2011年8月31日水曜日

「シェーグレンの会」会報20号ようやく完成。

 2002年会報11号から制作のお手伝いをさせていただいており、今年で20号となった。2年前に事務局が金沢医大から日大板橋病院に移り、総会は東京で行われることになったが、4月の開催は3.11東日本大震災の影響で中止となり、場所を金沢に変更し6月18日に開催された。
 会報の内容はおもに総会の模様の掲載となるが、毎回、ICレコーダーで録音したものをPCにコピーし、イヤフォンで聞きながらタイピングする作業が苦手でつい先延ばししてしまい、記憶が薄れた時にとりかかるものだから一苦労となる。作業が終わった後、来年こそ早くとりかかろうと思うのだが、結局また同じことの繰り返し。これもなにかの病気でなけれないいが。

2011年8月30日火曜日

今朝の収穫。

 8月も末になると5時前はまだ暗く、車の運転はヘッドライトが必要になる。今朝はナス、ピーマン、鷹の爪の収穫と水やりとダイコン(総太り)のタネを1畝(2条で44か所)蒔いた。あと2.5畝整備してあるが、一度に収穫となると大変なので少し時期をずらして蒔く予定。
 ダイコンやカブのタネは本当に小さいので、ついたくさん入っているお徳用を買っていつも余らせてしまう。なにかの病気でなければいいが。

2011年8月29日月曜日

チョッコだけでいい野菜。

 昨日はY君と畑で一緒になり、またゴーヤをもらいシシトウと交換した。夕食は長女の夏野菜のカレーでいい出来だったが、これにズッキーニが加わったら最高だった。ゴーヤやズッキーニ、シシトウ、ピーマンなどは毎日食べるものではないので、栽培するとたくさん出来すぎて始末に困る。ズッキーニは今年、松任のN君が栽培していたので、何回か花ズッキーニの状態で貰ったが、また当てにして行ったら病気で全滅だった。かといってスーパーで買うのもシャクだし、わずか10坪の畑なのでチョッコだけでいい野菜はいつも頭を悩ます。

2011年8月28日日曜日

今朝の収穫。

 秋ナスが大量にとれだした。枯れたトマトとキュウリを始末して畝を整え、ダイコン用のマルチをかけた。雑草対策として秋もすべてマルチがけし、さらに葉っぱを虫に食われないように寒冷紗もかける予定。ダイコンは「総太り」と「ミニ大根」を準備したが、生産地はそれぞれニュージーランドとアメリカとなっていた。大事なタネを外国に任せているのはどうも納得できない。

2011年8月27日土曜日

5つのスキル

 少し前の日経にForbesからの引用で壊的イノベーション(革新)の権威として知られるクリステンセン米ハーバード・ビジネススクール教授らは世界で最も革新的な企業を研究し、『イノベーターのDNA』にまとめたとの記事があり、要約をそのまま引用する。
 「我々が気づいたことの1つは、アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス、アップルのスティーブ・ジョブズ、セールスフォース・ドットコムのマーク・ベニオフといった産業界のイノベーターには、普通の経営者には見られない特別な能力が備わっているということだ。それは恵まれた一握りの人々が生まれつき備えているような資質ではない。誰でも自らの行動パターンを変えることで、これまで以上に創造的なインパクトを与え、自分の会社にイノベーションを促す行動規範を埋め込むことはできるのだ。我々はこうした資質を「破壊的イノベーターの5つのスキル」と名付けた。具体的には以下の通りである」
疑問を持つこと:イノベーターは現状に疑問を投げかけ、新たな可能性を検討することができる
観察すること:イノベーターは顧客や取引先や他社の活動を観察することによって、新しい手法につながるような細かな事実を発見することができる
ネットワーキング:イノベーターは多様なバックグラウンドを持つ人々から、まったく新しい視点を得ることができる
実験すること:イノベーターは常に新たな経験を模索し、物事を精査し、新たなアイデアを実際に試そうとする
関連付け思考:一見無関係な分野の様々な疑問、問題、アイデアを結びつけ、関連付けて考えることで、疑問を持つこと、観察、ネットワーキング、実験の結果として生まれる。このスキルが創造的アイデアを生み出す触媒となる
 このことにより「イノベーション・プレミアム」を高めていくことが重要だというもの。どのスキルも持ち合わせていないわたしは、せめて忘れないようにと机の前に貼ってある。

