2012年3月31日土曜日

A3二つ折りは外注に

リーフレットや探蕎会会報はA3二つ折りだが、プリンタの定着器ユニットの不調で紙がよじれることが発生しだした。ロスが多く、また二つ折りにするには老眼鏡をかけなければ角が合わずに苦労するし時間の無駄。ということで印刷会社に外注することにした。紙を折ると指の指紋がツルツルになることからも解放される。

2012年3月30日金曜日

花粉症の薬で眠いが

朝から、探蕎会会報の校正、ポスター2題作成・出力、リーフレット作成が重なり、ようやく終了した。午後からは年度末の納品作業が待っている。N君から天気がいいのでジャガイモを植えるように電話があったが、しばらくは行けそうもない。

2012年3月29日木曜日

何を植えようか?

N君はワシらのために田んぼを1枚畑用に提供してくれたが、これまでに、タマネギ、エンドウ、そら豆、ニンニクは順調に生育しており、これからジャガイモ、ニンジン、トマト、キュウリ、ナス、サトイモ、キャベツなどを予定しているが、ハウスも1棟使えるようだ。となるとなにをどこへという悩ましいが贅沢な選択に迫られている。一度集まって相談する必要がありそうだ。

2012年3月28日水曜日

稲の種まき

昨日は天気がよくてありがたかったが、作業する納屋は寒く、ハウス内は暑いので汗をかき、また冷やすの繰り返しで身体にはよくなかったが、今日はちょうどよかった。作業は種をまいた苗箱を手製の三輪車に載せ、ハウスに運び、並べるの単純作業を何時間も繰り返すので腰にくる。今日はO君も加わったので作業能率が上がり2日間で終了した。昼は昨日も今日も「もきち」のラーメン、毎日でも食べられるくらいさっぱりした醤油味。明日は山男のM君の出番だそうだ。

2012年3月27日火曜日

今日明日は畑作業

書店は年度末で忙しいが、N君に電話するとA君が体調不良で人手が足りなくなり、わたしに電話しようと思っていたところで助かるとのこと。天候不順で遅れていた作業の手伝いに出かけることになった。 ところで二女の部屋に移りベッド生活2日目だが、靴下を履くときにベッドに腰掛けてできるので、これまでのように畳に腰をおろして靴下を履こうとして、不覚にもゴロンと転がってしまう無様な姿から解放されたのがなによりだ。

2012年3月26日月曜日

まさかの積雪

朝起きるとあたりは真白で5cmくらいの積雪。タイヤは交換してしまったし、今日は遠出もあるので心配だったが、時間と共に気温が上がり道路は問題ないようだ。

2012年3月25日日曜日

苦節30数年

といったら大袈裟だが、二女がいなくなったので、彼女の部屋をわたし用にしてもらい、ようやく自分の城をもつことができた。 衣裳ケースなどを買いにスーパーへいくと、新生活を始める学生たちとその家族でいっぱいだったが、ウキウキした気持ちは60過ぎのオヤジも同じかも。

2012年3月24日土曜日

グーグルボイス

050plusは通話不能状態が多いのでキャンセルしたが、グーグルボイスというグーグルが始めた格安電話サービスがあることを知ったので、さっそく試してみた。インターネットに接続したパソコンから、固定電話や携帯電話へ格安に電話をかけられるサービス。Gメールの画面の左側にグリーンの受話器のアイコン「電話をかける」をクリックすると設定画面がでるので、とりあえず10ドルのプリペイドを購入するとすぐに使える。今のところ非通知と表示となるので相手が電話に出にくいのが難点だが、グーグルのことだからいずれ解決するだろう。

2012年3月23日金曜日

探蕎会会報53号にとりかかるが、

会報は最低8ページ組となるが、今号は総会と先日の福井行きの特集となる。レイアウトを始めたが、写真を入れてもまだ1ページ半ほど余る。 別の依頼原稿を4ページにする仕事もレイアウトにとりかかったが、こちらも原稿の量が足りない。多いものをカットするのは簡単だが、少ないものはどうしようもない。少し頭を冷やして対策を考える必要がでてきた。

2012年3月22日木曜日

タイヤ交換に手こずる

来週から富山市に転勤になる二女の軽四のタイヤ交換を頼まれた。オデッセイと長女の軽四は修理屋さんにタイヤごと預けてあり交換も任せきりなので何年もタイヤ交換はしていない。軽四だからすぐにできると思っていたが、右前輪のタイヤだけ外れない。修理屋さんに電話すると足で蹴るようにいわれたがそれでもビクともしない。しかたなく修理屋さんに持ち込むと、ハンドルを少し切って、タイヤの内側を鉄のハンマーでガ〜ンと一発、ようやく外れた。ホイールの口径が狭いためらしいがなんとか一件落着、一汗かいてしまった。

