2011年4月30日土曜日

ロイヤルウエディング

 別に興味はなかったが多勢に無勢で仕方なくみたが、おとっつあんの時より質素にという発想はなかなか大したものだ。
 しかしハゲはやはり遺伝するということを実感したが、むしろ王子のほうが進んでいるかも。キャサリン妃はしっかり者のようで、かかあ天下になる予感がした。

2011年4月29日金曜日

探蕎会会報50号作成中

 平成11年に第1号を発行してから節目の号となりました。この度の東日本大震災と福島第一原発事故のため、なかなか編集作業に集中できない毎日が続いていましたが、なんとか寺田会長はじめ役員の皆さんのご協力で今日中に完成する見通しが立ちました。
 探蕎会のHPにもアップしますので興味のある方はご覧ください。

2011年4月28日木曜日

iPad 2ようやく発売へ

 日本での発売がようやく始まった。打倒iPadでアンドロイドタブレットが次々に発表されているが、iPad 2の優位さは1年早く最初にタブレットを発表した以上のものがある。今回インとアウトにカメラが搭載されたが、ビデオチャットの「FaceTime」用のもので「公衆の中でタブレットを使って動画や写真を撮るときの恥ずかしさは、どんなに強調してもし足りない」というCNETのレビューはその通りだ。1年前に初代を買ったかたは悩むだろうが、決して高いものではないので、初代を誰かに譲って新たに買ったほうがストレスにならないのではないか。
 わたしは何回もいうが仕事で使えないiPadはいらない。またAdobe Flashに対応していないのも不満だ。iPod touchを使っていた時に、ダウンロードしたアプリが33個ありもったいないので、スマートフォンのテザリング導入と、Adobe Flashに対応すれば考えようと思っている。

2011年4月27日水曜日

書店被害状況を発表

 取協(日本出版取次協会)はこのほど、東北地方太平洋沖地震の書店被害状況をまとめ、発表した。被災エリアは1都1道14県(北海道、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、東京、神奈川、山梨、長野)。被災を受けた書店は計787店におよび、損害額は推定約50億円。4月22日現在、営業を再開できていない書店は132店もあるという(数えると13県しかないのでたぶん千葉が抜けているのではないか)。
 本の場合、火災やスプリンクラーの水濡れなどの被害なら保険で保証されるだろうが、地震で棚から落ちて破損した場合はダメではないだろうか。なんとか出版社、取次の協力で立ち直ってもらいたいと思うが、わたしたちの業界は長期低落傾向にあるので、この震災で廃業を決意されるかたも多いのではないか。

2011年4月26日火曜日

畑作業その2


 写真はエンドウにネットを張っているところで、長さ20mの2条植えが2本。中央奥の黒い物体がA君。
 その後憧れの軽トラに乗って(運転はA君)畦の草刈りに出かけたり、ブロッコリーの選別をしているところや苗を販売している農家を見学したが、ワシらの実力はプロの仕事には遠く及ばないことを自覚した。
 しかし1000坪の田んぼはさすがにデカイ。長辺は100mもあったが、N君の話では1000坪でもトラクターを使うので、10坪をクワで耕すのと作業時間は変わらないとのこと。

2011年4月25日月曜日

畑作業その1

 これからは農業だと白山市で田んぼを1000坪買ったA君の場所を見せてもらうため出かけたが、農業の指導者N君の畑で、スナックエンドウのネット張りと、A君の田んぼの畦を借りてエダマメを植えるための作業を行った。
 10坪の家庭菜園だと他の作物のため、エダマメの場所を多くとることができないのでこれは助かる。今日は曇で見えなかったが白山を仰ぎながらの作業もありがたい。
 今年は一段と畑仕事に精をだすことになりそうだ。

2011年4月24日日曜日

新報道2001

 今朝の新報道2001のテーマは「震災不況脱却へ」で建設的な意見が多く、大震災と原発事故で疲弊している気持ちが少し和らいだ。なにより機能不全になっている政府の話ではないのが救いだった。
 番組の中で「バカなオヤジの息子は頑張るものだ」というような発言があったが、まさにその通り。バカオヤジの話題はすでに過去形になっていたところが痛快だった。

