2011年2月28日月曜日

大仕事が終わって、

 次は「シェーグレンと共に 患者篇」の校正にとりかかる。あと原稿が2つ届いていないが、土曜日の編集会議で検討し、対応を考えてあるので安心して作業を進めることができる。長かった作業だが今週で終了となる。

2011年2月27日日曜日

探蕎会総会@エクセルホテル東急


 毎年恒例の行事だが事務局を預かる身としては、かなり気を遣う。今年の講演は探蕎会会員で、現役時代、心臓外科の分野で「世界の岩」と称された金大名誉教授岩喬先生の「不整脈について」だった。事前に先生からの指示で作成した資料だったが、講演中に文中のミスプリに気づき、ビックリして「不整脈」が出現したが、さりげなくスルーしていただき事なきを得た。
 このような失態があるにもかかわらず、わたしに事務局を任せていただいている探蕎会の皆さんには心から感謝を申し上げる次第です。

2011年2月26日土曜日

23:10にようやくブログ作成。

 今日は7:30に出発して「シェーグレンと共に 患者篇」の最終編集会議のため編集長の住む黒部市まで遠征し、20時に帰宅。今ようやく修正を完了した。
 明日は探蕎会総会@エクセルホテル東急なので、本日中に修正しておかないと総会ではお酒が入るので、すっかり忘れてしまう恐れがあるため頑張った。
 何か月も同じメンバーで作業をしていると、とても他人とは思えない気分になると発言したら、なにやらシ〜ンとした雰囲気が漂ったが、これくらいでくじけないのがワシの厚かましさ。ドンマイじゃ。

2011年2月25日金曜日

Thunderbolt搭載MacBook Pro発売。


 新しいMacBook Proが発表になり、予想通りThunderbolt(Light Peakのことで開発はインテル)を搭載していた。MacがHDMIを採用しないのは何かあると思っていたがこれだった。USB 2.0に比べて最大20倍、FireWire 800に比べ最大12倍高速化し、一つのコネクタに2つの10Gbpsチャンネルがあるため、ハブを使わずに複数の高速デバイスとディスプレイを連結できる、とのこと。
 先日ある先生の新しいiMacにFireWire 800を使ってクローンをつくり、データの移行に2時間あまりかかったがThunderboltなら10分程度で完了となる。
 Macに対するもう一つの疑問はブルーレイを搭載しないことだが、これは現在のブルーレイの性能だと時間がかかりすぎるのと、それほどのデータならクラウドに置いておくほうが合理的だと考えているのではないかと思う。(写真はアップルのHPより)

2011年2月24日木曜日

ボイスサーチ


 TVCMで嵐のメンバーがスマートフォンに向かってしゃべると、それに関連した情報が表示される機能を紹介しているが、確かに音声を認識する能力はかなり向上しているようだ。歯が悪く空気が漏れるようなしゃべり方のわたしでもちゃんと認識してくれる。長い文章はまだ弱いが、単語なら十分識別してくれる。ちなみにこのブログで試してみるとこのようになる。右の結果の画面をクリックすると「めくれない日めくり日記」を表示してくれる。しかし一番下の「・・姫喰い日記」には驚いた。

2011年2月23日水曜日

Light Peak搭載か。

 次期「iPad」発表は米国時間3月2日かとCNETニュース。噂では前面・背面にカメラを搭載、現行モデルよりも薄型化、GSM/CDMAの両方に対応、大型のスピーカーを搭載とかいわれているが、わたしはひょっとして、Light Peakが採用されるのではないかと期待している。実際はMacBook Proに搭載かもしれないが、この春にアッと驚く発表をとアナウンスしているのはこのことではないだろうか。

2011年2月22日火曜日

今朝の読売「論点」

 安藤忠雄の「若者たちへ」で、社会が低迷している現在の状況だからこそ、じっくり思考して日本の伝統ある文化を大切にし、想像力ある社会を築いて次世代へとつなぎたい。そのためにも、若い力が欠かせない。他者との衝突や失敗を恐れず、果敢に挑戦する勇気をもってほしいと結んでいる。
 独学で建築を学び、東大教授になった氏の言葉だけに説得力のあるもので、久しぶりにストレートに元気をもらった気がした。
 ただ氏の肩書きが「東大名誉教授」となっていたが「東京大学特別栄誉教授」(東京大学において世界的に著しい功績を挙げた教授その他として勤務した者に対して授与される終身称号)の間違いではないかと思う。