2011年8月26日金曜日

Steve Jobs氏アップルCEO辞任

 一度は自ら設立した組織を追われ、その後復帰して瀕死のアップルを蘇生させ、PCではMacとそれ以外、音楽ではiPodとそれ以外、スマホではiPhoneとそれ以外、タブレットではiPadとそれ以外といわれるほどの製品群をつくりあげ、今日、時価総額世界一の会社にした手腕の凄さは改めていうことはない。
 その絶頂期に膵癌を発症、さらに肝移植をうけて痩せ衰えた姿をみたときは驚いたが、真の後継者が育つまで懸命にがんばっていた。
 アップルは Jobs氏の意向を取り入れTim Cook氏を後任として選任した。辞任のメッセージが掲載され、そしてかれは伝説になった。

2011年8月25日木曜日

今朝の収穫。

 早朝は少し涼しくなり秋の虫の声が聞こえるようになった。キュウリ、ナス、ピーマン、シシトウ、パプリカ、鷹の爪を収穫。キュウリはほとんど枯れかかっているのに、必死に実をつけている姿をみると、秋野菜の準備のために始末する作業がつい延び延びになっている。でも今度の日曜には決断しなければならないだろう。キュウリは合計307本の収穫、昆虫のような食生活に飽き飽きしていたが、いざ終わりとなると寂しくなる。

2011年8月24日水曜日

Picasaウェブアルバム

 これまで高校の同窓会の写真はN君がCDに焼いて参加者に郵送していたので手間がかかった。そこでN君に容量1GBまで無料で写真をオンラインで共有できる「Picasaウェブアルバム」の話をしたら「教えてくれまん」と例の田んぼのポルシェで来店した。
 Picasaはグーグルの傘下に入ったのでGmailアカウントがあれば利用できる。Picasaの原理を簡単に説明したが京大卒のN君はさすがに理解が速く、さっそくわたしのThinkPadを使って2004年、2007年と今年の写真をアップロードしてもらった。これで同窓生にメールで知らせれば写真をみることができる。もっとも参加者には別に全体写真とクラスごとの写真を郵送するようだが。
 N君の献身的な働きには頭が下がるが、この程度のことならいくらでもお手伝いできるので利用していただきたい。ちなみに「晋亮の呟き」の左にある「晋亮と白山の花」もPicasaウェブアルバムを使っているし、わたしのブログも同様なので、もしPCが破損してもブログのデータと写真はクラウド上に保存されているので安心だ。

2011年8月23日火曜日

またも昨日の続き

 作業の段取りが悪く3日連続になったが今朝も畑へ。刈り取った雑草の処理ではパンクしている一輪車を選んでしまい、草と土の重さでフラフラになった。調べたら4台ある一輪車でタイヤに空気があるのは1台だけ。市の担当者様 なんとか修理してくだせい お願げいしますだ。
 少し曲がってしまった畝の修正とダイコン用の畝にマルチをかけた。昨日は結構汗をかいたので、作業後に体重を計ると夢の50kg台になっていた。今朝は朝食後に計ると60.2kg、これでお酒を減らせば目標の55kgは簡単なのだが、分かっちゃいるけどやめられない。

