2011年1月31日月曜日

除雪マンデー

 朝起きるとさらに30cmの降雪。幸い気温が低くパウダースノーなので軽くて助かるが、スコッパにガッパがついて苦労する。車は諦めて歩いて出勤し、また雪すかし。
 明日から寒波が緩みそうな予報だが、屋根雪がそろそろ心配になってきた。

2011年1月30日日曜日

除雪サンデー

 アジア杯決勝対オーストラリア戦はまさに死闘だった。これまでも激戦の連続だったので、技術面、メンタル面でかなり成長したようだ。試合が終わってもなかなか寝られず朝寝坊したが、朝食後雪すかしに精を出した。うまい具合に時間に余裕のある毎日曜日の午前中に作業できるので助かる。しかし明日までにさらに雪が降る予報なので心配だ。

2011年1月29日土曜日

GALAXY Sが1000万台超え

 と今日の読売。昨年6月発売なので半年でのデータ。今年はスマートフォンの新機種の発売が目白押しだ。あとは通信料の値下げを期待したい。家と店で光&無線LAN、GALAXY Sは通話料を含めると1万円、娘たちはそれぞれパケホーダイの契約をしているので費用は馬鹿にならない。ぜひスマートフォンのテザリング機能を一刻も早く解禁してほしい。

2011年1月28日金曜日

ZERO:9/11の虚構

 アメリカ同時多発テロ事件に関しては疑問が多く、それに対して米政府の回答は十分とはいえず、むしろ破綻が多くみられる。
 以前に「華氏911」を観て、この事件に対してさらに疑問が深まっていたところに今回の作品だ。金沢では上映されないのではと思っていたが、「コロナシネマワールド」で一日2回、2/4まで上映されていることを知り、同じくこの事件に関心のあるT君とでかけた。観客はワシら二人だけ、予告編もなくいきなり始まった。
 米政府の報告と事実との食い違いを淡々とドキュメンタリー映像を交えながら展開していくもので、かくも杜撰な陰謀がなぜ改めて検証されずに米国社会が成り立っているのか、その闇の深さに戦慄を覚えた。イタリアの作品だが、原題は"ZERO An Investigation into 9-11"

2011年1月27日木曜日

「Facebook上のつながりを可視化したマップ」

 今朝のCNETにFacebookのインターンであるPaul Butler氏が作ったタイトルのマップが載っていた。世界地図の上にFacebookユーザーをマッピングしたのではなく、ユーザーの所在地同士を結んだ結果、世界地図に近い形が浮かび上がったとのこと。
 よくみると北米、ヨーロッパ、インド、南米、東南アジアの利用者が多いが、中国、日本、韓国はまだ多くないことが分かる。
 そのFacebookを迎え撃つグーグルが6000人増員、かたやヤフーは従業員の約1%を追加削減するらしい。
 デジタル社会の企業は0と1、一つの勝者とそれ以外は敗者、つまり2位以下では生き残るのが困難な厳しい世界だ。

2011年1月26日水曜日

なりふりなど構わない韓国


 昨夜のサッカーアジア杯準決勝は凄かった。インタビューを受けるボードには今やケータイなどの電子機器では世界のトップに踊りでたsamsungのロゴが目立っていた。
 いいものを取入れる手法はかつて日本が得意とする分野だった。しかし韓国のなりふり構わず真似るやり方は徹底している。わたしの持っているアンドロイドスマートフォンGALAXY SはiPhoneそっくりだが、実は同じくドコモのWindows Mobile6.5搭載のSC-01Bは写真のようにBlackBerry Bold 9700そっくりだが、プライドだけは少々高くなってきた日本ではなかなかここまではやれない。これもある意味でSuch a Shameか。

2011年1月25日火曜日

Such a Shame.


 東芝も10インチのタブレットに参入するようだが、海外向けの予告サイトでFlashに対応していないiPadやiPhoneをタイトルのような言葉で挑発しているらしい。CNET Japanでは「お気の毒に」と翻訳してあった。しかし気になって調べてみるとグーグルでは「そのような恥」、ジーニアス英和の5番目でようやく「残念なこと」とあった。そのあとに続く言葉から考えるとどっちともとれるがいかがでしょうか。

