2013年2月28日木曜日

残念なことがひとつ

7席しかない狭い店内なのに禁煙ではなかったことだ。T君の隣の常連らしいカップルがタバコを吸いながら白ワインを飲んでおり、T君がやんわり注意したが、気にする様子はまったくなかった。幸い、ワシらのほうが早く食べ終わったのでそれ以上イヤな思いをせずにすんだ。小津安二郎の映画の酒場のシーンでは紫煙でスクリーンがかすんでみえるほどだったが、平成の世ではせめて周りに断ってからにするエチケットがあって当然だと思う。

2013年2月27日水曜日

「酒菜 きく家」

雑誌「金澤」1月号の特集「寿司の名店、新時代」で高校の同級生の「太平寿し」や近所の万取り、いや「千取り」などの有名店に混じって載っていて、安くてウマイという記事を読むと行ってみたくなり7席しかないので予約を入れてT君と新天地の奥にある昭和の猥雑な雰囲気漂う狭い露地の中央味食街へ出かけた。おまかせで頼んであったので、大皿の刺身盛り合わせ、マグロの中落ちのユッケ、出来たてのばい貝の煮物と、食べるスピードに合わせて一貫ずつでてくるにぎり15貫(その都度本わさびをすり、ネタはていねいな仕事がしてある)と、生ビールと冷酒1合(T君)、生ビールと芋焼酎「古秘」ロック4杯(絶対ワリカン負けしないわたし)で一人7千円。ところで横浜出身の店主はギッチョだが(ギッチョといえば「すきやばし次郎」が有名、高いのでいったことはないが)、手さばきはよく、まだ若くこれからが楽しみな店である。

2013年2月26日火曜日

大判プリンタまたもやトラブル

今月に入って2度目、どうやらプリンタヘッドの故障らしい。プリンタには2個のヘッドがあり1つ3万円以上する。購入してから1年チョットなので納得がいかないが仕方がない。大判プリンタはインクも用紙も高いので、メンテナンスにこれ以上費用がかかると頭が痛い。

2013年2月25日月曜日

白菜完売

白菜はこれまで一度に30個出荷したことはあるが40個は初めて。売れ残るか心配だったが完売だった。どこのどちら様か存じませんがありがとうございました。ところで「ほがらか村」で40個分のバーコードシールをプリントアウトして白菜に貼ったが1枚残ってしまった。10時半頃の出荷だったので、すでに入店している買い物客の邪魔をしないように気をつけて作業していたので貼り忘れがでたようだ。お客さんの前で山積みの白菜をひっくり返して調べるわけにも行かず、レジの方に余ったシールを預けてきたが、ちゃんと処理してくれたようだ。こちらも感謝。

2013年2月24日日曜日

白菜出荷

朝7時から収穫し、1週間ぶりに白菜を40個「ほがらか村野田店」に出荷した。茨城産が320円だったので250円とした。新鮮さと安さで勝負。百姓と本屋は重労働で休みなしなどの共通点があるので「大変でしょう」といわれてもピンとこない。午後から仕事。

2013年2月23日土曜日

学会の後始末

書籍の発送、返品作業など学会終了後の後始末が実は大変で結構時間がかかる。久しぶりに書籍の搬入・搬出をやったので腰が痛い。おまけに国際学会のポスター作成の仕事も入った。さあがんばろう。

2013年2月22日金曜日

忙しかった。

朝刊で第28回日本静脈経腸栄養学会学術集会in金沢の記事が載っていたが、ウチは2人とも目が回るほど忙しく、立ちっぱで飲まず食わずでの応対だったようだ。冬はお店の来店客も少ないのでこの時期の売上はありがたい。店は今日もヒマ。

2013年2月21日木曜日

第28回日本静脈経腸栄養学会学術集会in金沢

今日明日と2日間の開催。7000人くらいの参加者というから大きな学会に入る。したがって書籍展示も6か所と過去最大となり、わたしどもは日航の3階で昨日午後に搬入を済ませた。参加人数が多いので老眼鏡に頼らないとレジが打てないわたしは、例によって搬入・搬出の力仕事と店番となった。ところで学会のタイトルだが、”in”は大都会などの広い場所をさすので、金沢の場合”at”のほうが適していると思うのだが。

2013年2月20日水曜日

名刺の読み取りは便利

スマホをドコモのSH-02Eにしてから4日目だが、すでに50くらいのアプリをダウンロードして使っている。なかでもメーカーのシャープがプリインストールしてある名刺の読み取りアプリには感心した。QRコードやバーコードの読み取りはよく利用するが名刺は初めて。名前(フリガナも自動で入力)、住所、勤務先、電話番号、FAX、メールアドレスなどの読み取りミスがまったくなく(カメラの画素数が1630万も関係しているかも)、アドレス帳に取り込んでくれる。さっそくこれで電話帳の整理をしなければ。