2011年8月22日月曜日

昨日の続き

 今日は石徹白まで木村先生と宮川さんを迎えにいく用事がなくなったので、畑作業の続きを午前中にするつもり。月曜日は入荷がないので時間がとりやすいのと、雨で土がやわらかくなっているので作業が楽になるからだ。
 野菜作りは大変そうに見えるかも知れないが、じつは春と今の時期の畝作りが主たる肉体労働、といっても10坪しかないので少し腰が痛くなる程度だ。
 ダイコンとカブに加え、初めて葉物野菜のハクサイ、キャベツにトライするが、マルチと寒冷紗をかけるので雑草と害虫対策はOK牧場となるはずだが果たして…。
 話は変わるが、何気なく女子バレーボール ワールドグランプリ予選ラウンド対ロシア戦をみたが、3-0のストレート勝ちの試合だった。デカイ相手に対するブロックのタイミングもピッタリ、ロシアはすでに決勝ラウンド進出が決定だったからか。それにしてもこれで決勝ラウンドが楽しみになった。

2011年8月21日日曜日

今朝の収穫。

 小雨模様だったが、ジャガイモの場所にダイコンを植える準備のために畑へ。雨が降り続くので雑草取りだけで引き揚げた。収穫が目的ではなかったのでナス、ピーマンととり忘れのジャガイモ1個だけ。帰ってしばらくすると雨が上がったが、仕事があるのでしかたがない。
 木村先生と宮川さんは昨夜は南竜山荘に泊まり、少々の雨でも明日は石徹白に向かうと連絡があった。今朝の状況をネットで調べると、「天気:雨風強い 気温:10.5℃ 最低気温:8.2℃  視界50m 防寒対策しっかりと」とあった。明日は石徹白に二人を迎えに行く予定なので無事に下山してほしい。
 と思っていたら宮川さんから「今回も天気が悪く敗退する。これから市ノ瀬に向かうので、明日の迎えはいい」と連絡があった。木村先生の白山全登山道制覇は来年まで持ち越しとなった。

2011年8月20日土曜日

今朝ではなく昨日の収穫。

 ローテーションでは今朝の予定だったが、日曜は秋野菜の準備があるので連チャンは避けたい。それと母親がカミさんの作ったピーマンの佃煮をいたく気に入り、再度作るにはピーマンが足りなかったので昨日の昼に畑へいった。
 キュウリは2本でそろそろ終了、トマトも元気がなくなった。ナスとピーマン、シシトウはまだまだ元気で、鷹の爪はこれからだ。

2011年8月19日金曜日

6%

 明日明後日は湯涌温泉で高校の同窓会があるが、わたしは欠席なので世話をしているN君が出席者67人分のネームプレートを借りに軽トラで来店(スバルサンバーはポルシェと同じRRなので、かれがいうには田んぼのポルシェ)。同窓会が成り立っているのはかれの働きに負うとことが大だ。
 この年になるとつい物故者の話になるが、わかっているだけで29人とのこと。団塊の世代で11クラス、500人もいたので6%ほどになる計算だ。そのうち医者が3人もいた。
 ところでご存命の先生もおられるが、今回はお呼びしないので「同窓会恩師と思えば同級生」ということにはならないようだ。

2011年8月18日木曜日

「スマートフォン グーグル参戦で激化する市場」

 8月17日の読売社説だが、盗作ではないだろうが、当たり障りなく巧妙に各方面の記事をまとめているようにみえるせいか歯切れが悪く、何の主張もない。
 しかしこの社説はマスメディアの上層部がIT技術の現状にいかに疎いかをはからずも証明しているので、そういう意味では効果があったといえるかもしれない。
 たぶん担当者はiPhoneもスマホも利用していないのでは?

