2011年3月31日木曜日

原発事故は政官産学の大いなる癒着の結果だが、

 原発を推進してきたマスメディアも大きな責任がある。新聞やTVの報道が厳しい現状分析を避け、ほぼ同じ論調を展開しているが、それはそうだろう、電力会社は大スポンサーなので悪く書けるわけがない。東電側がこれまで多額の金をばらまいてきたのだから、守ってくれるのが当然といった態度が会見の様子でもうかがえる。
 新聞の週刊誌の見出しに、ロシア専門家が警告『問題は複雑かつ硬直した官僚システム』とあった。わが国は自由主義国家ではなく、ロシアより強固な官僚社会主義国家なのでこの指摘は正しい。

2011年3月30日水曜日

菅さん、そろそろお辞めになっては

 財源の目処はたっていないが、とにかく予算が成立した。大災害でさえオノレの地位保全のために利用するという人間がこの国のトップに立っていること自体が人々の心を重くしている原因だ。防災服の前のボタンがはじけそうな腹をした官房長官もTVに映るだけで血圧が上昇する。現場に行かないのに防災服を着ることはおかしいし、その恰好で国会に臨むのはパフォーマンスでしかない。
 われわれはこんな未熟な政党を最悪の時期に選んでしまった。痛恨の極みである。

2011年3月29日火曜日

宮城、茨城、青森への発送が可能になった。

 「シェーグレンと共に 患者篇」の著者の皆さんに献本をお送りしたが、上記の3県は大震災のため運送会社から受け取りを拒否されていたが、昨日ようやく解除された。翌日に届くのは無理らしいが、物流は回復しつつあるようだ。
 問題は原発である。とうとうプルトニウムが検出されたようで予断を許さない。

2011年3月28日月曜日

「蒼穹の昴」最終回

 全25回が終了した。そのうちアラームで起こされたのが2回、アラームに気づかず見逃したのが1回あった。
 忠実に時代考証したセットや衣裳、田中裕子ら日本人の役者は日本語、中国の役者は当然中国語という難しい環境でのセリフ回し、中国の役者がみせる特有の表情は浅田次郎の原作をさらに魅力的なものに仕上がっていた。
 頑張って起きていなくてもよくなったのでこれで日曜の夜は大イビキで寝ることができる。

2011年3月27日日曜日

Office:mac 2011

 去年の10月頃に発売となったが、評判を調べてみると完成度がイマイチなので、購入を控えていた。Win版も持っているのでOffice:mac 2008でも間に合ったからだ。半年経ったのでそろそろバグも解消しただろうと考えて購入した。
 Officeは嫌いなソフトでとくにWordはもっとも使いにくく、レイアウトはInDesignでやるのでさらに遠ざかっている。しかし今回からアップグレード版を廃し、ビジネス版は1つで2インストールできるので、価格的には評価できる。
 もっともわたしのMacにはハードの本体価格の数倍の金額のソフトをインストールしてある(とくにアドビの製品は高い)ので、PCを買ったらそれでOKというわけにはいかないが、仕事用なので仕方がない。

2011年3月26日土曜日

本多俊之

 昨夜は何気なく「築地魚河岸三代目」にチャンネルを合わせてしまったが、ストーリーよりもオープニングに流れた本多俊之の軽快なサックスのサウンドに引きこまれ結局最後まで観てしまった。かれはソプラノサックスの第一人者でわたしもアルバム「サックス・ホリック」を持っている。
 同じくサックス奏者で、読売「時代の証言者」はナベサダ(渡辺貞夫)の連載で、今日で18回目だが、連日の東日本大震災の報道記事でイマイチ注目されないものになっているのが残念だ。

2011年3月25日金曜日

世界地図や地球儀でみれば、

 日本の存在は小さく、今回の地震や津波はともかく福島原発事故による放射能や放射性物質の影響は日本全土に及んでいると考えられても仕方がないだろう。実際にメルトダウンがおこればそうなる可能性は否定できない。
 昨夜、我が家の向かいの家に福島ナンバーのワンボックスカーがあったが知り合いを頼って避難してきたのだろうか。

