2012年9月30日日曜日

台風への備え

備えといってもハウスのサイドの通風用のビニールを降ろし、いつもは開けっ放しの入口を閉めるだけ。収穫まぢかのトウモロコシもハウス内にあるので風で倒伏する心配はない。もっともハウスごと飛ばされればおしまいだが。今日はキュウリ6袋、ミニキュウリ1袋、ラディッシュ5袋出荷。M君が先日、山で知り合った人にほがらか村野田店に野菜を出荷していることを話したそうだが、その人から10時ころに行ったがなかったと連絡を受け、11時ころほがらか村へチェックにいった帰りに店に寄った。今朝は8時半に出荷したので1時間ほどで売り切れたのだろう。ワシらの野菜の評判はいいようだ。

2012年9月29日土曜日

学会展示は不発

日本心血管インターベンション治療学会 第28回東海北陸地方会 地方会主催ライブデモンストレーションという長い名称だが、参加人数が少ないのが影響したのか売上はサッパリだったが、出展を志願したのだから仕方がない。こんなこともある。しかしガックリ。

2012年9月28日金曜日

今日は搬入だけ

学会は午後3時から始まったが、実際は明日がメインなので、本の搬入を済ませてから一人だけ会場の歌劇座に残して店まで本多の森を抜けて歩いた。9月も終わりというのにまだまだ暑い。

2012年9月27日木曜日

出荷せずと書いたが

今朝行くと手をかけた効果が急に現れたのかキュウリが30本ほどの収穫となったので、ラディッシュと最後のヤングコーンとともに出荷した。このように世話をするとそれなりに応えてくれるのが野菜づくりの愉しみだ。 ところで河北潟干拓地の地盤沈下が進んでいると朝刊で読んだが心配なことだ。

2012年9月26日水曜日

今週は出荷せず

キュウリの元気がないので整枝をしたり、液肥をやったり、殺菌剤を散布したりと調整に終始しているので、出荷するほどの数にならないので自家消費、トマトも同様。また金、土は学会展示なのでハウスには行けないので、M君にお任せとなる。

2012年9月25日火曜日

書店のHP

久しぶりにM君が山の写真を持ってきてくれたので、書店のトップページを山のスライドショーにした。山は見るだけの存在になってしまったのが残念だ。

2012年9月24日月曜日

トマト(桃太郎)初収穫

100本植えたが、病気で30本しか残っていない。病気がうつるのを防ぐため実がついたトマトも抜かなければならない。あと何本病気になるか気がかりだ。

2012年9月23日日曜日

第32回御山まつり

今年も御山まつりが店の前の石引広見で行われている。美大の軽音部からはじまったが、微妙にボーカルがズレていい曲が台無し、それが大音量で流れるので困る。もう少し練習してきて欲しい。

2012年9月22日土曜日

「日本アルプス大縦断」

昨夜のNHK「金とくスペシャル」はすごかった。海抜0mの富山湾から北、中央、南アルプスを経て駿河湾まで全長415kmを1週間で踏破する山岳レース。1着は5日間と数時間という想像を絶するタイムだった。レースの参加者は勿論だが、撮影クルーも大変だっただろう。録画してあったのでもう一度観てみたい。

2012年9月21日金曜日

キュウリうどんこ病に

これまで病気の予防対策として「元気丸」(ニンニク入りの木酢液、トウガラシ入りの焼酎、酢)の散布で頑張ってきたが、とうとううどんこ病にになってしまった。しかたないので昨日、M君にうどんこ病、べと病、斑点細菌病などに効く「カスミンボルドー」を散布してもらった。8月4日にキュウリを定植してから続けてきた無農薬栽培は残念ながら終了となった。

2012年9月20日木曜日

学会シーズン到来

9月に入り、学会用ポスター作成の依頼が増えてきた。作業はわたししか出来ないので、PCに向かう時間が長くなるが仕方がない。ハウスの作業はM君にお願いすることが多くなりそうだ。