2011年4月23日土曜日

今度はサムスンがアップルを特許侵害で提訴

 とCNET Japan。サムスンは今回の訴訟について、データ転送中の電力削減、データ転送中にエラーを低減するための3G技術、無線データ通信技術などに主に関連した特許をめぐるものだという。
 アップルがサムスンを提訴した理由はGALAXYなどのデザインやユーザーインターフェイスがiPhoneやiPadの模倣で知的財産権侵害にあたるという。しかしそのアップルの製品にはサムスンの部品が使われているので、表向きはビジネスだが裏では殴り合いの状態になっている。
 ところでTVで外国のロボットの原発事故現場の活躍をみると、こういう場面にロボット王国といわれる日本のマシンが加わっていないのは、技術立国としての看板を降ろさなければならないということだろうか。技術も能力もありながら危機に対応できる製品を作る発想ができない平和ボケしたわが国の現実をみるととくにそう思う。

2011年4月22日金曜日

バラエティばかりのTV番組は腹が立つので、

 ケンミンショー(これは教養番組だと思う)の前ぐらいはニュースと思い、NHKの「ニュースいしかわ845」にしたら丸顔のメガネのアナウンサーが、北陸新幹線開業に関連した話の中でレールの「敷設」を「しきせつ」と言った。ビックリしたので終了までに訂正すると思ったらそのまま終了。
 また腰に手をあてたまま福島県知事にお詫びし、さらに他地域から被災した方をスルーしようとした首相など、ニュースを観ても唖然とするばかり。要するにTVを観ないでおくのが一番だということかも。
 ところで昨夜のケンミンショーは「もう一度カミングアウトSP」だったが、ほとんど覚えていた。

2011年4月21日木曜日

そのSamsungがHDD事業をSeagateに売却。

 とやはりCNET Japan。寡占になり競争の激しくなったHDD事業から撤退し、これから急速に需要の増えるSSD用のフラッシュメモリに軸足を移し、この分野で市場のトップに立とうとしているようだ。 
 なりふり構わず物マネをしながらといったら怒られるが(実際に韓国で走っている車に日本車そっくりなものが結構ある)、技術を蓄積し、一気に勝負に出るやりかたは、日本の得意としたものだが、韓国にすっかりお株を奪われてしまった恰好だ。
 ハングリー精神のない日本人なんて、「〜のないコーヒーなんて」と、またグチが出てしまった。

2011年4月20日水曜日

AppleがSamsungを提訴

 とCNET Japan。「GALAXYはiPhone/iPadの模倣と主張」だそうだが、確かにGALAXY Sを使っていると、デザイン、操作性などわたしが使っていたiPod touchによく似ている。PCとUSB接続で使うソフトのSamsung KiesはアイコンまでMacのDockにそっくりだ。AppleとしてはSamsungを先頭にしたAndroid陣営の急追にピリピリしてきたのだろう。

2011年4月19日火曜日

男爵を4kg

 去年は3kgで数が足りず、切り分けてかなり小さくなったので今年は1kg増やした。大きめの種イモは数個だけ2つに切ったが、ほぼ丸ごとを3畝、60個植えた。30cmほどの間隔にイモを並べ、その間に化成肥料を置き5〜6cmの土をかぶせれば終了。あとは芽かきと追肥、土寄せをして7月ころ収穫となる。ジャガイモは簡単なので失敗は少ない。天気が良いせいか平日なのに結構人が来ていた。
 話は変わるが、県議会議員選挙が終わり今度は市議会議員選挙が公示され、名前だけ連呼する選挙カーの音がうるさい。店の横にポスターの掲示板があるが、ほとんど知らない人だ。地方議員はボランティアにしたらいいのではと思っているが、ドイツにいかれた先生から地方議員はボランティアで議会は仕事が終わった夕方から開かれるという話を聞いてその意を強くした。職業になるからいろいろややこしいことが起こるのでボランティアとなれば、本当に政治に関心のある有能な人が集まるのではないだろうか。

2011年4月18日月曜日

お酒がない。

 さらに残念なことに「こそば亭」にはお酒を置いていなかった。わたしは運転手だったので仕方がないが、蕎麦屋に酒がないなんてクリープのないコーヒーのようなものだが(かなり古いたとえ)、先遣隊として訪問した木村先生からそのことを聞いていたので、みなさん納得されていた。その分夕食でたっぷりと焼酎を飲んだが、運転疲れのせいか早々と寝てしまった。
 今日は晴のち雨の予報なので、予定を変更しジャガイモを植えてしまうことにする。

2011年4月17日日曜日

期待しすぎた。

 8時半出発、11時過ぎに到着。予約はとらない店なので、15名全員が蕎麦にありつけるには1番乗りが絶対条件だったのでまずは一安心。「こそば亭」のHPによれば在来種で現在多く出回っている玄蕎麦の1/3くらいの大きさで、手刈り、天日干しをしているとかで、旨い蕎麦の条件を満たしており大いに期待して臨んだ。ざる蕎麦だけを頼むつもりでいたが、同じテーブルの全員が上天ざる蕎麦(1,300円)を注文したので、それにならい、大盛(300円増)とした。最初はモチモチした食感に満足したが、香りが感じられず、たぶん天ぷらで蕎麦の味がぼやけたせいで食べ続けるうちに普通の蕎麦と変わらないと感じてしまい、往復400km走っても食べたいという蕎麦ではなかった。 

