2011年11月30日水曜日

犬殺し

昨日のタロ、ジロの写真をみてドラマとそっくりやんけと思ったかたもいるにちがいない。むしろ犬たちを主人公にしたほうがいいドラマに仕上がったように思う。
 その犬たちを南極に置き去りにして帰る越冬隊員に、国内で「犬殺し」と罵る場面があったが、子どもの頃、町内で野犬狩りの人に対し「犬殺しが来た」と触れ回る声に怯えたことを思い出した。ところが金沢では「犬」を「いん」と発音していたので、TVの画面をみながら「いんころし」とつぶやいていた。
 わたしは今でも「紫蘇(しそ)」のことを「ちそ」と発音してしまうし、「はしかいやつ」とか「いじくらし(いじっかしい)」はそのまま使っている。

2011年11月29日火曜日

「南極大陸」の視聴率は低迷しているらしい

 たしかに犬たちの表情のとらえ方は素晴らしいが、学者としての知性を感じないキムタクの演技には問題が多いように思う。
 わが探蕎会には1981年第23次南極越冬隊員に医師として16か月滞在したわたしより6歳年上の小山文誉先生(金大医卒・現予防医学協会)がおられ、2008年の総会で「南極に何を求めて」と題して講演をしていただき、写真のようなスライド150枚以上を作らせていただいたので特別の感慨がある。実際のタロ、ジロとの再会の写真も掲載させていただく。

2011年11月28日月曜日

金はなくても心は錦

N君は大学で有機化学を学んでいたが、お父さんが脳梗塞で倒れやむなく中退し、地元で働きながら農業を継いだそうだ。知識も技術もなくお金もないので機械類はすべて中古、ビニールハウスも組立を頼むと30万円くらいかかるので自分でやる。しかも偏屈モンで減反政策に従わないから個別補償も受けていない。そんなN君のところに仲間がひとりふたりと集まるようになった。なんとか盛り上げていきたいと思う。

2011年11月27日日曜日

畑仕事は持久力

 今日はN君が新しいビニールハウスを建てるということでA君と手伝いに出かけた。しかしわたしに与えられた仕事は枯れたインゲンと大豆から種を採る(女、子どもでもできると言ったら怒られるかもしれないが)作業だった。
 奥は大豆、手前はインゲンでほとんど枯れ草のようだが、鞘を開くとインゲンは小豆のような種で、植物の子孫を維持するシステムに感動を覚えた。
 しかし同じ姿勢で5時間も作業するとまたもや腰が痛くなり店に帰ってもブログを更新する元気は残っていなかった。

2011年11月26日土曜日

久々のお天気

どんよりとした灰色の雲に覆われ日中でも暗く、冷たい雨が降りしきるサンクトペテルブルグのような(行ったことはないが)天気が続き、気持ちが塞いでいたがようやく解放された。天気予報によると11月中の降雪は免れそうだ。
 明日も天気のようなので、N君宅に行きビニールハウスを増設する手伝いをする予定。

2011年11月25日金曜日

東はるみはいいのだが…。

「秘密のケンミンショー」は毎週愉しみにしている番組だ。まだまだ知らないことが多く勉強になる。
 しかし連続転勤ドラマで、東はるみが夫の転勤と同時に地方のTV局に採用される設定はあまりにも不自然、キー局が系列局の宣伝に気を遣っている安直な発想がミエミエ。鎖骨のキレイな彼女のファンなので残念。

2011年11月24日木曜日

とれたてのネギはウマイ

スーパーで売っているネギは青い部分が固いが、とれたてはやわらかく、うどんの薬味などに最適。わたしの野菜作りは新鮮かつ安心でウマイものが食べたいという気持ちの延長線上にある。
 17日に蒔いたエンドウはチラホラ芽が出てきたし、ニンニクも2cmほど芽がでてきた。
 風の強い場所なので、エンドウの防風対策を思案中。

2011年11月23日水曜日

収穫の手伝い

松任のN君宅の納屋にわたしの畑道具一式を移し、午後から仕事なので午前中一杯ネギの収穫の手伝いをした。エプロンをしていたが、ズボンやシャツの袖口が泥で汚れてしまうので、昔の役場の職員のような腕カバーが必要かも。
 ネギを抜く作業は中腰の姿勢が続くので結構腰が痛くなる。12時にどこかでサイレンが鳴り、一緒に働いていたシルバー人材センターから派遣されたオッサンの仕事が終了だったので、ゴングに救われたボクサーのような状態だった。