2011年2月21日月曜日

不覚にも寝てしまった。

 「蒼穹の昴」は毎週録画してあるが、念のため23時にスマートフォンでアラームを設定してる。しかし昨夜はなぜかアラームに気づかず、目覚めたら3時半。袁世凱が皇帝を裏切り、皇太后側に寝返るところなので、見逃すわけにはいかず録画で観た。袁世凱ほど歴史が変われどずっと悪役の評価が変わらないのはめずらしいが、さらに調べてみると、一妻九妾との間に17男14女をもうけたとかで精力絶倫であったらしい。そういう色眼鏡でみるとたしかに強そうな感じだ。オスは生きてるムダでもここまでくると立派なものだ。

2011年2月20日日曜日

今週は春のような天気が続きそう。

 朝6時に目覚めたら快晴。そろそろウオーキングを始めないと冬を乗り切るために蓄えたカロリーがお腹の周りに目立つようになってきた。しかしヤバイという認識だけで身体は動かなかった。
 夏は暑く、冬は寒く、春と秋はあったのかと思うくらいメリハリの効いた気候だったが、世界的には天候不順で農作物に被害が出て、おまけに農産物に投機マネーが流れ込み、食料価格が上昇し大変なことになるようだ。個人的には鯨飲馬食の習慣を改めるいい機会かもしれない。

2011年2月19日土曜日

芋焼酎「安納」黒麹常圧蒸留25度

 頂き物の四合瓶の「安納」は非常に飲みやすく、ロックでスルスルと入る。ラベルには「この焼酎は種子島の安納(あんのう)地区だけでしか栽培されていない最も糖度の高い安納芋を、契約農家にて有機栽培で依頼し原料として使用している。使用する水は、超軟水・種子島甲山水を使い、厳選した黒麹菌にて、一次も二次も甕壷で仕込んだこだわりの焼酎。口当たりは、濃醇で深い味わいながら、喉ごしはなめらかに仕上がっています」とあった。まさにその通り、もったいないが2日でなくなった。鹿児島県・種子島酒造4074円

2011年2月18日金曜日

怒濤のサムスン

 Android2.3搭載の「GALAXY S II」やAndroid 3.0を搭載した「GALAXY Tab 10.1」の他に、Android搭載音楽プレーヤ「Galaxy S Wi-Fi」を発表した。明らかにアップルのiPod touchに対抗したものだ。ここらが勝負時と見て一気にたたみかけるパワーは今の日本のメーカーにはない。iModeメールやワンセグやおサイフケータイ、カメラの性能など、どうでもいい付加価値にこだわっているのをみると、これでは勝てんなーと思った。

2011年2月17日木曜日

「オスは生きてるムダなのか」池田清彦

 生物学者の著者は高等生物の受精ではメスはDNAとそれ以外のすべてを提供し、オスはDNA以外はほとんど何も提供しない。発生や進化にとって核のDNAだけが重要だとの立場からは、オスとメスは等価であるが、細胞のシステムもまた重要であるとの立場に立てば、メスはオスよりはるかに重要な存在である。よって免疫学者多田富雄の「女は実体だが、男は現象である」の名言をさらに「男は情報」と言い換えている。
 メスはセックスの時、選ぶ性になり、オスは選ばれる性になる。オスはどんなメスとくっついても得するので相手は誰でもいいが、メスはいかにしていいオスを選ぶかが重要だが、オスは大量の精子を生産するのでメスを騙してなるべくたくさん種付けをしようと努力する。
 要するに主導権はメスで「種の存続のために配偶子は重要だが、繁殖に関与しないあるいは繁殖後の個体は無駄である」から著者はオスは生きているムダだと言い切っている。寂しいですな〜。
 しかしその無駄があるからこそオスには「理性」が備わったと考えたいものだ。(角川選書 2010)

2011年2月16日水曜日

鼻水が止まらず。

 今年の花粉はかなり多いといわれている。この1,2年は薬を飲まなくても大丈夫だったが、昨日は目覚めてからクシャミと鼻水でティッシュが離せず、カミさんの「アレロック」を1錠もらってから落ち着いた。だがこの薬は眠気がすごく、じっとしていると思わずコックリとなるので、以前飲んでいた「クラリチン」を処方してもらい少々落ち着いた。
 思うに花粉症は地球上で食物連鎖の頂点に立ち、やり放題に生活してきた人類に、植物が放つささやかな抵抗の一種ではないだろうか。

2011年2月15日火曜日

facebookは今のところしない。

 M先生からメールでfacebookへのお誘いをうけた。実名と写真が必須はともかく、交友関係や音楽、映画、読書、趣味などの掲載までされるのはちと恥ずかしい。「ソーシャルネットワーク」も観たが、多民族国家の米国ではこれくらいの情報がないとお互いのことが分からないのではないだろうか。
 わたしはHPを5つ管理し、毎日ブログを書き、twitterまで顔を出していて結構忙しいのでfacebookはもう少し様子をみる。ところでfacebookがtwitterを買収するとかいう噂もあるようだが、どうなるの?