2011年1月24日月曜日

デジタルは記憶に残らない。

 「人間失格」は317頁あるが、1頁読むのに1分かからない。もっとも30秒でスリープになる設定なので面白くないところは読み飛ばす。残念なことにディスプレイは4インチなので老眼鏡をかけないと読めない(拡大はできるがスクロールが面倒)。やはりワシら高齢者がブックリーダーとして使うなら7インチ以上は必要だろう。
 紙に印刷された文字と違って、デジタルデータはコピペしてEvernoteなどにテキストメモしておけばあとから整理できるので内容が記憶に残りにくいのは仕方がない。

2011年1月23日日曜日

i文庫 for Android


 これまで iPod touchで「i文庫」を使って青空文庫を読んでいたが、Android版が出たのでさっそくダウンロードした、価格は5.99ドル。試しにサンプルにあった最近映画化され人気が復活してきたという太宰治の「人間失格」をダウンロードし読み始めた。高校時代以来だろうか。こんな甘っちょろいものをまた読むには年をとりすぎてしまったが、27頁に「脚絆」に「レギンス」とルビを振ってあることになぜか新鮮味を覚えた。

2011年1月22日土曜日

スマートフォンで「立ち読み」


 スマートフォンの電子ブックリーダーを試した。電子書籍はまだ形式が統一されておらず、InDesignなどのDTPソフトとWebデザインソフトのDreamweaverなどの知識が必要で、とくに日本語組版の禁則処理など、まだ解決すべき問題が多い。
 著作権が切れた古典は「青空文庫」などで読むことができるが、決して読みやすいものではない。そこでeBook Japanで最近の作品ならどうかと思い、見栄を張ってニーチェの「人間的な、あまりに人間的な 漫画で読破」の「立ち読み版」(29ページまで公開されている)を読んでみた。当然タダで買えば420円。このリーダーではスマートフォンなら単ページ、PCなら見開きでも読める。漫画なら理解しやすいと思ったが無理だった。

2011年1月21日金曜日

オリゴメール

 週刊文春、椎名誠のエッセイ「風まかせ赤マント」でフランス・ブルターニュ地方の海水塩を原料にした入浴剤の発汗作用で不眠症が画期的に解消したとの記事。我が家には冷え症が多く棲息しているので効くかもしれないと思った。宣伝になると不本意とかでヒントだけ書かれていた。頭文字は「オ」でフランス製、本当は女性のすべすべお肌のために開発されたもので、15分から20分の半身浴用とあった。さっそくグーグルで 「オ フランス 入浴剤」で検索するとタイトルの入浴剤にヒットした。

2011年1月20日木曜日

スマートフォンの通信料

 ドコモでパケ・ホーダイダブルの契約でGALAXY Sを使っているが、1月1-17日までのパケット通信料をチェックしてみると675,314。パケ・ホーダイダブルの上限の71,250パケットをあっという間に超えてしまった。定額だからいいようなものの、スマートフォンを使う方の中で71,250パケットで収まるかたなんているのだろうかと不思議に思う。
 3月にドコモがSIMフリーにするとスマートフォンのパケット代金の値引競争が一気に激しくなるだろう。

2011年1月19日水曜日

そのS・ジョブスが再び期限未定の医療休暇に。

 とのニュースが報じられた。同時にアップル、2011年第1四半期決算を発表--売上高と利益で再び過去最高のニュースも。
 氏の健康問題ではいろいろな憶測が飛び交っているようだが、今度はかなり心配だ。

2011年1月18日火曜日

ゴールデングローブ賞「ソーシャル・ネットワーク」4冠

 作品賞、監督賞、脚本賞、作曲賞のようだ。出演者は機関銃のようにしゃべりまくる素人の集まりのようで、監督のデビッド・フィンチャーがその効果を狙ったのかどうか分からないが、主演男優賞、女優賞には縁がない作品だ。世界で5億人が利用するfacebookだが、日本では実名登録が難点なのかTwitterなどに押され人気はイマイチ。
 最後にこの映画の主人公のfacebook創設者ザッカーバーグによく似ていると思った、アップルのS・ジョブスに対するジョン・スカリーの評をウィキペディアから引用する。「スティーブはまさに刺激的な存在だ。放漫で、暴虐で、激しく、無い物ねだりの完全主義者だ。彼はまた、未成熟で、かよわく、感じやすく、傷つきやすくもある。そして精力的で、構想力があり、カリスマ的で、さらにおおむねは強情で、譲らず、まったく我慢のならない男だ。」