2012年9月19日水曜日

ヤングコーン初出荷

秋トウモロコシは400本近くあり、ようやくヤングコーンがとれだした。今朝は50本ほど収穫し、キュウリと共に7パック出荷した。この時期に出すのはめずらしいそうだ。これまで「ほがらか村」に出荷した分はすべて完売。もっとも出荷量が少ないこともあるが、消費者の目線で価格を考えていることがポイントかも。

2012年9月18日火曜日

朝の虹

朝、駐車場に向かって歩いていたら西の空に虹がかかっていた。撮った場所は小立野小の解体現場なので色気はないがスマホのカメラでも割と雰囲気が出ていた。時間は5時40分。ハウスでキュウリを収穫し、ほがらか村に出してから店へ。ポスター2つの出力にとりかかったが、1つがなかなか手強く、11時から始めたのに4時ころにようやく完成。また一つ勉強になった。

2012年9月17日月曜日

日曜日のような月曜日

日曜まで学会展示、今日は祭日なので日曜日のようだ。朝は3日ぶりにハウスへ。M君とキュウリ、ヤングコーンを収穫し、キュウリはほがらか村へ出荷してから学会の後始末のために店へ。夕食はとれたてのヤングコーンを天ぷらにする予定。

2012年9月16日日曜日

学会最終日

最終日は撤収の作業があるのでわたしの出番。初日の売上は低調だったが、残り2日でなんとか最低目標に届いた。学会展示のため、今年は金沢ジャズストリートも楽しめなかったが、仕事が第一。

2012年9月15日土曜日

今日は店番

学会初日はヒマだったが椅子がないので一日中立ちっぱなしで疲れた。もっとも本が売れれば心地よい疲れになるのだが。今日は店番だが、本の常備入れ替えが2社届いており、のんびりはできない。

2012年9月14日金曜日

学会展示第1日

ハウスで初収穫となったヤングコーンを茹でて朝食に。柔らかくてほのかな甘味を感じる。生産者ならではの特権だ。今日はこれから日本心臓病学会の書籍展示でANAホテルへでかけるが、展示業者が5社もあるので売上はどうなるか。

2012年9月13日木曜日

効率を考えると…

野菜は出荷することを考えて栽培したわけではないので数が少ない。キュウリは毎日収穫となるので早朝ハウスへ往復し、ほがらか村へ出荷となる。作業にかかる時間は変わらないので、出荷数が多くないと効率が悪いが、今年はトレーニングと割り切ってやるしかない。

2012年9月12日水曜日

そば 蕎文

探蕎会後半行事第1回は高岡市にある「蕎文」へ10名でお邪魔した。高岡にはウマイそば屋がないと思っていたら、富山在住のM君からこの店を紹介された。場所は分かりにくく看板もない。高岡でといったら失礼になるが建物、設え、器、そして蕎麦は納得のいくもの。来週から新蕎麦だそうだが、管理が行き届いているせいかギャップは感じなかった。写真は「もりそば」

2012年9月11日火曜日

目覚ましいらず

毎朝3時ころに目が覚める。朝刊が来るのを待ちながら、ゆっくりと農作業ができるように身体の準備。目覚ましのセットは不要。4月の「シェーグレンの会」総会での日大医学部精神科 内山真先生の特別講演「睡眠と健康」によれば「加齢により体内時計は全般的に朝型化してくる。この傾向は男性でより強いことが報告されている。男性で高齢化とともに早朝覚醒の頻度が増す要因と考えられている」とあったので自然な傾向のようだ。今朝は雨、露地栽培なら二度寝だが、ハウスはそうはいかず、真っ暗の中を出かけた。

2012年9月10日月曜日

今週は忙しい

水曜日は探蕎会「蕎文」(高岡市)行き。金〜日曜日「日本心臓病学会」で書籍展示(ANAホテル)、そしてM君は明日から3日間山へ行く予定なので、ハウス作業はわたし一人となる。朝は早くても大丈夫だが、仕事が始まる時間までとなると水やりと収穫で手一杯となるがしかたがない。