2011年8月17日水曜日

今朝の収穫。

 畑に着くとY君が先にきていた。キュウリ、ナス、トマト、ピーマン、鷹の爪を収穫。Y君にゴーヤとナスをもらい、ピーマン、シシトウと交換した。
 ところで民主党代表選に関し植草一秀氏のブログ「知られざる真実」で「野田佳彦氏が新代表に就任すれば日本は沈没する」の記事を読んだが、民主党を①対米隷属②官僚主権③大資本主導を掲げる自民党と同一の「悪徳民主党」と①自主独立②官僚利権根絶③国民主導の「正統民主党」に分けて論じているが一考に値するものだ。氏のことを痴漢行為で逮捕されたオッサンとしか記憶にない方は一度氏のブログを読んでいただきたい。冤罪をいとも簡単に仕立て上げる日本の検察とマスメディアのやり方が理解できると思う。
 あと田中良紹「国会探検」もお勧めする。

2011年8月16日火曜日

日本人はなぜ戦争へと向かったのか

 NHKスペシャル第4回「リーダーたちの迷走」は縦割り組織の利害調整を最優先し、調整能力しかない指導者が指揮すると、こういう結果になってしまうという、明治以降綿々と続く官僚社会主義国家の日本の姿を現したのもで、それはまさしく現在の民主党政権の迷走を暗示させるものだった。もっとも自民党でも同じだったろうが。
 オバマが大統領になった時の就任演説は多くのかたが、原文も参照し感動したと思うが、現在のかれの演説はパロディにしか見えなくなってしまった。政党政治が機能不全に陥っているのは米国も同じ。民主主義は修正方法が見いだせないまま崩壊していくのだろうか。

2011年8月15日月曜日

「アメリカから見た福島原発事故」

 昨夜10時からのNHK教育のETV特集を観た。福島第一原発はGEが初めて手がけた「マークⅠ」型原子炉で、格納容器が小さすぎるので炉心溶融した時に水素爆発を起こしやすい設計なので安全性に問題があると内部告発されており、米国では地震の少ない東海岸にしか設置されていなかったが、日本では考慮されることなく国策で建造された。そのあとに非常用発電機の位置が問題とされたが当時の責任者は構造的に違反だが「全電源喪失は隕石の落ちる可能性と同じという理由だから考慮する必要はなかった」と堂々と証言していた。つまりだれも責任をとらない。その前のNHKスペシャル「円の戦争」もしかり。
 今晩もNHKスペシャル「開戦70年 日本はなぜ無謀な戦争をしたのか」があるが、この民族は反省は好きだが、そのあとすぐに忘れてしまい、経験が身につかないという致命的な欠陥をもっている。

2011年8月14日日曜日

今朝の収穫。

 5時に畑へ。キュウリ、トマト、ピーマン、ナス、シシトウ、鷹の爪を収穫。水やりと追肥などで1時間ほど畑にいたが、お盆のためか誰も来ず。帰ってシャワーを浴び、朝食を済ませ、ゆっくり新聞を読んだが、暑くなりそうなのでそのまま店へ。
 昨日はT君、A君が相次いで来店した。SMSが他のキャリア間でも使えると知ったT君はさっそく試していた。
 里帰りしたカミさんとはspモードメールで連絡するが、3GのときだけでWi-Fiのときは通信エラーとなるのはわかるが、送信の度ごとにWi-FiをOffにするのは面倒なのでなんとかならないだろうか。

2011年8月13日土曜日

Non PC時代のアドビ戦略

 と今朝のCNET。コンテンツ作成ツールであるPhotoshop、Premiere、Illustrator、InDesignなどを使っているかたは、今流行りのタブレットはパワー不足で仕事には使えないので不便に思っている。この記事でその点に関するアドビの考え方が示されたことになり、FlashやHTML5の技術を使い、またクラウドやオンラインストレージを活用した戦略を考えているようだ。具体的にはPhotoshop、Premiere、Illustrator、InDesignなどの機能を簡略化してタブレットでの編集作業を可能にし、クラウドでデータのシンクロを行えるようにするというもののようだ。
 Flashでアップルと対立しているアドビだが、プロ向けのコンテンツ作成ツールではアップルはまだまだ足もとに及ばない。ここまで踏み込んだ話になると実現はもうすぐだろう。そうなればわたしもiPadを買うかも知れない。