2011年4月16日土曜日

天気予報通りだった。

 昨日で畝立てを終了しておいてよかった。気温が上昇し、夏日となって暑くなり桜は一気に満開、おかげで3・11以来、鬱々とした気分が少し和らいだ。
 明日は天気がいいのでジャガイモを植えるのに最適だが、探蕎会15名で「こそば亭」(妙高市)行で無理、予報では月・火は雨模様なので、植え付けは水曜日以降になるがしかたがない。

2011年4月15日金曜日

久しぶりの作業で腰が痛い。

 昨日は午後からカミさんと畑仕事。スタート時間が遅かったので、畝を6本つくり、苦土石灰と堆肥を入れる作業をしたが、完成せず時間切れで仕事に戻った。陽射しが強く汗ばんだが、運動不足の身体にはいい刺激になった。今日は午後から雨が降りそうなので、わたし一人で残りの作業をこなす。また晴耕雨読の生活が始まるが、原発事故が心配で読書はままならず、晴飲雨飲の毎日が続く。

2011年4月14日木曜日

朝からHPの更新作業。

 わたしが管理しているHPは前田書店を入れると6つあり、そのうち「IgG4関連疾患」用のデータの入力作業が今ようやく終了した。
 少々テクニックが要求される作業だったが、なんとかマニュアルの世話にならずに済んだ。
 天気がいいので午後からは気分転換に畑の畝立てをしようと思う。

2011年4月13日水曜日

今年は場所を移動


 昨日は天気が良かったので湯涌の市民農園をみてきた。ようやく準備作業が終わりかけていたところでもうOKだということ。去年までの場所は日当たりが悪かったので、今年は赤で囲った場所に移動することができた。ただ1年間耕作放棄されていた場所なので、あまりキレイではなかったが、その分連作障害を気にする必要もない。今年は苦土石灰をまいていないそうなので帰りに買った。去年は19日にジャガイモを植えていたので、今週中に畝立てをし、来週男爵を4kg植え、5月の連休にキュウリ、ナス、トマト、ピーマン、インゲンなどを植える予定。一区画30平米だが、金沢市がここまでキチンと畑を整備してくれるので本当に助かる。

2011年4月12日火曜日

さてビックリばかりもしていられない。

 今年のマスターズは素晴らしかったが、現実をみてみると大震災から1か月も経つのに被災された方の生活が一向に改善されない。
 保身のパフォーマンスしか頭にない首相がトンチンカンな政治主導を振り回すこの国の不幸をなんとか早く改善しなければならない。
 外国から見ればこの国の報道の偏向と、政治家の無能さにビックリしているに違いない。と、またもビックリだった。

2011年4月11日月曜日

息詰まる熱戦にビックリ

 いや〜誰が抜け出すか判らないスゴイ最終ラウンドだった。ロリー・マキロイがバックナインで大崩れし、タイガー・ウッズも届かなかった。マスターズを制したシュワーツェル(南ア)に限らず、メジャートーナメントを制する勝者は実力はもちろんだが、プレッシャーに打ち克つ集中力がまるでオーラのように感じる。2位タイにジェーソン・デイとアダム・スコットが入り、オーストラリア勢のマスターズ初制覇はまたも阻まれた。

2011年4月10日日曜日

4時半からにビックリ

 3時頃に目覚めていたが、まさかマスターズの中継が4時半からあるとは知らず、5時過ぎにTVをつけたので、石川遼と68で回ったアマの松山のプレーはハイライトで観るしかなかった。最終日の明日は3時半からなので忘れないようにしなくては。
 県議会議員選挙の投票を済ませてから仕事に。積雪が残っているため遅れていた畑作業は今週半ばあたりにスタートする予定。

2011年4月9日土曜日

二人の19歳にビックリ

 石川遼とアマの松山英樹(東北福祉大)がマスターズの予選を突破した。ラウンド後のインタビューもとても19歳とは思えないほどしっかりしていて、むしろラウンドレポーターの芹沢信夫の軽さ(馬鹿さ)が目立っていた。恐るべき19歳だ。マスターズに日本人最年長初挑戦した藤田寛之の予選落ちは残念だったが、かれの謙虚な感想も好感が持てた。

