なくなったのでカミさんのアレロックを数回服用し眠気で仕事に支障を来した。昨夜からクラリチンに代えたので、ようやく眠気もおきず普段どおりになった。鼻水の効果はアレロックより弱い気がするが何より1錠╱日で効果が持続する。効果は個人差があるようだが、わたしにはクラリチンが合うようだ。なんだかシオノギさんの宣伝になってしまった。

2013年3月29日金曜日

作業は中止

エンドウの支柱立ての作業を始めようとしたときから雨が強くなり、しばらくハウス内で待機したが上がる気配がないので日曜日まで延期とした。話は変わるが我が家ではわたし(鼻水)とカミさん(目のかゆみと鼻水)が花粉症でそれぞれ第二世代抗ヒスタミン薬のクラリチンとアレロックを服用している。私の分がなくなったので、カミさんのアレロックを飲んでみたが、かなり眠気が強く車の運転には気を遣うので、またクラリチンの処方をお願いした。

2013年3月28日木曜日

エンドウ支柱立て

エンドウは露地の35mの畝に2条植えなので、家庭菜園のレベルを超えている。180cmの杭を30本合掌に組んでみたが、河北潟は風の強いところなのでかなり補強しないと倒れる可能性があるので明日も作業となる。とれたてのエンドウの旨さを存分に味わうための努力は惜しまない。

2013年3月27日水曜日

チラシは重要

新聞のスーパーのチラシは必ず野菜の価格をチェックする癖がついたが、ホームセンターの農作業関係のチラシも注目するようになった。野菜の種も店頭にないものはネットで検索して注文するなど、野菜関係の情報には敏感になった。ハウスのおかげで冬野菜はなんとかうまくいった。春・夏野菜はライバルが多くなるがハウスの特色を生かして臨みたい。

2013年3月26日火曜日

4時から6時

ハウスに出かけるときは4時起きだが、木曜日までお休みなので6時起きとしているが、やはり4時ころに目が覚める習慣なのでどうも落ち着かない。4時に起きて朝食まで本でも読めばいいのだが、この時期の夜明け前はまだ寒いのでなかなかベッドからでられない。そこで考えた。Kindle Paperwhiteなら軽いので寝たままでも読むことが出来る。晩酌が終わるとすぐに寝るので読書の時間が少なくなるが、早朝なら頭がスッキリしているので、これからそうしようと思う。そういえばS君も早朝に勉強していることを思い出した。

2013年3月25日月曜日

ヨハネスランゲの躁うつ病論

いよいよ明日標題の書籍が出来上がる。実物をみるまでは落ち着かないがここまでくればまな板の上のなんとかだ。発行部数はわずか500部だが、1928年(昭和3年)にドイツで発行された書籍が、英訳も出ないのに日本語訳が出たことに感慨を覚える。

2013年3月24日日曜日

早朝は1℃

3月半ば過ぎというのに車のフロントガラスは真っ白。最高気温が15℃の予報だったので、シャツとベストだけで出かけたため、震えながらの出発となった。ハウスでは水菜の最後の収穫をして、ほがらか村へ出荷。葉物野菜がグンと増えいよいよ春本番というところ。午後から仕事。ハウスは木曜日までお休み。

2013年3月23日土曜日

水菜とラディッシュ出荷

ラディッシュは最後のもの、水菜も明日で収穫は終了。これからは春野菜の準備でハウス内の整理にとりかかることになるが、仕事の合間に作業するので段取りがなかなか難しい。

2013年3月22日金曜日

ジャガイモ植えつけ

河北潟はネズミがいるので、ジャガイモは不適といわれたが、この季節どうしてもジャガイモは植えたいと思っていたらある方の手配で白山市の畑を紹介してもらったので、M君と二人で早朝から10mの畝を5本立て、9kgのダンシャクと1kgのキタアカリを植えた。スペースはまだあるので、残りはエダマメとインゲンを植える予定。朝から天気が良く日焼けしてしまった。午後から仕事。

2013年3月21日木曜日

団塊の世代が農業に参入

と朝のTV。もっとも家庭菜園の話だが、年間60万円払ってしかも都内から2時間かけて小屋付きの農地を借りるのが流行っており競争がはげしいとのことだが、畑仕事をやっているうちにもう少し頑張ってやってみたいと思う方が必ず出てくるだろう。野菜は鮮度が命なので基本的には地産地消。したがったTPPなんかは関係ない。どんな形にせよ積極的に農業に参入して頑張ろうとする方にこそ国は援助をすべきだと思う。