2011年3月24日木曜日

危険負担を弱者に押しつけて成り立つ繁栄。

 早川先生はショックでブログを一時休止、「地震後眠れない毎日が続き、ストレスから食欲が落ち体重も4k近く減ってしまった」と再開したブログにあった。
 わたしも何か明るい話題をと考えてはみるが何も浮かんでこない。元々、東京電力や関西電力などの大手が自分たちのエリアの外で原発を作ることに違和感を感じていたがその意味が理解できたが、制御できない物質を手に入れた人類への警鐘ぐらいの程度で済めばいいが。
 大本営発表の情報を垂れ流す新聞やTVだけが頼りの方は現在の状況を正確に把握できないかも知れないが、これでようやく資本主義の構造の本質の一端が現れたということではないか。

2011年3月23日水曜日

本の販売どころではないが。

 「シェーグレンと共に 患者篇」が3月15日に発売になったが、11日に起きた東日本大震災のため東京の取次に200冊新刊委託で発送しただけでストップしたままで本の動きはない。
 ところがIgG4関連の先生方から販売に協力してくださるという言葉をツイッターでたくさんいただいた。わたしは去年長岡市で開かれた研究会に参加したので、それらの先生の顔も判るのでありがたさもひとしお。
 大震災の復興はまだまだ時間がかかるだろうが、わたしも患者さんのために少しでもこの本の存在を知っていただく努力をしなければならない。

2011年3月22日火曜日

かき菜は知らなかった。

 規制値を超える放射性物質が検出されたホウレンソウ・かき菜の出荷停止のニュースをみたが、かき菜は初めて聞いた。
 調べてみるとアブラナ科アブラナ属の野菜。北関東(特に栃木県佐野市など両毛地域)で栽培される伝統野菜で、「なばな」と同系統だが、セイヨウアブラナではなく、在来種のアブラナまたはその変種と見られる(ウィキペディア)。おもに茹でておひたしで食するらしい。
 放射性ヨウ素やセシウムの影響について政府は毎日食べ続けなければ安心だといっているが、放射性物質に関してこんな楽観的な指導でいいものか疑問に思う。
 カイワレを食べたかたに今度はかき菜も食べていただきたい。

2011年3月21日月曜日

仕事は休み

 昨日は朝に墓参りを済ませ、昼は大陽が丘にお住まいの登山家、山口さんのお宅で山の話とネパール風カレーをご馳走になり、さらに木村先生と私はシャンパン2本と自家製生ビール数本を空けた。夕食も焼酎をグビグビ、おかげで朝起きると飲みすぎで少し頭が痛かったので仕事を休んだが、昼に家にいるのは正月以来なので時間を持て余し気味。14時前だが頭もスッキリしてきたので夕食はまた飲めそう。

2011年3月20日日曜日

真実を伝えないマスメディア

 A君がBSのある番組の録画を持ってきたが、それを観ると放射能の正しい理解、政府の「ただちに身体に影響ががあるわけではない」と逃げ場を作った役人の言い方や御用学者の無責任な解説を非難していたが、まさにその通り。
 真実を伝える小さな声にもっと注意を払うべきだ。真実を伝えないマスメディアはもういらない。

2011年3月19日土曜日

「シェーグレンの会」総会も中止

 4月2日東京で開催される予定だったが中止の連絡がきた。総会に間に合わせるためにがんばって作った「シェーグレンと共に 患者篇」だったので残念だが仕方がない。
 被災地に近い、岩手、宮城、福島、茨城の書店の状況もネットで分かるようになったが、再開不能の書店もかなりあり、他人事ではない。なんとか踏ん張って欲しいものだ。