2011年11月22日火曜日

というわけで

昨夜は谷口屋の厚揚げを焦げないようにフライパンで焼き(祖母)、大根おろしで泡盛となった。酔っ払う前に海道さんのそば粉で血管が切れそうになるまで息を止めてかき混ぜそばがきをつくったが、長女から少しユルイ、形が汚いと酷評されたがわたしとしてはまずまずの出来。
 朝食は「大杉のへしこ」を焼いたが、塩分が強くなくちょうどいいあんばい、炭水化物の摂りすぎに注意しているのでごはんのお代わりは我慢した。

2011年11月21日月曜日

いつもの愉しみは順延。

道場からの帰り道は恒例となった大杉商店で「へしこ」を求め、さらに繁盛しすぎて増築した谷口屋でできたての厚揚げを買い、帰宅後の酒の準備完了。これで昼間の酒の恨みを晴らそうと思ったが、夕食はなんとキーマカレー、やむなく厚揚げで一杯は明日に順延となり昨日の残りの薩摩揚げで焼酎を飲み、カレーを食べて終了となった。

2011年11月20日日曜日

丸岡蕎麦道場2011

20日は探蕎会の今年度最終行事で丸岡へ。今年は乗用車で乗り合いではなく、わたしの小中学校の同級生T君のマイクロバスとなったので、「鄙願」は飲めるハズだったが、集合場所までアッシー君となったので結局酒はお預けとなった。
 今年の蕎麦の出来は去年よりよかったそうで一安心、酒が飲めなかったせいもあって6杯お代わりした。
 蕎麦の生産者の海道さんが主宰する丸岡蕎麦道場の皆さんが打った新蕎麦を今年も味わうことができ至福のひとときであった。

2011年11月19日土曜日

来年は小作に?

エンドウの種を蒔いた畝は幅1m、長さ40mなので面積は40平米、1畝だけで湯涌の市民農園の30平米を上回る。エンドウやタマネギなどの越年性の作物にトライできるのも魅力だ。
 今年、A君が田んぼ2枚買って農業に参入し、来年退職する山男のM君も手伝うという。わたしの畑道具も物置から溢れるようになってきたので、N君の納屋の一部を貸してくれと頼むと二つ返事でOK。少々場所は遠いが身体一つで畑へ行ける。そうなれば市民農園を借りて野菜を栽培する必要がなくなる。
 ということで来年は市民農園の契約はせず、松任のN君の小作となる決意をした。

2011年11月18日金曜日

種蒔きとネギ収穫手伝い

 昨日は晴れだったので金曜の予定を変更し、O君と松任のN君の畑でマルチを張り、絹さや、スナップエンドウ、そら豆の種蒔きをしたが、相変わらずぬかるんで大変だった(左)。
 終了後は美川の畑へ移動して、ネギの収穫の手伝い。コンテナ一杯のネギは結構重く、それをトラクターに乗せ、さらに軽トラに積む作業を繰り返した(右)。
 トラクターのあとをツンダッテ行くのは戦車のあとに続く歩兵のような気分だったが、後半は疲れてしまい収容所へ連行される捕虜のような姿勢になってしまった。

2011年11月17日木曜日

ブータン国王はデカイ

調べると180cmとか186cmとかいろいろだが、隣の皇太子と比べるとそれ以上あるように思ったが、身長の話はやめよう。
GNH(Gross National Happiness)国民総幸福量が世界一の国として有名だが、禁煙国でもあるらしい。「名もなく貧しく美しく」の典型のような国だ。
 日本人が経済的繁栄のためにかなぐり捨ててきた心の美しさを感じてしまった。

2011年11月16日水曜日

HV「アクア」

トヨタから来月発売になる「アクア」が発表された。エンジンは1.5L、燃費は1Lあたり35㎞とプリウスを上回るようだ。コンパクトカーは本田のフィットがヴィッツを押さえてきたが、「アクア」の登場で逆転されるのではないか。
 さらにトヨタは12年はじめにPHV(プラグインハイブリッド)車で1Lあたり60kmのプリウスも登場させるようだ。
 HV車は搭載するバッテリーがニッケル水素からようやく現在のPCと同じリチウムイオンになり、HVの競争はいよいよ激化してきたが、さらに航続距離約700km以上を達成する燃料電池自動車も開発中らしい。