2011年4月8日金曜日

マスタースでビックリ。

 今朝からマスタースゴルフトーナメントの中継が始まった。我が家の地デジ化は、昨年3月に母親の部屋のTVが壊れたのでアンテナ内蔵の機種に、4月末に2階のTV、11月に居間のTVとようやく終了した。従って4月の上旬に始まるマスターズの中継をハイビジョンで観るのは今年が初めて。グリーンのあまりの美しさに、いつもなら7時15分頃に出かけるが、8時前まで観てしまった。最終日の月曜日までは出勤が遅くなりそうだ。

2011年4月7日木曜日

政党政治も吹っ飛んだかも。

 東日本大震災における民主党政権のドタバタぶりは目に余るものがあるが、かといって自民党でもこの状況に対処できる政策も人材もいない。
 この国は官僚社会主義国なのだから大連立がどうとかいっても仕組みは変わらないが、このような未曾有の災害に対しては自己責任を回避する官僚の発想では限界がある。強力なリーダーシップで国難に立ち向かう胆力のある人物はもはやこの国にはいないのだろうか。

2011年4月6日水曜日

油揚げ

 今日入荷したdancyu5月号の特集は「油揚げ」。中に「2枚あれば三合飲める」と酒飲みにとって思わずゴクリとなるフレーズも並ぶ。
 油揚げの消費量日本一の福井県でカリスマ油揚げ職人「92歳の油揚げ少年」のタイトルで「小林とうふ店」が紹介されていた。普段は竹田の厚揚げをよく買うが、あんなに店が大きくなる前はもっと旨かったと丸岡蕎麦道場の海道さんがおっしゃっていたが、ここは一日70〜100枚だけ、しかも1枚170円、従って8時には売り切れとなるらしいが一度食べてみたいものだ。
 油揚げは地味な食べ物だが、酒の引き立て役としては最右翼、今夜は油揚げを炙って熱燗で一杯としよう。

2011年4月5日火曜日

auが頑張りだした。

 スマートフォンでSkypeを採用したと思ったら、今度はWiMAX搭載でWi-Fiルーターとして使える機種「htc EVO WiMAX」を発表したので(いわゆるテザリング)、自宅で光、モバイルでWiMAXを使用しているauユーザーのA君に紹介した。これならこのスマートフォン1台ですべてOK、自宅の光インターネット契約も不要になる可能性も出てきた。
 わたしのGALAXY Sもテザリング機能があるが、日本では外されて販売されている。スマートフォンで出遅れたauだがこの捨て身の挑戦がどう出るか注目している。

2011年4月4日月曜日

Incase for 15inch MacBook Pro COMPACT BACKPACK

 悪いくせで時間があるとついネットショッピングのサイトに顔を出す。13inchのMacBook Proは家に置いてあるが、酒を飲むので夕食後は仕事が遅れている場合以外あまり触らない。以前、iMacのHDが壊れた時はMacBook Proに外部ディスプレイを繋いでなんとかしのいだが、毎日歩いて出勤するようになったので本体と充電アダプターをもって歩くのは重くて結構大変だ。ということで別にすぐに必要ではなかったが、ついクリックしてしまった。昨日の午後に届いたが、カラーとワンショルダーのデザインはともかく、決してコンパクトではなく、作りも安っぽくて満足いくものではなかった。もっとも8,700円だから無理もいえない。

2011年4月3日日曜日

宮城、青森はまだダメだった。

 「シェーグレンと共に 患者篇」を宮城、青森、茨城に送ったが、宮城、青森は戻ってきた。こういう事情でも東日本大震災の現実を実感することができる。遅々として進まない復旧作業の報道に気分は滅入るばかりだ。
 日曜日は12時からだが新学期なので今日は早く店を開けた。

2011年4月2日土曜日

静かな統一地方選挙入り

 今回の地震は「東日本大震災」と決まったようだが、おかげで選挙カーで名前だけをがなりたてる騒音公害から逃れることができて助かる。候補者の経歴をみてもなんでこんなヤツらがと思うのはわたしだけではないだろう。

2011年4月1日金曜日

東電の保養所

 今週の週間文春で東電は全国の20数カ所に保養所や研修センターをもっており、そこを避難所にという記事が写真入りで載っていたがまさにそのとおり。しかしその返事は「検討中だが、具体的な予定はまだ」。
 また原発事故の前線本部は原発から20キロ離れたレクリエーション施設「Jヴィレッジ」で、全90室の客室(収容人員264名)があるが、部屋には鍵がかかっており、復旧作業で疲れている自衛隊や、消防隊員はレストランや通路の床で雑魚寝を強いられているとか。あきれて物も言えない。