2011年3月18日金曜日

本の入荷も遅れている。

 東日本大震災のため東京の取次(本の卸会社)から北陸地区への送品は月・水・金の週3日になったので今日は入荷がない。新刊や注文品、補充品も遅れがちなので棚にすき間が目立つようになってきたが、これくらいのことは我慢しなければならない。
 マスコミやネットで政府や東電の対応に対するヒステリックな批判が強まってきたようだが、わたしの愛読している小笠原信之氏のコラム「閑居愚考」16・17日の記事は当を得た記事だと思う。また震源地近くの仙台に住む氏の盟友、大沼安史氏の「机の上の空」は海外の反応をタイムリーに紹介しており、国内外の状況判断の助けになっている。
 しかし警察の放水車は情けなかった。TVに映っただけであの結果は予想された。

2011年3月17日木曜日

さらに

 新潟市のスーパーでパンなどの食料品が品薄との連絡があったのでこちらから送った。金沢ではまだ食料品の買いだめは起こっていないようだ。
 話は変わるが原発の周辺住民に20kmの避難指示を出しながら、原子力安全保安院の現地職員が50kmに移動したという情報をネットで見つけたが本当か。かたや身の危険を顧みず志願して現地へ向かう技術者もいるというのにこのザマはなんだ(怒)。
 休止していた早川先生のブログが再開したので一安心。

2011年3月16日水曜日

新潟も計画停電か

 カミさんの実家のある新潟市の姉から計画停電(新潟市東区は第1グループ)が実施されるとかで、停電に備えてホームセンターに懐中電灯やランタンを買いに行ったがすべて売り切れだったそうだ。家には寝たきりの母親がいるのでトイレにいくとき必要なのでこちらから送ってくれと電話があったそうだ。ニュースでは東北電力は16日午前の停電を中止したそうだが、今後のことはわからない。ガソリンも10Lしか買えないそうだ。
 今ホームセンターを2店回ったが乾電池すら品切れだった。はしかいやつがいるようだ。アウトドア用品店も乾電池仕様はなし。キャンプ用のホワイトガソリンやガス仕様ならわたしも持っているが、発光体のマントルをつくることは年寄りには無理だし、室内では危険すぎる。

2011年3月15日火曜日

原発に対する不信感。

 政府の対応を毎日説明する官房長官、東電、原子力安全保安院、TVで解説する大学教授の弁はどうも歯切れが悪く、こいつらはグルで何かを隠しているように感じる。原子炉の構造に関する知識は詳しくなったが、説明されればされるほど、ずいぶん危険な代物だという認識が高まってくる。安全に関するコストをぎりぎりまで削減し、利益を確保しようとする電力会社の思惑が透けて見えるようだ。これ以上被害が拡大すると日本の原子力エネルギー政策は変更せざるを得ないことになるだろう。

2011年3月14日月曜日

マウンテンワール「独り言」突然休止。

 毎日楽しみにしているブログでこれまで欠かさず更新されていたが、日曜日に「当分の間休止します。復興の道のりは長いだろうが国民が一丸となって頑張るしか無い」とのコメントがあった。早川先生に何かあったのだろうか。

2011年3月13日日曜日

探蕎会「福助」砺波市

 大地震で大変なときに蕎麦など喰ってる場合かといわれそうだが、先月の総会で決定した行事なので決行となった。参加者は16名、田んぼの中の立派な古民家で、移築したものだとか。わたしは「粗挽き田舎」の大盛(1,150円)をいただいた=写真=。最初は塩のみ、その後は汁でいただいたが、量は多くこれだけでもお腹いっぱいになった。蕎麦掻きや穴子の天せいろを頼んだ方はそれらの大きさに度胆を抜かれていた。日曜日なので開店後すぐに満員となったが、人気の秘密は分かるような気がした。

2011年3月12日土曜日

東北地方太平洋沖地震

 地震の発生にはまったく気づかず、家でTVを観ていた母からの電話で知った。帰宅後TVで確認したが、津波が押し寄せる場面は不謹慎だが映画のシーンを観るようだった。三陸はリアス式海岸で湾の奧に行くに従って狭くなるので水のエネルギーが衰えず津波の被害が大きくなる。
 東京のT先生から今朝メールが届いたが、電車が止まったので病院で泊まったとのこと。またIgG4のtwitterをみても今日札幌で開かれる研究会には、飛行機が飛ばないので北陸からは参加できないようだ。