2011年1月17日月曜日

「ソーシャル・ネットワーク」

 とにかく主人公のマーク・ザッカーバーグ役のジェシー・アイゼンバーグや出演者全員がものすごい早口、まるでキーボードをブラインドで打ちまくるようなスピードだ。
 天才的なプログラマーで、同じハーバード出身のB・ゲイツに次のB・ゲイツはザッカーバーグと言わしめたほど。
 しかしfacebookは成功したが、「ナップスター」創設者のショーン・パーカーにはいいように利用され、親友や恋人との決別など失うものも多かった。決して巨万の富を得ることがかれの目的ではないが、誤解されやすい性格は今後も問題を引き起こしそうな気がする。

2011年1月16日日曜日

積雪30cm

 日曜日の朝の雪すかしは時間に余裕があるので助かる。しかし店に来てさらに雪すかしなので自宅と2回だが、運動不足なので体力づくりと思えば苦にならない。
 こんな雪の中お店に来てくれるお客さんには感謝の「チュー」でもしてあげたいが、新聞沙汰になりそうなので心からの「ありがとう」で気持ちを伝えよう。

2011年1月15日土曜日

3回目の編集会議@魚津市

 2月15日発行予定の「シェーグレンと共に」患者篇の編集会議はシェーグレンの患者さんで編集長の大和さんの地元で3回、トータルで5回目となる。12時から夕方5時までやり、今帰ったところ。雪は大したことはなくて助かった。
 メールや電話のやりとりではできない細かなニュアンスを確認することができるので顔を合わせることは大切なこと、まだ届かない原稿の催促やレイアウトの修正などを話し合った。

2011年1月14日金曜日

テザリング

 一昨日のVerizon版iPhoneの発表で目立たないが重要な機能が紹介されていた。テザリングだ。テザリングとはスマートフォンなどのモバイル機器を外部モデムとして用いて、パソコンや携帯端末、携帯ゲーム機などを携帯電話回線を通じてインターネットに常時接続させること、もしくはその機能のことである(ウィキペディア)。実は私が買ったGalaxy Sもテザリングが内蔵されているが、日本版では省かれているようだ(iPhoneも同様)。
 わが国では光回線を全世帯にと、たわけたことが話題になっているが、有線のネットワークは無線の通信スピードが上がれば一気に無線になっていくだろう。光回線もISDN回線で失敗した二の舞になりそうな気がする。

2011年1月13日木曜日

「ソーシャル・ネットワーク」

 ハーバードの学生時代に友人と二人でFacebookを作り、今やグーグルを脅かし、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の分野でトップに立ち、2010年米雑誌フォーブスが発表した「世界で最も若い10人の億万長者」の第1位に25歳の最年少でランクインした、マーク・ザッカーバーグの伝記的映画が15日から公開されるようだ。15日はあいにく編集の仕事で魚津市まででかけるが、早い時期に観る予定。

2011年1月12日水曜日

Verizon版iPhone 4発表

 「米大手キャリアVerizon Wirelessと米Appleは1月11日、Verizon Wirelessの3Gネットワークに対応したiPhone 4を発売することを明らかにした。」とネットニュース。iPhoneはこれまでAT&Tが独占的に販売してきたが、同社のネットワーク性能に不満を持つ顧客も多く、Verizonの安定したネットワークでiPhoneを使いたいと望む声も上がっていた。
 アンドロイドスマートフォンが今年はiPhoneを抜く勢いなのでキャリアの選択肢を増やす作戦だろう。
 ネットワーク性能については日本でも同じ問題を抱えているので、果たしてどうなるだろう。

2011年1月11日火曜日

君はグーグルのTVCMをみたか。

 TVはあまりみないほうだが、最近グーグルのCMを何回かみた。グーグルの検索がいかに素晴らしいかをアピールしたものだが、グーグルという言葉に馴染んでいないかたや、単に検索エンジンとしてグーグルを使っているかた、Gmailアドレスを取得したもののウェブメールとしての使い方からはほど遠いかたなどにはCMの意味は理解できないかも知れない。
 今IT分野で元気のいいのはアップルとグーグルそれにFacebookも参入してきたが、「知の再構築」を目指すグーグルがいつまでも善良な企業でいられるかがこれから大きな問題となっていくだろう。

2011年1月10日月曜日

今年一番の積雪。

 といっても40cm、しかも気温が氷点下なので雪が軽くて作業は楽だった。
 ところで昨夜のアジア杯対ヨルダン戦はあわや敗戦寸前だった。誰もがイライラしたに違いない。
 「蒼穹の昴」は毎回録画しているので、サッカーをみていたが、試合が終了しても興奮が収まらず、録画した「蒼穹の昴」をみる羽目になった。