2012年3月21日水曜日

ポスター2題

週末出発の国際学会のポスター作成が入ったので、タイヤ交換のあと作業開始。 S君の四十九日法要を土曜日に終えましたと奥さんが挨拶にこられた。月日の経つのは早い。

2012年3月20日火曜日

一福→森六

探蕎会10名で「一福」池田町へ、わたしは「塩だし」(左)と「醤油だし」の2つ各650円をいただいた。「一福」は3回目、塩だしは野々市の敬蔵にもあるが、こちらのほうがスッキリとしている。醤油だしは普通のおろし蕎麦。 時間も早いし、もう一軒ということになり、越前市(旧 今立)の「あみだそば」に向かったが、数年前に閉店したとか、ならばと老舗の「森六」に変更し、4人だけ入れたのでおろし蕎麦600円(右)をいただいた。

2012年3月19日月曜日

春の雪

朝は雪が降っていたが積雪となるような勢いはなく、まさになごり雪。明日は山間部の池田町(福井)にある「一福」へでかけるので、安全のためタイヤ交換はその後まで延期となる。

2012年3月18日日曜日

墓参りのあとは仕事

20日は探蕎会10名で池田町の「一福」行きなので今朝墓参りを済ませた。帰ると部屋の片付けが始まったので昼には時間が早いが店へ退散。時間に追われる仕事から解放されたので、のんびりと過ごす予定。

2012年3月17日土曜日

男爵、キタアカリ各10kg購入

去年までは4kgだったので一気に5倍となったが、80mの畝に30cmおきに種イモを植えることになるが、これで足りるかどうかやってみないと分からないが3月中に植える予定。ハウス内ではトマト、ハクサイ、ナス、ブロッコリーなどの苗がすくすくと育っており、初めてのトマトやナスの接ぎ木も、もうすぐ体験できる。

2012年3月16日金曜日

ポスターは何とか完成

明日の学会出発に間に合った。学会展示の売上はイマイチだったが、今日から後始末と本の発送業務で忙しくなる。
今日はA君のお父さんの葬儀に参列するが92歳、先日のM君のお父さんも90歳と長寿社会を実感するが、親を見送る最後の世代で子どもから見捨てられる最初の世代といわれるワシらはこれからどうなるのだろう。
もっとも葬式なんかして欲しくもないが。

2012年3月15日木曜日

難しい症例に当たった。

依頼されたポスター作成にとりかかったが、パワーポイントからイラストレーターにコピペで簡単に済むと思ったが、データがつぎはぎでなかなかうまくいかずイライラの作業となった。結局一日で終わらず残念。

2012年3月14日水曜日

第48回腹部救急医学会総会

この学会は“若手の登竜門”という位置づけだそうで、演題数が多いので受付は7時半から、学会開始は8時半と早い。参加人数の予想は1600名だそうなので、書籍の売上げに期待したい。わたしどもの会場はホテル日航金沢4F、写真は昨日の設営が終わったときのもの。

2012年3月13日火曜日

明日からは腹部救急学会

今日は搬入日となり、わたしは本を運ぶだけで明日明後日は店番。ところが学会用のポスター作成依頼が数件入り、その作業のため結局学会での販売は不可能となった。役に立たないからではなく正当な理由で店番となったことがうれしい。

2012年3月12日月曜日

3.11追悼特番

仕事を終えて帰宅するとTVはどこも3.11の追悼特番。御用学者や政府の大本営発表を繰り返して報道してきたマスコミの変わりようには驚くばかりだ。新聞の特集記事も白々しくて読む気になれなかった。
番組で気になったのは日本近海にいた米空母ロナルド・レーガンから飛び立ったヘリで救助に向かう米兵の姿だった。被災地に降り立ち、がれきの処理や子どもにぬいぐるみを手渡す画面をみていると不謹慎だが戦後まもない時期の"Give Me Chocolate"を連想してしまった。

2012年3月11日日曜日

売上はイマイチだったが、

理学療法士の皆さんは前田書店の存在を知らない方が多いので、宣伝には役に立ったと思う。地道な努力を積み重ねて行くしかない。

2012年3月10日土曜日

ようやく完成

今日は8時から作業を始め、今ようやく終了し、校正用のPDFファイルを送った。出版もそうだが、学会用のポスター作成などインターネットの恩恵をひしひしと感じる。
明日も一日だけだが、第21回石川県理学療法学術大会の書籍展示で会場の金城大学へ出張。そして14,15日は腹部救急学会と立て続けに学会展示があり、出品用の書籍で店の中は倉庫状態になってしまった。

2012年3月9日金曜日

書き忘れ

学会書籍展示中に国際学会のポスター依頼が届いていたが、手をつけられなかった。学会終了後、店に戻ってから作業を始めたが、閉店時間までに終わらずそのまま帰宅したので日記を書き忘れた。