2011年2月14日月曜日

バッテリーに関してアップルの考え方。

 MacBook Pro、MacBook Air、iPad、iPhone、iPod touchなどはバッテリーの交換ができない構造になっている。バッテリーの容量を少しでも大きくし、同時に筐体を薄くするために着脱のためのスペースを省き、形状も自由にできるリチウムポリマーを採用し、充電回数もカウントして(500回保証)、最低5年の耐用年数を図っている。そのためMacBook Pro13インチは1回の充電で公称10時間(実際は半分くらいだが)になっている。それでもThinkPadの倍はもつ。このように最善の材料と設計をしても5年という耐用年数になっている。
 今巷に溢れているハイブリッド車が5年経ったら、バッテリーのリサイクルで、あらたな環境破壊をもたらしそうで、わたしがハイブリッド車に買い替えるのをためらっている大きな理由になっている(本当はお金がないため)。

2011年2月13日日曜日

毎日充電

 GALAXY Sの前の機種P905iは電話と、たまにくる家族からのiModeメールだけだったので、1週間ほど電池が持った。ところがGALAXY Sは裏蓋を開けるとほぼ半分を占めるほど電池が大きいが、ネット、Gメール、GPSを使った場合、それにBluetoothも入れっぱなしなのでバッテリーの消耗が激しく毎日充電しなければ使えない。
 リチウムイオン電池はハイブリッド車にも搭載され始めたが、経年劣化や減り方を考えるとPCやスマートフォンを使った感じではまだまだ実用的な域に達していないように思う。

2011年2月12日土曜日

ナセル-サダト-ムバラク

 とうとうムバラクが退陣したが、エジプトの体制や米国の思惑といった話を別にしても、ワシら平凡な日本人でもこの3人の大統領の名前を知っている。それに比べるとわが国の首相の任期の短さは特筆ものだ。コロコロ変わるということは結局誰がやっても同じこと、つまり官僚の掌で踊っているだけということ。
 それにしても今の首相はヒドすぎる。顔を見るだけで血圧が上がるという意見には全く同感だ。

2011年2月11日金曜日

朝から校正作業

 「シェーグレンと共に 患者篇」の校正作業とプリント出力で今やっと一息ついた。まだ届かない原稿があり発売予定の2月15日には間に合わなくなったが仕方がない。さらに最終編集会議の日程も27日に決まったが、翌日は探蕎会総会@エクセルホテル東急。こちらのほうの準備もそろそろとりかからなくては。

2011年2月10日木曜日

アップル「iPad 2」を生産開始

 現行機種よりさらに薄く、軽く、速くなるらしい。また別の記事ではHPが「TouchPad」タブレットを発表とも。ケータイ分野ではノキアがかろうじて首位だが、スマートフォン対応が遅れ、アンドロイド陣営やiPhoneに押されているようだ。
 タブレットPCやスマートフォンは素早い判断と開発の瞬発力が要求されるので各社のしのぎを削る毎日のニュースから目が離せない。

2011年2月9日水曜日

ハンズフリーカーキット


 ロジテックのキットが届いたのでさっそくテスト。GALAXY SのbluetoothをONにしてペアリング(ちょっとやーらしい単語だが、2台のBluetoothデバイスの接続設定のことで、一度設定すれば記憶される)するだけでOK。あとは右端の真ん中の通話ボタンを押すだけ。
 東京都ではイヤフォンマイクも違反になるらしいので、ハンズフリーしか対策がない。
 購入したのはシガーソケットに差し込むタイプ(写真左)なので手軽に使える。また8台までペアリング可能なのでだれでも使える。ちなみにわたしはiMacとMacbook Proともペアリングしてあるが、GALAXY Sとハンズフリーが接続状態にあるのが右の写真(クリックすると拡大します)。