2011年3月11日金曜日

探蕎会におけるメールとタバコ。

 日曜日の探蕎は砺波の「福助」で14名の参加だが、案内はメールで出す。探蕎会は50名ほどの会員数だが、61歳のわたしが男性ではほぼ最年少という超高齢者集団だ。しかしメールの普及率は高く、84歳の寺田会長はつい最近始めたばかりなのに立派に使いこなしている。会報の校正もしっかりとPDFファイルに対応される。必要とあれば系統的に勉強する姿勢は学者の習性かも。
 もうひとつわたしが探蕎会に参加している理由は会の行事で誰もタバコを吸わないこと。これだけの人数でタバコを吸わない集団はしらない。努力もマナーもよい集まりである。

2011年3月10日木曜日

飲みすぎた。

 仕事が一段落したところで飲み会。開放感もあって平和町のフレンチでワイン、流れて小立野の寿司屋で熱燗とかなり飲んだ。しかし朝飯こそ食べなかったが、二日酔いもせず頭はスッキリ。健康に人一倍気を遣うA君の薦めで「屋久島春ウコン粉末」を飲んでいるせいかも。あの苦さはたしかに身体によさそうな気がする。

2011年3月9日水曜日

表紙の写真

 書店のHPに「シェーグレンと共に 患者篇」の写真をアップした。童話の物語のようなデザインは編集長の大和さんのアイデアを彼女の知己で青森在住のイラストレーター齊籐修一さんの作品。氏とはメールだけのやりとりだったが、無理なお願いも快く引き受けていただき感謝している。
 内容は25名の患者さんの体験談に対して20名の専門医が助言するというスタイルで、先生方はじめ多くの皆さんのご協力でできたもの。この本をいかに売るか思案をめぐらす毎日が続く。

2011年3月8日火曜日

「シェーグレンと共に 患者篇」校了

 印刷会社とスケジュールの打合せをしたが、15日発行にはギリギリ、トラブルがないことを祈る。出版は完璧に仕上がることを目指すが、なかなか実現は困難だ。1か所問題がみつかるたびに寿命が縮む思いをすることになるが、それが反省となり次回への意気込みの原動力となるから不思議なものだ。
 ネットの普及により、出版物の売上は減少し続けており、わたしどものような零細な書店も影響を受けているが、逆にネットのおかげで、こんな田舎の小さな書店の出版物でも関係者の目に触れることが出来る利点もある。

2011年3月7日月曜日

蒼穹の昴 23回「流血の政変」

 アラームで起こされた。光緒帝の改革が失敗し、首謀者が処刑されるシーンで終わったが、それを京劇を観ながら、うすら笑う西太后の演技はなかなかのものだった。
 しかし清朝の処刑は中華料理で使う円柱のまな板を大きくしたようなものの上に首を押さえつけ、青竜刀でバッサリという乱暴なものだった。いよいよあと2回。

2011年3月6日日曜日

いいアプリをみつけた。

 スマートフォンは節電のためバックライトの消灯時間を設定でき、15秒、30秒、1分、2分、10分から選択できる。わたしは30秒に設定してあるが、メールやウェブサイトをみているときに30秒後に消灯して真っ暗になり、パスワードを再入力しなければならないのが面倒だった。アスキーのHPでわずかな振動を感知して端末のスリープを防ぐアプリ「BetterSleep 0.10.107」が紹介されていたのでさっそくダウンロードした。確かに手の振動を感知し、アイコンが左右に震えている、しかも無料。これですぐにスリープするイライラから解消された。インストールして使っているアプリの合計は78個となった。