2011年8月12日金曜日

お盆の営業時間

 13日(土)9時〜18時、14日(日)12時〜18時、15日(月)9時〜20時となっています。カミさんは新潟市へ里帰りとなり、なにかとご不便をおかけしますがよろしくお願いします。
 ところでHP作成ソフトのOS Lion対応版が9月2日発売となると連絡が届き、さっそく申込をすませた。ほぼ毎年バージョンアップしている割に目立った変更があるとは思えないが商売道具なのでしかたがない。OS Lionのダウンロードも同時に行うことになるだろう。OS LionのインストールではこれまでのSnow Leopardと互換性のないアプリが自動で分別されるので、インストール後に動作しないと慌てることはないようだ。

2011年8月11日木曜日

今朝の収穫。

 ピーマンとシシトウを収穫しなかったので量は少ないが、秋ナスがとれだし、鷹の爪も赤くなってきた。帰って朝食を食べていると一雨あり、これなら水やりは不要だったがしかたがない。
 ところで昨夜はサッカー対韓国戦(キリンチャレンジ杯)は焼酎+ビールで祝杯をあげた。その後のボクシングWBCミニマム級でもプロ7戦目で世界王座を獲得した井岡が判定で初防衛したが、余裕の勝利だった。ミニマム級は47.61kg以下、わたしは学生時代はフライ級(48.97〜50.80kg)、40歳で禁煙してから一時はウエルター級(63.50〜66.68kg)までいった。山登りとトレーニングをしていたころはフェザー級(55.34〜57.15kg)まで落としたが、現在はスーパーライト級(61.23〜63.50kg)、なんとかフェザー級まで戻したいが楽ではない。

2011年8月10日水曜日

ピーマンの佃煮

 夕食後、カミさんが台所でピーマンのニオイを充満させながら佃煮をつくり、それが朝食に出た。30個ほどのピーマンを使ったそうだ。味はまずまずで御飯に合う。残りのピーマンは夕食に肉詰めでもして使い切らなくては。
 明朝はまた畑だが、ピーマンはしばらく食べたくないのでそのままにしてもう少し大きくしよう。

2011年8月9日火曜日

次はピーマン

 完熟フルーツトマトはディップでなんとか半分くらい消費した。昨夜はザル一杯分のピーマンとジャガイモとベーコンのソテーも出たが、それでもまだザル一杯分残っていてなかなか減らない。こうなると一度に何十個と大量消費するレシピをネットで検索するしかないが、そろそろピーマンの佃煮の出番か。
 ところで野田財務相が代表選に出馬するそうだが、あるブログの記事でかれは(置物)だった。ちなみに他には、菅(腹黒)、鳩山(馬鹿)、小沢(ワル)、岡田(石頭)、原口(茶坊主)、渡部(無能)、枝野(地蔵)、安住(ゴミ)とあった。なかなか鋭い。

2011年8月8日月曜日

今朝の収穫。

 このところ晴天が続いているので、水やりを兼ねて液肥を施した。
 この時期、ナスは更新剪定で収穫が少ない。キュウリはほぼ枯れかけているのに懸命に実をつけている姿ををみると生物の力強さに感動する。他にトマト、シシトウ、ピーマンを収穫した。
 昨夜は夕食後トマトを20個ほどオーブンで焼いて味を凝縮させ、ニンニクとタマネギを炒めたものとブレンダーしてディップを作り、長女はN君宅で摘み取ったバジルでジェノベーゼを作ったので、今晩はワインの出番となりそうだ。

2011年8月7日日曜日

BBQは無事終了。

 仲間たちとの会話で笑い転げ、なんとか酔いつぶれずに花火をみることができた。肉や魚はともかく、もぎたてを皮のまま焼いたトウモロコシの甘さは絶品だった。
 ところでN君宅は花火会場から2kmほど離れているといわれたが、音の速さは約340m╱秒なので、2000÷340=5.9、つまり花火が開いてから約6秒後に「ド〜ン」とくるはずだが、そんなにはかかっていなかったように思う。4秒くらいと感じたので直線距離で1.3kmほどではないか。
 今朝の「新報道2001」で藤原正彦氏が出ていたので、つい算数の問題を思いついた次第。