2011年2月8日火曜日

スマートフォンの世界出荷、初めてパソコン上回る

とネットニュース。10年10~12月、前年同期比87%増の1億90万台でPCの9207万台を四半期ベースで初めてスマートフォンの出荷台数がパソコンを上回ったそうだ。ITの流行に敏感なわたしの行動と一致する結果となった。これからPCとの差はさらに開いていくだろう。あとは通信料の値下げだ。

2011年2月7日月曜日

Bluetoothといえば

 キーボードやマウスが多くなってきたが、やはり代表的なのはケータイのハンズフリー通話だろう。土曜日、広坂で渋滞に遭いすぐ後に赤色回転灯を点灯させたパトカーがいるときにケータイが鳴った。幸いカミさんからだったのですぐに切ったがヒヤヒヤもんだった。
 ということで最近ハンズフリー搭載の車が増えてきたがわたしの車はまだなので反則切符をもらわないために携帯用ハンズフリーキットをアマゾンで注文した。価格は半額の2,460円、規格は2.1だが上位互換なので3.0でも使えるはず。使用感は届いてから。

2011年2月6日日曜日

Bluetooth 3.0

 GALAXY SにはBluetooth3.0が搭載されているようだ。「ようだ」というのはカタログスペックだけで試すツールがないからだ。現在はまだ2.1が主流でそれに対応したヘッドセットなどがでているが、データを圧縮するため音質が悪いので通話はともかく音楽を聴くには適していない。3.0になると抜群に音質が良くなるそうなので、はやく対応したヘッドセットが出てくることを期待する。ちなみにドコモではREGZA Phone、LYNX 3D、BlackBerry 9300などのスマートフォンはまだ2.1のまま、一歩先ゆくサムスンでした。

2011年2月5日土曜日

国技→伝統芸能へ

 以前にも書いたが、相撲は元来見世物であり、江戸時代から八百長は「拵え相撲」といって勧進元の意向通りになっていたことは『雷電本紀』飯嶋和一に詳しい。今回の問題は十両や幕下だけを問題にしているが、八百長が「故意による無気力相撲」というのなら、これまで怪しい取組が多々あり角界全体の問題だ。
 小中学校の校庭から土俵がなくなって久しいが、もはや相撲は人気のないスポーツなので国技を返上して伝統芸能としたほうが現実的だと考える。

2011年2月4日金曜日

南南東

 今年の恵方は南南東だそうで巻きずしを食べさせられた。こんなことを毎年やっているのは子どものいる家庭が中心だろうが、30歳と26歳の娘がいる我が家では今年も何のためらいもなく静々と(もっともしゃべってはいけないそうなので)執り行われた。
 ただその前に行う豆まきはさすがに娘たちは参加せず、カミさん一人で家中駆けまわっていた。

2011年2月3日木曜日

「医療現場iPad活用ガイド」

 今日入荷した新刊だ。仕事柄関心のある分野の新刊を早く目を通すことができるが、iPadは確かに医者の間でも持っているかたが増えてきているし、病院によっては研修医全員に持たせるところも出てきたようだ。臨床現場では患者のデータを確認したりするのに迅速さが必要で、また疾患に関する文献をダウンロードしたり、各自のスケジュールを確認するなど、SSDなので瞬時に起動するiPadは非常に便利なツールになると思っていた。画像診断ソフトのOsiriX(オザイリクス)を始め、有料、無料のソフトも充実してきた。これで病院内の様子が一変するかもしれない。(エクスナレッジ 2100円)

2011年2月2日水曜日

久しぶりの青空

 このところ朝食後の雪すかしが日課だったが、今朝はようやく解放された。しかし放射冷却でバリバリの状態、足元を気にしながらの通勤となった。今週は天気が良く最低気温も氷点下になることがないようだ。

2011年2月1日火曜日

がんに効く生活―克服した医師の自分でできる「統合医療」

 人一倍健康に気を遣うA君がタイトルの本を、膵癌の宣告をうけたS君に読ませてくれと持ってきたが、なぜか気になりわたしが先に読んでしまった。
 がんに有効という本が巷に溢れているが、眉唾ものが実に多い中、この本は、癌宣告をうけた現役の優秀な医師が、癌のメカニズムを研究し、あらゆる可能性を模索し、その結果、食事・心のケア・運動による「抗癌体質」メニューを考案・実践し、癌を克服した話。
 医療者はもちろん、がん患者やその家族にとって非常に参考になる。帯には癌を「作らない」「育てない」「あきらめない」とあるが、信頼できるジャーナルの医学データを根拠にしたもので、合点がいくものである。原題 ANTICANCER: A New Way of Life by David S. Schreiber(NHK出版 2009、2310円)