2011年11月15日火曜日

ブロガーがチョット変

このブログはグーグルのブロガーを使っている。クラウド上に保存されるので、どこでも更新できて便利、しかもタダ。
 ところが最近書き出しの「一字下げ」ができたり出来なかったりするようになった。細かいところだが気になる。
 HPやブログなどで、行頭や行末にきてはいけない文字や記号などを追い込んだり、追い出したりして調整する「禁則処理」が出来ないのはなぜだろう。そろそろ日本語に対応したアプリができてもよさそうな気がするが。

2011年11月14日月曜日

「あらたにす」サービスを終了

2008年に朝日、読売、日経の3紙が共同で設立したインターネットニュースサイトが2012年春で終了となるらしい。ちなみに休刊日の今朝の記事は「津波で失われた街、地図に残す 出版元「被災者に配慮」(朝日)、「TPP、日・米政府発表に大きな食い違い」(読売)、「株式市場をダメにした「三悪」は何か」(日経)、とくに日経は「お前には言われたくない」といった見出しだ。
 自分たちはこの国のマスメディアのリーダーだというエリート意識のニオイがプンプンするが、読者は完全に醒めた目でこれらの記事をみていることに気づいていない。もはや大事なニュースは外国のメディアの記事を読んだほうがわかることが多くなってしまった。

2011年11月13日日曜日

昨日の収穫。

 久しぶりの穏やかで暖かい日だったので畑へ。ダイコンとハクサイを収穫。今年のダイコンは総太りとミニにしたが、表面積はあまり変わらないのでミニは間違いだったかも。写真のように大根10本とハクサイ3個で一輪車は一杯、夕食は当然おでんとなった。

2011年11月12日土曜日

読売巨人軍のお家騒動

今朝の読売を愉しみに開いたが、案の定スポーツ欄の片隅に申し訳程度の記事だった。
日本の政界や財界は渡辺氏や中曽根氏らの言動で老害がはびこっているが、この事件をきっかけに少し改善するといいのだが、果たしてどういう結末になるか。

2011年11月11日金曜日

秋田県人は日本酒が強い(好き)

昨夜の「ケンミンショー 連続転勤ドラマ」は秋田県だった。30年以上前、仕事で6年ほど秋田市に住んでいたが、酒はあまり強くなく、ピールやウイスキーはともかく、日本酒はあまり好きではなかった。
しかし冬は寒いので熱燗でないと身体が暖まらないので次第に酒量が増えていった。
間違った記憶かも知れないが、新聞(秋田魁新報)のバスツアーの広告で、お一人様お酒1本付とあり、それが1升瓶と知り驚いたことがあるが、それほど日本酒を愛する県民である。

2011年11月10日木曜日

ようやく終了

昨日からの作業は最終校正のOKがでてようやく終了、明日出発される先生の分は完成した。PDFファイルのやりとりで仕事が進むのはありがたい。ネット様々といったところだ。
 いつもは出勤して仕事前にブログを書くのだが、ポスター作成の作業を優先するのでこんな時間になってしまった。
 今朝ひさしぶりに血圧を計ったらかなり高い数値がでた。時間に追われる仕事が加わったからだろう。

2011年11月9日水曜日

ようやく一段落

 昨夕、ポスター作成の依頼があり閉店時間まで作業し、今朝も7時過ぎに出勤し続きを作成していたら、またもメールで1件送られてきた。とりあえず昨日の分を完成させ、校正原稿を送ったところ。さて次にとりかかろう。

2011年11月8日火曜日

今朝は腰痛

 天気予報では午後から晴れだったが小雨模様が続いた。タマネギの苗は800本用意したが足りず、N君の余ったものも植えたので1000本+ニンニク。クワとレーキでならし、残った稲の株を取り除きながら苗を植えたが、畑はご覧のようにこの秋まで田んぼだったところに畝をつくったもの。しかも雨の影響でぬかるみ、長靴がゴボッて一足ごとにふらついた。作業は2時間ほどだったが、今朝は足腰が痛い。