2012年3月8日木曜日

学会会場から今戻った。

参加人数が少ないのであまり忙しくなかったが、忙しくない方が疲れるものだ。いつもは店番なのでレジやCATの使い方を忘れてしまい、戦力にならなかった。来週の腹部救急は店番に早々と決定となった。

2012年3月7日水曜日

午後から搬入

8,9日は第24回日本喉頭科学会(文化ホール)なので、午後から搬入。
ところでオデッセイのナビが壊れて数年経つが、修理費用が高いのでそのままにしておいた。先日新聞広告でドコモからスマートフォン対応の車載用GPSが出ていることを知り購入、9800円だった。スマートフォンにはGPS機能があるが車で使える代物でなく電池も持たない。これなら充電もできるし、Bluetoothでハンズフリー通話もできるが、車に乗ると自動的にBluetooth接続になるので手に持って電話をかけるときはBluetoothを切るかサウンドに変更しなければならないなど、使い勝手は悪いがないよりはマシ。果たしてどうなるか。

2012年3月6日火曜日

「谷川」には断られた

今朝、電話すると「探蕎会」はお断りといわれた。理由は訊かなかったが人数が多いからだろうか。すぐに会長と副会長に連絡し、行き先を変更しなければならないが、予約をとらないそば屋が多いので難しい。
副会長の提案で「一福」(池田町)に変更となった。ここのおろし蕎麦は塩だしで有名。

2012年3月5日月曜日

献本の発送など

朝から「IgG4関連疾患アトラス」の献本のリストアップと発送作業とその合間に配達で今やっと時間があいた。今週の8、9日は文化ホールで第24回日本喉頭科学会の書籍展示もありその準備と、来週の14、15日は第48回腹部救急医学会でホテル日航金沢で書籍展示の準備と忙しい。
20日の探蕎会「谷川」(武生市)の連絡もまだだが、「谷川」は月曜日が定休なので明日にしよう。

2012年3月4日日曜日

IgG4研究会は白熱

IgG4は全身疾患なので全国から消化器内科、腎臓内科、リウマチ膠原病内科、呼吸器内科、血液内科、眼科、耳鼻科、口腔外科、病理、放射線科医が集まり、研究発表は質疑応答が相次ぎ、時間を大幅にオーバーしたため、休憩時間もとれないほどだった。
前日にアトラスが完成したばかりなので、まるで出版記念のような雰囲気、著者が多く参加されていたのでお礼と献本をお送りする手間も省け、うちにとってはまさに一石二鳥。懇親会でスピーチを頼まれていたが、酒が入ると気が大きくなって何をいうか判らないので、出席は辞退させていただいた。

2012年3月3日土曜日

「IgG4関連疾患アトラス」発行

2年前の「IgG4関連疾患への誘い」につづき、アトラスが完成した。日本から発信した疾患概念がようやく世界に認められ、2011年秋にはボストンで国際シンポジウムが開かれた。このアトラスがさらにIgG4関連疾患の理解に寄与することを期待する。
今日はこれからホテル金沢でIgG4研究会があり、そこで本のお披露目となる。

2012年3月2日金曜日

新しモン好きとしては

 「iコンシェルが2012年3月よりスマートフォンでご利用になれます」とのアナウンスがあったのでさっそくインストールして試してみた。写真のようにヒツジの執事がでてきて「何かご用ですか」と下手なだじゃれのようだが、下のマイクに向かってしゃべるとスマートフォンが考えて応えるという仕組み。だが「現在地は?」と話しかけると東京を指す。また「ここはどこ」というと「ここわどこ」となり「みつかりませんでした」となる。しかし「A君に電話」としゃべるとちゃんとA君の電話番号がでるし、「T君にメール」というとメールの本文まで入力できた。でもカミさんに電話しようと「久美子に電話」というと「汲み取りの結果はみつかりませんでした」さらに「前田久美子に電話」というと「前田冨美子はみつかりませんでした」となった。発音が悪いせいもあるが、完成度はまだまだ。しかしこれからが楽しみだ。

2012年3月1日木曜日

今年最初の農作業

ようやく暖かくなりN君宅の畑の雪もなくなり、タマネギの追肥(4畝で20kg)を施した。続いてブロッコリー12,000株の種蒔きの準備。わたしの仕事はセルトレイに培養土を入れ、種の蒔き穴をつくるというもの。これまでやっていた家庭菜園とは桁外れの規模だった。
昼にいただいた小松菜がおいしかったのでレシピごを披露する。ハウスからとってきた小松菜を水洗いし、土鍋に水を少し入れ、納屋の薪ストーブの上にセット、小松菜は切らずにそのまま投入、オリーブオイル適宜、塩こしょうを加え、煮えばなをかぶりつくというもの。ビールが飲めないのが残念だった。