2013年2月19日火曜日

今日は快調

昨夜は晩酌を少なくし、すぐに寝たので今朝は調子が戻った。しかし今日は母親の86回目の誕生日で飲む理由ができたので、酒飲みとしては心置きなく杯を重ねることができる。

2013年2月18日月曜日

閉店時間まで爆睡

昨日は4時半にブログを更新してから閉店の6時まで店のソファで爆睡だったらしい。総会はお酒の滅法強い方々と同じテーブルで熱燗をぐいぐい飲んでいたので、焼酎派のわたしは気分的に押され気味。しかし負けずに飲んだので、総会が無事終了してからドッと疲れが出たようだ。しかし家に帰りまた焼酎で晩酌したので、昨日は結局どれだけ飲んだやら。ところで昨日の写真はサイズや入れる場所の選択ができず、酔っ払っているせいと思っていたが、今みてみるとやはり選択できないようだ。どうなっているのだろう。

2013年2月17日日曜日

2013年探蕎会総会

総会は24名の参加で金沢スカイホテル「トップオブカナザワ」で開催された。特別講演は早川純一郎先生の「幕末金沢のそば屋を梅田日記に探る」 で金沢は決してうどん文化圏ではなかったのではとの講演は大変参考になった。これは貴重なデータであると思うので更なる検証が必要と思います。今年の総会は会員からの発言が多く有意義な総会になったことは喜ばしい。

2013年2月16日土曜日

スマホが不調

ドコモショップでみてもらったが動作の不安定は解決せず。ちょうど2日間セールをやっているとのことで1万円引きの冬モデルAQUOS PHONE ZETAに機種変した。スマホを使いこなすのはPCより難しいので慣れるまでが大変だ。「ほがらか村」に出荷した白菜は完売でした。

2013年2月15日金曜日

「ブラックジャックによろしく」が全巻無料ダウンロード

佐藤秀峰氏の漫画13巻が全部無料でダウンロードできることを知りさっそくトライした。いろんな方法があるようだがわたしはBookLiveで会員登録し(無料)、BookLive!Reader(無料)をダウンロードした。ただしここではWindows PC、Android、iPhone/iPad/iPod touch、Windows Phone用でMac用は今のところないようだ。スマホで読みはじめたが、画面が小さすぎたので、15インチのノートPCに切り替えた。

2013年2月14日木曜日

大判プリンタ故障

昨夜、用紙交換しようとしたら、エラー表示がでて作業がストップ。今日の4時までに納品しなければならないポスターの出力ができなくなった。朝イチにメーカーのサポートに連絡し、販売店がきてメンテナンスをおこない、今ようやくプリントまで漕ぎ着けた。最悪ヘッドの交換だったら、部品がなく間に合わなかったそうだ。「うまく行かなくなりうるものは何でも、うまく行かなくなる-しかも最悪のタイミングで」のマーフィーの法則は、なんとか免れた。

2013年2月13日水曜日

「花鳥風月の科学 」(中公文庫)

かたや松岡正剛の「花鳥風月の科学」は文庫本では436ページもあり、第1章「山」から「道」「神」「風」「鳥」「花」「仏」「時」「夢」「月」の10章が続く。ようやく2章の「道」に入ったところだが、氏の本は少し読むだけで眠くなるので、教養を深めるための修行と思わないと先へ進めない。これも文庫本だと1,150円だがKindle版で600円だったのが購入の決め手、しかしいつ読み終えるのだろうか。自信がない。

2013年2月12日火曜日

「椿山課長の七日間」(朝日文庫)

昨日ダウンロードしたが、面白くてもう読み終えてしまった。浅田次郎の作品はサービス精神が旺盛でつい引きずり込まれるが、読んでいると映画のシナリオのような気がしたので調べてみると、やはり映画とTVドラマになっていたが不覚にも覚えがなかった。ウィキペディアでキャストを調べてみると2006年公開の映画の主人公は西田敏行で、TVは船越英一郎どちらもありだと思った。文庫本だと630円だがKindleでは250円だったので飛びついたわけだが、250円で幸せな時間を過ごせた。

2013年2月11日月曜日

33冊で120MB

Kindle Paperwhiteを購入してからこれまでに33冊(うち有料は11冊)ダウンロードした(容量にして120MB) 。まだ途中までしか読んでいない作品が4冊ほどあるが、有料はすべて読了した。Kindle Paperwhiteのデータ使用可能容量は1.2GBほどあるので、まだ10%ほどしか使っていないことになる。グレースケールの表示なので容量が少なくて済むようだ。電子書籍の価格がせめて紙の半額ほどになれば爆発的に普及すると思うが、わが国では前途多難、またコンテンツが少なく、いくら端末の価格が安くなろうとも、このまま下火になる可能性もある。今日も何となくチェックしていて「花鳥風月の科学」(松岡正剛)、「椿山課長の七日間」(浅田次郎)をダウンロードしてしまった。両方とも半額以下だったのが決め手。