2011年1月9日日曜日

Evernote

 忙しい時に限って今度はEvernoteにトライすることに。前から興味を持っていたが、ドコモでアンドロイドのスマートフォンを対象にプレミアム版が1年間無料になるキャンペーンをやっていたので即ダウンロード。iMac、MacBook Pro、ThinkPad、GALAXY Sでデータをシンクロできるが、またもや本屋が本屋へ行って参考書を買うことになった。

2011年1月8日土曜日

真面目に仕事。

 今日は朝から古いスライドを取り込みパワーポイントのデータに変換する作業と患者会の本の校正に追われ、今やっと一息ついた。スライドはこの連休中になんとか仕上げたいが、もう廃盤となったソフトで作られたものが多く、スキャナーで取り込んでも文字データはキレイにならない。現在のMacでデータを変換しようといろいろ試したが不可能。1995年あたりに使用していたMacをお持ちの先生にデータを添付して読み込みを依頼したが、ダメだった。もう一度入力し直しとなりそうだ。

2011年1月7日金曜日

忙しい時ほど、余計なことをしたくなる。

 昨日は夜まで小学校のHPをリニューアルし、今朝はKさんがスマートフォンに機種変するのに付き合い、今終わったところ。
 帰ってMacに触ってみると、Mac App Storeが今日オープン。また仕事に身が入らなくなりそうだ。

2011年1月6日木曜日

サムスン、Wi-Fiオンリーの「Galaxy Tab」発表

 と今朝のCNET Japan。これでiPadと肩を並べることになった。Android 2.2 (Froyo)搭載、iPadにはないFlash 10.1のサポート、しかも持ちやすい7インチディスプレイと魅力的だ。米国では電子書籍のコンテンツが多く、一気にタブレットが大流行しそうな気配だ。

2011年1月5日水曜日

一日校正作業

 15日に編集会議があるので、「シェーグレンと共に(2)患者編」の校正作業にとりかかっている。入稿が遅れているかたがいるので、2月半ば発行は少々厳しくなってきたが、尻に火がついてからの馬力は自信があるのでなんとかしたいものだ。
 校正に疲れると気分転換にサムスンのGALAXY Sをチョコチョコいじる。ところでサムスンはかつて「三星」と漢字表記だったと思うが、立派な大企業になったものだ。

2011年1月4日火曜日

仕事始め

 さあ今日から仕事、やはり家でゴロゴロしているよりも店にいるほうが性に合う。たまった新聞と郵便物、年賀状の整理。メールチェックは自宅でやっていたので対応済み。昼には天気も回復してきたので、「やるぞ〜」と気合いだけは入っているが身体動かず。

2011年1月3日月曜日

Samsung Kies

 そのサムスンのスマートフォン(Galaxy S)だが、PC(XP、Vista、Windows7でMacは不対応)とマイクロUSBで接続してデータのバックアップ、転送、同期などの管理を行える上記のソフトがあるので、ThinkPadにダウンロードしてみたが、デザインはMacのドックとほぼ同じ。ここまでやるかという印象で、iPhoneを研究しいいことはなりふり構わず真似る姿勢は徹底している。
 しかしおサイフケータイやワンセグなどが付いていないと日本では人気が出ないだろうが、基本スペックに優れ世界ですでに500万台売れているGalaxy Sはなかなか気に入っている。

2011年1月2日日曜日

時間を持て余す。

 早朝、新潟に里帰りするカミさんを駅まで送り、帰るとちょうど箱根駅伝のスタート時間。1区と5区は真剣にみるがその間は音を小さくして、正月休み用に買った本を読んだ。
 休みのない仕事をしているので一日中家にいるのは正月だけだが、かといって朝から飲んだくれているわけにもいかず、ひたすら暗くなるまでじっと我慢、その間Macbook Proやらサムスンのスマートフォンを触っているが、アップルとグーグルは当然としても韓国の素早い応用力は、わが国にはとても追いつけないことを実感させられた。

2011年1月1日土曜日

小雨のち晴

 道路に雪が残っているが車の通行に支障はなかった。墓参りは念のためスコッパ持参で出かけ、護国神社の初詣、ペット霊園で愛犬の墓参りを済ませ、書店に寄って年賀状と新聞を持ち帰り元旦のルーチンが終了。
 書店を取り巻く環境は大変厳しいが、今日の天気のようになるようにしたい。