2013年3月20日水曜日

追肥

午前中にタマネギ、エンドウ、ソラマメ、ニンニクに追肥を施し、エンドウの寒冷紗を外した。厳しい冬を乗り切ったのは8割ほどだが、これから暖かくなればグングン成長するので楽しみだ。午後から仕事。

2013年3月19日火曜日

探蕎会「亀屋」


参加者11名で白尾の「亀屋」さんへ。塚野さんのご尽力でお酒持ち込み可となったので「鄙願」を2本を持参した。午後1時からの貸し切りとしていただいたので心置きなく楽しめたが、端麗な「鄙願」にあう蕎麦は二八とは思えないくらい香りが立ったそばで満足のいくものだった。角の立った蕎麦は県内でNo.1のできだったので、定例会にしたいとの声が上がったが当然と思われた。

2013年3月18日月曜日

「ウネ立て名人になる」


現代農業4月号の特集だ。この雑誌は畑仕事を始めてから特集をみて時々購入している。稲作や畜産は興味がないので読まないが、野菜やハウスの管理などの記事は参考になることが多い。以前に灌水を容易にするために畝をM字型にするとよいという記事を読んだが、ここでも同じことが書いてあった。しかしウネ立ての話より、後半の新規就農や後継者育成の記事のほうが切実な問題として大変参考になった。
しかし写真のサイズや挿入場所の指定ができなくなったのは早く何とかしていただきたい。

2013年3月17日日曜日

今日は学会展示

100名あまりの小さな地方会だが、書籍展示に出かけ今帰ったところ。売上は少ないが書店の宣伝だと思っている。ところで昨日のほがらか村は結局完売、学会場でスマホのメールで確認した。ありがとうございました。

2013年3月16日土曜日

これでしばらく出荷はなし

今朝は9時過ぎにラディッシュと水菜を各一袋100円で出荷した。春になり青物が順調に入荷しているので競争が激しくなってきたが、午後2時の時点ですでに残りはラディッシュ2、水菜1となっている。自分はいくらなら買うかという消費者目線を忘れないことが重要。春野菜の準備のためこれでしばらく出荷はなし。午後から仕事。

2013年3月15日金曜日

明日はハウス

日曜日に仕事が入ったので土曜日にハウス。ラディッシュ、水菜、ほうれん草、カブの収穫と出荷作業の予定。キュウリやトマトの苗がいつごろか確認すると4月中旬とのこと。それまでにハウスの準備を終わらせる段取りをたてなくては。いい天気になった。 ところでマイクロソフトのタブレット端末「Surface」が発売になった。ワード、エクセル、パワーポイントをおもに使っている方には朗報だろうが、わたしは興味なし。

2013年3月14日木曜日

気温の話ばかりで恐縮だが

今日の予想最高気温は6℃で昨日より16℃マイナス。ちらほら小雪も舞いだした。野菜栽培を始めてから天気、とくに気温には敏感になる。野菜の中でも、ほうれん草、コマツナなどの軟弱野菜は収穫してから急速に品質が落ちるので、その日の朝にとれたものをすぐに出荷するので、暖かくなると毎日気温に注意しながらの作業となる。そろそろ春野菜の準備で忙しくなりそうだ。

2013年3月13日水曜日

春三番か

朝から20℃を超え風が強い。A君宅で軽トラのタイヤ交換と泥だらけの室内清掃をした。今年の冬は軽トラのおかげでハウス作業はずいぶん助けられたので念入りに清掃をした。しかしとにかく暑く作業は大変だった。

2013年3月12日火曜日

ハウス内は45℃

日中の最高気温は15℃なので、お昼のハウス内は45℃まで上がった。ぐったりしている野菜にしっかりせよと水をやり今週末の収穫に備えた。一気に春本番となった。

2013年3月11日月曜日

今朝は1℃

朝はうっすら雪が積もっていたが晴れで気持ちがいい。今週から最高気温が10℃を超える日が多くなるので、ハウスを耕耘して春野菜の準備など、農作業や野菜の管理の効率が上がるだろう。といっても金曜日からの作業となる。