2013年2月10日日曜日

週一の出荷

寒いので野菜の成長が遅く、このところ週一の出荷が定着してしまった。今朝は白菜とレタスを出荷、カブ、ほうれん草は自家用とした。白菜はえんじょもんばかりで、地物はワシらだけとのことだった。果たしてどうなるか。午後から仕事。

2013年2月9日土曜日

スマホにしようか悩んでいるあなたに

ただし、わたしと同じ年代で老眼で細かい字が読めない方限定。スマホ1つで通話、メール、ネットを楽しむのは画面が小さくストレスを感じるので、今流行のアンドロイド7インチタブレット、中でもNEXUS 7(19,800円、クラウドにデータをおけるので16GBで十分)が一番のオススメ。そして有線のインターネット契約を解約してWiMAXを契約し、すべてWi-Fiの環境にするのが安くなる。そして通話は今までどおりガラケーで。是非検討してみてください。MacユーザーのわたしでもNEXUS 7には強い関心がある。

2013年2月8日金曜日

探蕎会総会の準備終了

17日に金沢スカイホテル18階「トップ・オブ・カナザワ」で開催される探蕎会総会の参加人数の確定(25名)と総会プログラムの作成が終了し、会長と司会の役員の方にメールで送信した。今年の講演は早川純一郎先生の「幕末金沢のそば屋を梅田日記に探る」で、パワーポイントでの発表となるのでプロジェクターと延長ケーブルの手配も準備完了、これで肩の荷が下りた。10日前までに終了したのは初めてかも。

2013年2月7日木曜日

河北潟にイオン直営農場

と今朝の地元紙。キャベツやブロッコリーなどを露地栽培し、耕作放棄地にビニールハウス10棟を設けて小松菜やホウレンソウを生産するらしい。いいことだと思う。ワシらが畑仕事をはじめたのは安全、安心で、とれたての野菜が食べたいとの気持ちからだ。出荷は考えになかったが、自家消費には余るのでハウスの借り賃や苗代、肥料代くらいにはなりそうだ。安定した出荷にはまだまだだが、経験と勉強で頑張っていきたい。

2013年2月6日水曜日

動画の編集をしていてブログのことを忘れていた。

午前中にポスター出力と配達を済ませ、午後から学会発表で使うためDVDから必要な部分を取り出してパワーポイントなどにはり付ける作業をやっていて今終了した(19時)。動画は専門用語が多いので、本屋が本屋へ行ってマニュアルを探したが適当なものがなく、ネットで情報をつぎはぎしながらようやく完成した。動画の編集はマシンのパワーがいるので、Intel Core i5のiMacでも動きがもどかしいので時間がかかってしまった。

2013年2月5日火曜日

探蕎会総会の準備

2月17日(日)金沢スカイホテルで開催されるが、月曜日から参加人数の確認、決算報告、総会プログラムの作成の準備にとりかかった。なんとか今週中にプログラムの作成を終わらせて楽になりたいものだ。といいながら気持ちは前向きだが、身体の反応がイマイチ。

2013年2月4日月曜日

レタスが大活躍

今年は食べにくい恵方巻をやめて手巻き寿司にした。そうなると大葉もいいがレタスが俄然存在感を示した。わたしは夕食では米類は食べないのが習慣だが、下の娘が帰ってきて久しぶりに5人となったのでこの日だけは別となった。

2013年2月3日日曜日

今日はハウスの整理

今日は出荷はしないで、収穫した野菜の残渣をかたづけたり、液肥をやったり、雑草取りなどの作業を午前中2時間ばかり。70坪のハウスでとれる野菜は自分たちで消費するには多く、出荷して採算をとるには少なく中途半端。しかし買って頂けると励みになるので頑張れるものだ。

2013年2月2日土曜日

朝6時で気温14℃

6時過ぎにハウスへ出かけたが、気温はすでに最高気温の予報の14℃に達していた。レタス、ほうれん草、白菜、カブ、ラディッシュを収穫。レタスとほうれん草は「ほがらか村」へ出荷した。2時で完売となりました。出荷は初めてなので栽培計画に見込み違いが生じ、タイムリーに出荷できないが、いい経験になっている。

2013年2月1日金曜日

判読不能

昨日急用で出かける準備をしているときに本の注文の電話を受けたが、メモだけして帰ってから処理しようと思った。2時間後に戻ったがメモの字が判読できず、今朝、恥ずかしながら確認の電話をした次第。正解は「看護師の臨床の知」、「看護現場学への招待」でした。