2011年3月5日土曜日

同窓会は出席せず。

 先日、高校の同級生N君が8月にある同窓会の案内状のコピーのため来店した。わたしは前々回は出席したが、前回は欠席、今回も欠席する。理由を尋ねられたが、「禁煙」でないからと答えた。
 私自身ヘビースモーカーだったが、40歳で禁煙して以来、タバコの煙が苦手となった。仲間もそれを知っており、3人で山へむかう車中、2人は喫煙者しかも喫煙者の車だったときも、高速のSAでしか彼らはタバコを吸わず気を遣ってくれた。
 同窓会は宴会場、さらに部屋へ戻ってからもタバコの煙から解放されないことが多いので耐えられない。
 そういう理由で小学校の同窓会の案内も来たがやはり欠席する。

2011年3月4日金曜日

カバーまで話題になるとは

 「Smart Cover」と名づけられたマグネットつきの新しい純正カバーだが、折りたたみ方式は日本の風呂のフタから思いついたとか。スタンドにもなり、10色から選べるようで、これも人気になるだろう。
 しかしわたしがもうひとつiPadを買わない理由はFlashに対応していないことだ。Macを使い続ける最大の理由はDTPの分野で必須のアドビのInDesign、Photoshop、Illustlratorを使うためだ。今でこそWin版もあるが、やはり使い勝手はMac版のほうがいい。そのアドビの製品であるFlashをiPadとiPhone、iPod touchだけ採用していないからだ。
 アップルはハードとソフトを両方制作し、その使い勝手は素晴らしく、マイクロソフトをしのぐものがあるが、アドビに優るものは残念ながらない。このことでこれまでのアップルとアドビの蜜月状態が崩壊しないことを望む。(写真はCNET Japanより)

2011年3月3日木曜日

iPad 2発表

 雪だ、3月に入ったばかりなのでまだ油断は出来ない。
 iPad 2がアップルのHPで発表された。各方面からリークされてきた情報とほぼ一致し、より速く、より薄くなった。この発表には休養中のS・ジョブス氏が登場したようだが、アップルのプレゼンは実にウマイ。心がウキウキするような感動を覚える。しかしアップルを追撃するアンドロイド陣営に対するジョブス氏の対抗意識は少し度が過ぎるような気がした。
 ところでわたしはiPadのときと同様にiPad 2は買わない。理由はMacで出来る作業がiPadでも出来るようになればということだ。でもその決心が少しぐらついてきた。仕事も大事だが遊びも大事だからだ。米国と同様、テザリングが搭載されたら考える。しかし今のGALAXYは買ったばかり、しかも「リャンシバ」なので2年間はどうにもならない。

2011年3月2日水曜日

auがテザリング解禁

 WiMAX+3G対応のAndroidスマートフォンのhtc EVO WiMAX ISW11HTを4月上旬発売とのニュース。ついにやりました。
 私が使っているドコモのGALAXY Sもテザリング機能があるが、日本では外されている。もちろんソフトバンクのiPhoneもそうだ。スマートフォンの分野でやや遅れていたauがいよいよ大きな勝負に出てきた。

2011年3月1日火曜日

入試ネット投稿

 これには複数の者が関わっていると思うがネット社会では当然起こりうる事件だ。
 地元紙の今日の「時鐘」欄に「他人から知恵を借りておいて「ベストアンサー」とは、おふざけが過ぎる」とあり、思わずエッとなった。ネットで検索すれば質問に対して「ベストアンサー」や「良く出来ました」などの言葉を何回も目にするので、今さら「おふざけが過ぎる」はないだろう。ご本人がネットに疎いということをさらけ出したようなものだ。
 話は変わるが、映画「ソーシャルネットワーク」でも主人公がハーバード大学のサーバーをハッキングしてパンクさせるシーンがあり、事件となったが、大学のサーバー管理者はセキュリティは完璧だと主張していた。ハッカーとしての能力を試す一種の愉快犯のような行為だった。入試ネット投稿は違法行為だが、せめて動機の根が浅いことを願う。