2013年3月10日日曜日

早朝で20℃

朝ハウスへ出かけたが風が生暖かく気温をみたら20℃もあった。これから日中にかけて気温は下がり続けるようだ。今日は最後のほうれん草とラディッシュを出荷した。ハウス内は水菜とラディッシュくらいしか残っていないので、これから春野菜の準備のためしばらく収穫はできなくなりそう。

2013年3月9日土曜日

今日は学会会場へ

ANAホテルのプログラムは2時半で終了だったせいか、愛想の悪いわたしが応対したせいか、その両方のせいか、昨日より売上がガクンと落ちてしまった。売れないときはかえって疲れるものだが、仕方がない。 

2013年3月8日金曜日

今日は店番

今日夕方締切の校正の仕事が残っているので学会場へは行かず、BGMもかけずに没頭しているが、ようやくゴールが見えてきたところ。何とか完成させて楽になりたい。

2013年3月7日木曜日

午後から搬入

朝からポスターの校正、昼もポスターの予約が入っている。午後からは明日から開催される「第35回日本造血細胞移植学会総会」の書籍搬入でANAホテルへ。その間時間を見つけて今週締切の書籍の最終校正もあり結構忙しい。帰宅してもお酒を飲むので仕事にならず、朝は8時前に出勤して校正にとりかかるが、すぐに開店時間となってしまうのが残念。

2013年3月6日水曜日

アップルが少しずつ遅れだした?

今朝のCNETで「アップル、日本向けに電子書籍の販売を開始--iOSアプリ「iBooks」で」の記事。電子書籍はすでにアマゾンなどが先行しており、7インチタブレット(iPad mini)も他社の後追いとなっている。アップルは革新的なイノベーションが売りだったのに、このところパッとしない。iWatchやiPhone 5S、新iPadのうわさもあり、iWatchがどんなものになるか関心があるが「革新的な」ものになるのかどうかわからない。どうも少しずつ遅れだしたような気がする。

2013年3月5日火曜日

結局マニュアルのお世話に

前のスマホ、GALAXY SはAndroid OS 2.3、今度のAQUOS PHONE ZETAは4.0なので、わからないことがいくつか出てきた。仕方なくマニュアルを購入したが、スマホは購入してから1か月くらいでものになるかどうか決まるように思う(PCも同じだが)。ならば時間をかけずに一定のレベルに到達するにはマニュアルのお世話になるしかない。しかし実際に読んでみると必要な箇所は数ページだけだった(当たり前かも知れないがMacとの関係があまり書かれていない)。それでも余分な時間と手間をかけずに済んだ。そしてもうドコモからiPhoneの発売を待つこともないかなとの印象をもった。

2013年3月4日月曜日

またもや完売でした

ほがらか村から2時間おきにメールで売上状況を知らせてくるが、16時のデータがこなかったので少し不安になったが、18時過ぎに届いた最終メールでは白菜が1個残った模様。返品は翌日午後3時までに取りに行かないと処分されることになっている。ところが今朝の確定売上のメールでは1個追加になっており完売だった。Nさんはじめ皆様ありがとうございました。

2013年3月3日日曜日

白菜は終了

10月2日に種まきした白菜はとうとう黄色い花が咲いたものが出だしたが、花をみるとアブラナ科であることがわかる。今日は6時半から収穫作業、白菜46個とほうれん草8袋をほがらか村野田店に出荷。ハウスにはまだ白菜が20個くらい残っているが、出荷はこれで終わりとする。探蕎会のNさんのブログを拝見すると白菜とほうれん草を買っていただいたようだ。新鮮なので甘みがありますよ。ありがとうございました。午後から仕事。

2013年3月2日土曜日

プレゼン作成

あさからポスター2題の作成でお昼にようやく完成し、PDFファイルの校正を送った。あとは昨日買った『どうせ死ぬなら「がん」がいい』の続きを読む予定。去年の10月に新書で発売されたが、まだ電子化はされていないようだ。中村仁一氏と近藤誠氏の対談はまことに切れ味が鋭く面白い。

2013年3月1日金曜日

冬季栽培講習会

ほがらか村産直会員を対象とした講習会にM君と初めて参加した。場所は崎浦店なのですぐ近く。講師は檜垣さんというJAのかた、話術は得意のようで2時間があっという間に過ぎた。プロと家庭菜園の違いを示しながらの話は参考になり、肥料、整枝の仕方、病気、連作障害などについてとくに常識の間違いを指摘していただいた。年に数回開催されているようなので次は質問を用意して参加したい。