2012年9月9日日曜日

またも完売

8時半にキュウリを並べたが、空いた場所が少なく苦労した。11時ころに包装用の袋を買いに行ったが、その時点ですでにキュウリの姿はなかった。スーパーの特売でキュウリが1本25円くらいで並ぶことがあるが、収穫してから時間が経っているので鮮度が落ちていることが多い。そこへいくとほがらか村の産直コーナーは当日限りの陳列なので新鮮な野菜が並ぶことを買い物客は知っているからなのだろう。野菜は鮮度が命。

2012年9月8日土曜日

今朝は6袋

朝刊は4時半ころに届くので、スーパーのチラシで野菜の値段をチェックしてから5時半にハウスへ。キュウリに液肥、ハクサイを70株定植した。収穫したミニ2袋、夏すずみ4袋を出荷してから店に着いたが、9時の開店時間に十分間に合った。土曜日で渋滞がなかったせいだろう。不思議なもので1回出荷の経験をしただけで、店内の様子を冷静に観察できるようになった。

2012年9月7日金曜日

完売か

今朝、ほがらか村野田店のバックヤードで返品を探していたが、なかなか見つからない。ひょっとして全部売れたのかも。もしそうだとしたらどこのどちら様か存じませんがお礼申し上げます。次は土曜日ですが、このところミニキュウリは収穫が少ないので出せるかどうか。

2012年9月6日木曜日

初出荷

ミニキュウリは5本しか植えていないので、2パックのみ、あまり馴染みがない方のためにポップを作った。定番の夏すずみは8パック。通勤ラッシュで渋滞なのでほがらか村本店を諦め、野田店に持ち込み、自分でラベルシールを打ち出し、産直コーナーに並べた。陳列は当日のみで、売れ残りはバックヤードに下げられる。まだ毎日出荷できるほど収穫できないので、サクラになって野田店で買うてくだせい。お願げーしますだ。

2012年9月5日水曜日

出荷までの経緯

ハウスのオーナーNさんがこれまでにかかった費用のうち苗代と肥料代ぐらい稼げるようにしたほうがいい。そのためには栽培面積が足りないので70坪のハウスをもう一棟と露地栽培用に70坪を貸していただけることになった。わたしは早朝と休みの日だけの作業なので、M君の負担が重くなるのが気がかりだが、今のところやる気充分のようだ。

2012年9月4日火曜日

「しずく農園」として登録

JAほがらか村にA君が産直会員登録し書類審査で許可がおりた。出荷3日前までに産直野菜防除日誌兼栽培日誌を提出しなければならないが、これでJAに出荷できることになった。命名は中心となって一番働いているM君。最初はしずく園だったが、老人ホームみたいなので農を入れた次第。最初はミニキュウリの出荷から、はたしてどうなることやら。

2012年9月3日月曜日

小康状態

雨が降ったのと朝の気温が22℃と涼しくなったせいか、トマトは小康状態なので液肥を与え、トウモロコシは倒伏を防ぐため周りにロープを張った。作業は短時間で終了したが、帰りは山環で通勤ラッシュに巻き込まれてしまった。

2012年9月2日日曜日

トマトが病気か?

斜めに植えた徒長した苗が萎れてしまった。根腐れ病かも知れない。普通に植えた苗も数本青枯れ病にような症状が出た。他の苗に影響が出るのを防ぐため抜いてしまうが、10本ほどだから1割となる。実が付き始めたところなので残念だ。ハウス栽培は病気が何よりコワイ。

2012年9月1日土曜日

ハウスはお休み

今朝はM君にお任せしたので、メールの送信に不具合があると木村先生から連絡を受けていたので、午前中に野々市の自宅にお邪魔し、送信サーバーの設定を修正した。早川先生のブログで剣岳北方稜線ワンディが終了したら、石徹白から一里野まで白山縦走をワンディで歩いてみたいとあったので、先生に報告すると「いやー 参ったね」との表情をされていた。