2011年11月7日月曜日

小雨だが

 今週を逃すと植え付けの時期を失するので、今日は休みを取ったO君とタマネギとニンニクを植える。
 買った時もそうだったが、出勤するときに車内は強烈なネギのニオイが充満、若いころならネギのニオイだけで・・・だったが、今では微動だにせず。
 果たして初体験はどうなるか。

2011年11月6日日曜日

タマネギ苗購入

 借りている市民農園は越年する作物は禁止、したがってタマネギなどは栽培できない。ところが松任のN君から40mの畝が2本余ったからタマネギでもどうかと電話があった。1畝に6列、株間は15cmとして計算してみると1,560本の苗が必要になる。さっそくほがらか村とホームセンターで確かめると1束50本で350〜398円、とりあえず16束(800本)購入したがそれでも1畝の半分は残ることになる。あとはニンニクを4袋(48片)買ったがこれも株間15cmほどなのでまだまだ余る。
 うまくいけば来年5月には800個のタマネギができることになるが、10坪の家庭菜園からいきなり専業農家になったみたい。残りの1畝はエンドウを植える予定。

2011年11月5日土曜日

母帰る

 今回の帰省はやはり金沢に住む叔父夫婦と出かけたので安心だった。これで九州へ帰るのは最後だと言って出かけたのだったが、家に帰り着くと、九州の妹さんとの電話で次の17回忌の約束をしていた。
 こんなことをいうと世の女性から石が飛んできそうだが、亭主が死んでからが女性が本当の生活をエンジョイできるようになるというのは当たっているように思う。
 我が家も父が亡くなって20年、晩酌を欠かさない母親だが、悪いところは父にそっくりといわれるわたしをみていると酒でも飲まないとやってられないのだろう。ということはストレスを与えるのも長生きの秘訣かも。とにかく米寿までの予定ができたようだ。

2011年11月4日金曜日

ルーター交換

 店では3台のWin、2台のMacを使っているが、最近時々ネットやプリンタに繋がらなかったりする。ハブのせいかなと思い、交換したが症状は同じ。となるとルーターの不調かもしれないとNTTに電話すると数時間後に係員が到着。調べてもらうとやはり時々切れているとのことで、新しいルーターに交換してもらった。
 Bフレッツ光の契約だが、現在はフレッツ光ネクストになっているそうで、さらに高速になっているとのこと。今では全く使っていないISDN回線の契約も残っているようなのでさっそく契約の変更を申し込んだ。

2011年11月3日木曜日

休肝日3日目の予定だったが

 カミさんと娘たちが買い物を兼ねて外食ということになったので、夕食はお一人様になり、スーパーのお総菜で済ませたので、ついビールと焼酎に手が伸びてしまった。酒は寂しさを紛らすにも有効だが、熟睡となるので目覚めるのが早くなる。休祝日の営業は12時からだが、結局9時過ぎには出勤した。

2011年11月2日水曜日

休肝日2日目

 わたしにとってお酒は睡眠導入剤のようなもので、ツマミが気に入らなければ義務的に飲むし、焼酎の晩酌を愉しみにしている母親が酒を飲まないわたしに気を遣いながら飲む姿をみるのもイヤなので付き合っている面もある。
 その母親が今朝祖母の13回忌のため大分に帰省したが、84歳の娘が母親の13回忌とはわが国の長寿社会を実感する。
 したがってわずか2泊3日の不在だが、その間は休肝日とする予定。

2011年11月1日火曜日

久々の休肝日

 久々のといっても今年初めてのような気もするが、いい歳をして記憶がなくなるまで飲むとは情けない。昨日は仕事にならず、ときどきあがってくるゲップのニオイで芋焼酎も飲んだのではという疑惑も。
 夕方には酔いが治まったのでいつもどおり晩酌はできるが、反省の意思表示をしなければ家族(とくに娘たち)のシラ〜とした態度が収まらないと思い休肝日を宣言したが、突然だったのでアジの干物と豚汁という朝食のような夕食だった。
 夕食後は録画で「南極大陸」3話目をひとりでみたが、役者さんより芸達者な犬たちに感心した。
 今朝はスッキリと目覚めたので、休肝日はもう少し続けてみようと思う。