2011年8月6日土曜日

川北火祭り。

 今日は午後4時から会場近くにあるN君宅で仲間とBBQ、自分の飲み物は持参する決まりとなっている。8時過ぎから始まる花火の打ち上げはN君宅からみることになるが、果たしてそれまで酔いつぶれずにいられるか問題だが、あまり自信がない。
 T君が迎えに来るまで仕事、Mac OS X 10.7 Lionのマニュアルが入荷したので勉強もしなければ。わたしの周りのMacユーザーはマニュアルを読んでちゃんと勉強するかたは少なく、なにかあればわたしに質問して解決するちゃっかり型が多いが、あてにされるということはうれしいものだ。しかし実際にLionを導入するのはHP作成ソフトが対応する9月になる予定なので、触りながら学習ということにはならないのが残念。

2011年8月5日金曜日

今朝の収穫。

 寝過ごして5時過ぎに目覚め、あわてて畑へ。いつもは日の出前なのでライトをつけてスタートするが、もうすっかり谷岡ヤスジの「アサー!」状態。
 キュウリ、トマト、シシトウ、ピーマン、ナスと初めて黄色のパプリカを収穫したが、もう1個は虫さんに食われて腐っていた。色も鮮やかな黄色とはいえず、出来はイマイチ。写真のようにすっかり陽が昇ったのでバケツの中まで明るい。
 帰ると近所の公園でラジオ体操が始まっていたが、子どもの数よりジジイ、ババアの姿が多いような気がした。

2011年8月4日木曜日

本は体で覚える。

 家にいてもすることがないので、出勤時間が早くなり7時半ころには店に到着している。まずメールをチェックしたあと、夜中に届いている本の段ボールを開け、検品する作業に移るが、1冊ずつ伝票と照らし合わせ、本を仕分けすることで本のタイトルやデザイン、大きさを確認する。
 年をとるとPCの前に座っている時間が長くなり、発注や返品、棚の整理などの仕事が少なくなったので、この検品作業が今のわたしには本を覚えるために重要となっている。

2011年8月3日水曜日

SMS(ショートメッセージサービス)メール

 探蕎会の連絡は基本的にPCメールを使用する。平均年齢が高い割にメール利用者が多いことに驚くが、一斉送信するので連絡が1回で済み、ずいぶん助かる。
 PCが使えずケータイで連絡していた方からメールが届いた。ケータイのメールアドレスを教えていないのにと電話するとドコモで電話番号だけでショートメールが送れる「SMSメール」があるのでそれを使ったとのこと。さっそくドコモのHPで調べた。受信は無料だが、送信には1回あたり数円かかるが(最大70文字)大したことはない。おまけにツイッターのようにスレッド表示されるので(写真)、すぐに電話に出られない時などに便利かも。またひとつ勉強になった。

2011年8月2日火曜日

今朝の収穫。

 肌寒さで目が覚めたのでそのまま畑へ。日の出前だった。黄色のパプリカの収穫はもう少しあと、またキュウリ、シシトウが下に隠れているので色的には代わり映えのしない写真だが仕方がない。
 トマトは生やドライトマトはそろそろ飽きたので、セミドライにしてディップを作ってみようと思う。またワインが進むなあ。

2011年8月1日月曜日

少し話は早いが、

 来年の畑は、ピーマン3→2(収穫が多すぎるから)。パプリカ2→0(収穫まで時間がかかるし収量が少ないから)。インゲンとキュウリ(一気に最盛期を迎えるので植え付けを2回に分ける)。トマト類:アイコは皮が固いので中止し、大玉に挑戦、ということにした。あとは今までどおり。
 野菜作りは今年で5年目でまだまだ課題が多いが、完熟するまで待って収穫するトマトはスーパーで買ったものとは全く別物であることは確かだ。物流やコストや形ばかり気にし、農薬まみれで安全性は後回しの野菜をみていると、なにか間違っていると思う。